1型・2型があるって知ってた?? 1型糖尿病の症状・治療法

現代病の糖尿病にも1型と2型があるってご存知でしたか?1型糖尿病の症状と治療法をまとめてみました。

  • rotta 更新日:2014/02/14

view194

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 1型糖尿病ってどんな病気なの?

  • 膵臓のβ細胞というインスリンを作る細胞が破壊され、からだの中のインスリンの量が絶対的に足りなくなって起こる。子供のうちに始まることが多く、以前は小児糖尿病とか、インスリン依存型糖尿病と呼ばれていた。
    出典 :糖尿病ってどんな病気?|厚生労働省
  • 子供が発症することもある

  •  糖尿病には1型と2型があり、日本では2型が大多数を占めます。700万人といわれる糖尿病患者のうち、1型は4万人以下にすぎません。ところが、15歳未満の子どもでは1型と2型が半々で、10歳未満ではほとんどすべて1型です。つまり、小児期に発症することが多い糖尿病は1型で、14歳以下10万人あたりの年間発症率は1.5人です.
    出典 :佐賀大学医学部小児科
  • 1型糖尿病の特徴は、15歳以下の若年者が好発年齢で、発病に男女差はなく、比較的急激に発病することです。1型糖尿病の前兆(急に喉の渇き・ひどい疲れ・頻尿・やせなどの体調不良)の後に発病します。1型糖尿病の発症率は糖尿病全体の5%以下です。
    出典 :1型糖尿病の特徴:1型糖尿病についての情報です!
  •  

    以前は若年性糖尿病とよばれることもあり、幼児や20歳未満の人でも発症することもあるそうです。

  • 治療方法は?

  • Ⅰ型糖尿病の場合、飲み薬で血糖値の改善は期待できません。毎日自分でインスリン注射を行わなければいけません。インスリン注射をしなければ、簡単に生命の危険にさらされることになります。特に、20歳を過ぎてから発症するⅠ型糖尿病は、『劇症Ⅰ型糖尿病』と呼ばれる、インスリンが数日であっという間になくなってしまう、危険な状態になることもあります。
    出典 :【Ⅰ型糖尿病】 - こわい?こわくない?糖尿病
  •  

    糖尿病でインスリン投与になると、自分でお腹に注射しなくちゃいえないんですよね。

  • バランスのとれた食事をする

  • 「1型糖尿病は生活習慣病ではない」のですから「発症前の生活に戻すためにインスリン補充をする」と考えて下さい。あなたが今まで「健康な食事」をしていたのであれば、これからは正しくインスリン補充をすることが大切で、食事パターンや量を変える必要はありません。
    出典 :よく聞かれる質問 | 日本IDDMネットワーク 1型糖尿病・1型IDDM
     

    インスリン注射をわすれず、規則正しい生活・3色バランスのとれた食事であれば、細かい糖質制限などはいらないんですね。

  • どうしても食事量を減らさなければ血糖値が下がらないという場合、食事のせいではなくインスリンの補充量が足らないのかもしれませんし、低血糖になりやすい場合は、インスリン量が多すぎるのかもしれません。主治医と相談をしてインスリン補充量(単位数)や、インスリンの種類を変えるということも考えてみてください
    出典 :よく聞かれる質問 | 日本IDDMネットワーク 1型糖尿病・1型IDDM
  • 1型糖尿病になってしまう原因は??

  • はっきりとした原因はまだわかっていませんが、いくつかの遺伝子と環境要因が複雑に結びついた結果、発症すると考えられています(ただし、両親のいずれかから病気を受け継ぐ「優性遺伝形式」をとるケースはほとんどなく、また、生活習慣が直接の原因となることもありません
    出典 :1型糖尿病とは? | Dr.インスリンの1型糖尿病教室
  • Ⅰ型糖尿病の原因はよく分かっていません。生活習慣によるものでもなく、なんらかの遺伝子と環境要因が様々な形で絡み合い、結びついた結果ではないかと考えられていますが、両親から病気を受け継ぐ優性遺伝ではないことが分かっています。甲状腺疾患を合併することもあり、女性の場合は特に注意が必要です。
    出典 :【Ⅰ型糖尿病】 - こわい?こわくない?糖尿病
  • 1型糖尿病になりやすい遺伝素因があることは判明していますが、日本人では1型糖尿病自体が非常に少ないので、1型糖尿病の患者さんが自分の子どもが1型糖尿病になることを心配する必要はほとんどありません。
    出典 :1型糖尿病の治療 - goo ヘルスケア
  • どんな症状があるの?