知って治そう!「性器ヘルペスの治療」について!

性器ヘルペスの治療を知ろう。再発を繰り返すので知っておいて損はないのですよ。

view268

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 性器ヘルペスは

  • 潜伏するヘルペスウイルスまでは現代医学をもってしても退治することはできません。でも、暴れているウイルスの増殖を抑えたり、あらわれている症状を抑えたりすることはできます。症状が出てしまった場合には、適切な処置をするのが早ければ早いほど、症状はそれだけ軽くすみますし、回復も早くなります。
    出典 :どうやって治療するの?|治療方法とお薬|GH(性器ヘルペス)
     

    やはり早期発見早期治療は大切な事ですね

  • 初感染では

     

    患部の痛みが激しく排尿もできないほどであったり、頭痛や高熱が続くなど全身的な症状があるときには、医療機関に入院して治療することが必要です。再発するたびに緩和していくので、根気が必要ですね

  • 検査と診断は

  • 外陰部の浅い潰瘍または水疱が診断のポイントになります。病変は、とくに急性型では大陰唇の内側と小陰唇に左右対称にできることが多いのも特徴です。
    出典 :性器ヘルペス症 - goo ヘルスケア
  • 病変部から採取した細胞に多核の巨細胞を認めたり、HSV抗原を検出する補助診断法が有力ですが、感度が低いことが難点です。HSVに対する抗体は、初感染では急性期には陰性で、2〜3週間後に陽性になります。再発型の場合はほとんど変化しません。
    出典 :性器ヘルペス症 - goo ヘルスケア
     

    梅毒や急性外陰潰瘍などが区別すべき病気になってくるのです

  • 自然治癒する?

  • 症状が現れても、一定の期間(概ね2~4週間程度といわれています)を経ると、やがて水泡はつぶれ、痛みや痒みも徐々に治まっていくのが普通です。 そのため、性器ヘルペスは自然治癒するものだと勝手に思い込んでいる方も少なくないようですが、実際には病原体である単純ヘルペスウイルスが完全に死滅するわけではありません。
    出典 :性器ヘルペスの症状と治療法 コレだけは押える性器ヘルペスの常識Q&A
     

    一度ヘルペスウイルスに感染した患者さんは症状が治まったあともウイルスがいるのです

  • 性器ヘルペスの治療方法は

  • 重症のときや全身的な症状がある時は、入院して治療を行います。治療には抗ヘルペスウイルス薬を使用しますが、点滴静注薬や飲み薬などを、症状や状況に応じて使い分けます
    出典 :性器ヘルペスってなに?正しく知って上手につきあおう|滋賀県栗東ふじもと医院
     

    こちらは初感染の時ですね

  • 初感染時と同様に、抗ヘルペスウイルス薬を使用します。飲み薬や塗り薬などを、症状や状況に応じ て使い分けます。
    出典 :性器ヘルペスってなに?正しく知って上手につきあおう|滋賀県栗東ふじもと医院
     

    再発の時はこのような感じになりますね

  • 使われる治療薬は

  • バラシクロビル 錠剤・顆粒 1回1錠または顆粒1gを1日2回、5日間服用する。(成人) アシクロビル 錠剤・顆粒 1回1錠または顆粒0.5gを1日5回、5日間服用する。(成人) 軟膏・クリーム 患部に適量を1日数回、7日間塗布する。
    出典 :どうやって治療するの?|治療方法とお薬|GH(性器ヘルペス)
  • ビタラビン 軟膏・クリーム 患部に適量を1日1~4回、7日間塗布または貼付する。 ※症状の程度などによって、お薬の量や服用回数・日数が変わることがあります。
    出典 :どうやって治療するの?|治療方法とお薬|GH(性器ヘルペス)
  • 性器ヘルペスは

     

    家族にも感染する可能性があるので、出来れば感染予防に努めるようにしましょうね