【膀胱がん】の症状と原因、治療について調べてみました。

やなせたかし、松田優作、菅原文太、立花隆など数々の著名人を苦しめた【膀胱がん】の症状等まとめてみました。

view1921

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 膀胱がんとは

  • 膀胱と膀胱がんについて

     

    膀胱は下腹部にある臓器で、尿を貯める(蓄尿)、尿を排出する(排尿)という役割があります。腎臓で造られた尿は、腎盂・尿管を通って膀胱に流入しまます。尿がある一定以上に貯まると尿意(尿をしたい感覚)を生じ、膀胱の筋肉が収縮することにより排尿します。
     膀胱癌はいくつかの組織型に分類されますが、約90%の癌は、膀胱の内腔表面を覆う尿路上皮(移行上皮)から発生する尿路上皮癌(移行上皮癌)です。

  • 膀胱がんは膀胱上皮が悪性変化したもので、膀胱内に多発性に発生することが多く、男女比では約3倍男性に多いがんです。加齢とともに発生頻度が増加し、多くは40歳以降見られますが、希に若年者にも発生します。膀胱がんの原因としては喫煙があげられ、喫煙者は非喫煙者の2-3倍の膀胱がんの発がん率と言われています。また化学物質や染料を使用する職業にも発生率が高いと言われています。膀胱がんの病理学的特徴は、その約90%が尿路上皮がんであり、普通は乳頭状の増殖を示します。またがんの組織学的異型度はグレード1、2、3で示され、グレード3が一番悪性度が高く、早期に浸潤転移しやすいとされております。移行上皮がん以外には、まれですが扁平上皮がんや尿膜管がんに代表される腺がんが発生することがあります。



    出典 :膀胱がん | がんの知識 | 愛知県がんセンター中央病院
  • 膀胱癌(ぼうこうがん、英: Bladder cancer)は、膀胱から発生する上皮性悪性腫瘍。

  • 多くは膀胱の粘膜から発生する移行上皮がんです。
    乳頭状や有茎性のがんは比較的症状が軽く、転移も少ないため、簡単な手術で治療することが可能。


    また、上皮内がんは特殊であり、粘膜の中でがんが進展していきます。
    内視鏡では検査しにくいため、直接手術を行うのではなく、膀胱内注入療法という治療法が行われます。
    出典 :膀胱がんの症状と治療
  • 膀胱がんの初期症状

  • 膀胱がんの初期症状は、大きく2つに分類する事ができます。


  • 一つが、最も多くの患者に見られる血尿です。

    痛みを感じない、無症候性血尿と呼ばれる血尿が頻繁に起こります。
    しかし、頻繁に起こっていても数日経つと突然止まってしまうという特徴があります。
    2~3日続いていたと思ったら、数ヶ月何も問題ないといったパターンも珍しくはありません。
    また、痛みを感じないという点も、大きな特徴です。
    何故なら、膀胱炎の場合は痛みを伴う事がほとんどだからです。
    出典 :膀胱がんの初期症状とは
  • 無症候性血尿

     

    この症状が頻度に起こる。

    なので、症状が分りやすいがんともいえる。

  • もう一つは、排尿痛

  • 排尿時に痛みを感じたり、下腹部に痛みを感じるといった事が挙げられます。
    これらの症状は無症候性血尿とは異なり、膀胱炎と非常に似通っています。
    その為、排尿痛だけでは膀胱がんの初期症状であるかどうかは見極めにくいと言えるでしょう。
    しかし、抗生剤を服用してもなかなか治まらないという特徴を持っています。

    膀胱がんの患者のうち、無症候性血尿はおよそ8割の患者に見られると言われています。
    一方の排尿痛は、およそ2割~3割程度です。
    また、膀胱炎によく似た症状を感じる方もいます。
    例えば、尿意をよく感じる、排尿後もスッキリしないといったものです。
    こうした膀胱炎のような症状を感じる方もいれば、全く初期症状を感じない方もいます。
    そうした方の場合、定期健診などで発見される事がほとんどです。
    その為、上記のような症状が無くとも、定期健診を受けるように心がけましょう。
    なお、がんが転移した状態で発見される事は、ごく稀なケースであり、こうした点からも、他のがんよりも早期発見が行いやすいと言えるでしょう。
    出典 :膀胱がんの初期症状とは
  • 排尿痛、ひん尿

     

    膀胱炎と非常に似ている症状の場合もある。

  • 主な診断方法としては

  • 尿検査、膀胱鏡、超音波検査、CT検査などを組み合わせて実施

     

    膀胱鏡は最も重要な検査で、膀胱の中を内視鏡で観察します。尿細胞診検査では尿の中に癌細胞が浮遊していないかどうかを調べます。しかし、癌の悪性度が低い場合などでは、膀胱癌があっても尿細胞診検査では陰性になることがあります。超音波検査で膀胱を観察することにより膀胱癌が発見されることもあります


  •  膀胱癌の確定診断には、病巣あるいはその疑いのある部位を切除し、これを顕微鏡で見て癌細胞の存在の有無を診断する必要があります(病理学的検査)。具体的には、入院の上、麻酔下に内視鏡で膀胱腫瘍を切除する手術を行います。

     癌が膀胱表面にとどまる「非浸潤性癌」の場合は、転移することは少ないため、全身の転移の検査はあまり必要ありませんが、癌が膀胱深くに浸潤した「浸潤性癌」の場合、CTスキャンなどによる全身の検査が必要となります。  また、同じ尿路上皮(移行上皮)で被われている腎盂、尿管にも同様の癌が見つかることがあります。そのため、腎盂・尿管の病変の有無をチェックするために、排泄性腎盂造影検査(DIP)あるいはCT検査を行う必要があります。
    出典 :東京大学医学部泌尿器科学教室
  • 様々な治療方法があります。

  • ・上皮内がん:BCG膀胱内注入療法
     上皮内がんの場合は内視鏡で観察し、がんを確認した場所に経尿道的膀胱腫瘍切除術を行ってから、BCG膀胱内注入療法を行う必要があります。


    ・表在がん:経尿道的膀胱腫瘍切除術
     表在がんの場合は、内視鏡による切除が可能。


    ・浸潤がん:膀胱全摘出術(放射線療法)
     浸潤がんの場合は膀胱全摘出術を行う必要がありますが、身体的な問題で手術が行えない場合は、放射線療法を行います。


    ・転移がん:抗がん剤治療(放射線療法)
    出典 :治療法 | 膀胱がんの症状と治療
  • 自分で是非ともセルフチェックしてみましょう!

  • [ご利用上の注意]
    「症状チェック」 は、特徴的な症状に対する一般的な傾向として医学知識の情報を提供するものであり、皆様の症状に関する個別の診断を行うものではありません。気になる症状のある方は、医師にご相談のうえ、専門的な診断を受けるようにして下さい。

  • 膀胱がんについてのサイト色々。