妊娠前よりひどくなった!妊婦の冷えは深刻です。流産や難産の心配も!

view327

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • さまざまな体調変化のある妊娠期間。妊婦の冷えは問題があります。妊娠してからの方が酷くなる場合もあります。解決策をまとめました。

  • 冷えが与える影響

  • ホルモンの関係で、普段より体温が上がりぽかぽかしているような気がして冷えに気づかない人もいるそうです。

  • 流産の危険

  •  
  • お腹の張りや便秘

  •  
  •  
  • 妊婦の冷え防止

     
     

    足元は冷やさないでください。

  • 冷えから来るさまざまな症状

  •  
  •  
  • 大きなお腹を支えるために、腰に負担がかかり、腰痛の原因となります。腰が痛いのをかばうために、良い姿勢が取れなくなり、血行が悪くなります。血行が悪くなるために・・・と悪循環に陥ってしまうと云う事です。血行が悪くなると普段でも色々と体に影響が出てきます。妊娠中は特に気をつけましょう。

  •  
  • どこが冷えているか確かめる

  •  
  • 手のひらで、腰やひざ、つま先など、どこが冷えているか触ってみればわかります。
    自分でわからないときはだんなさん等に触ってもらいましょう。

  • 冷えの対策

  • まずは防寒

  •  
  •  
  • 冷たいものに気をつける

  •  
  • 体を冷やす食べ物

     
     

    暑い地方で取れる果物には体を冷やすものが多いようです。
    気をつけましょう。

  • 体を温める食べ物

     
     

    寒冷地の育つもの、水分の少ないものなどの特徴があります。

  • 妊娠中は横になる機会を増やす

  •  
  • 足湯やツボ押し!

  •  
  •  
  •  
     

    強く押すのは厳禁。足湯に浸かったりお風呂上りなどが効果的。

  • 「さんいんこう」のツボの位置

     
  • 体を温めると、良いお産につながります。リラックス効果もあるので、ぜひやってみてください。