「性同一性障害の原因」は何がある???

「性同一性障害の原因」は何があるのでしょうか?原因をしっかりと知ろう

view181

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 性同一性障害の原因は何?

  • 人間の発生過程においては、精子と卵子の受精の瞬間に染色体的に性が決まるが、その後、8週目までの間に身体の性別の臨界期(変更の可能な時期のこと)が、5~8か月までに脳の性別の臨界期がある。このプロセスにおいて何もトラブルがなければ、身体の性別と精神=脳の性別が一致する。
    出典 :性同一性障害はなぜおこるのですか?……………………………… - Yahoo!知恵袋
     

    どうやらこのプロセスになんらかの問題があったと考える人もいるそうです

  • もっとも有力はホルモンシャワー説

  • 現在最も有力なのは「ホルモンシャワー説」と称するものである。これは、性の臨界期前に外部からのホルモン投与(薬品やはやりの環境ホルモンと言われる一群の化学物質等)により、ホルモンのバランスがくずれ、身体と脳の性の不一致が起こるという説である。
    出典 :性同一性障害はなぜおこるのですか?……………………………… - Yahoo!知恵袋
     

    こちらが現在もっとも有力とされているそうです

  • はっきりとした原因は

  • 現在のところ、はっきりした原因はわかっていません。生後のかなり早い時期に確立された中核的な性の自己認知は、その後の心理や社会的影響を受けながら、変容を遂げると考えられています。
    出典 :GID(性同一性障害)原因
     

    はっきりとした原因は分かっていないのですね

  • 生物学的要因

  • 胎児期から脳の性別決定が生まれてきますが、性の自己認知の獲得に重要な要因になっていることが指摘されています。ドイツのダーナー(Doerner,G)らが性行動のパターンは脳が男性・女性を決定する時に働く性ホルモン、アンドロゲンの強さにより決定されるとの考えを提唱しています。
    出典 :GID(性同一性障害)原因
     

    こんな指摘もされているようです!

  • 社会的には

     

    この見方が変わりつつあるようなのです!それらに関わる芸人もがんばっていますよね!そんな事から、今では受け止められつつあるのも現状だといえるでしょう

  • 発症率は

  • 性同一性障害の正確な発症率は不明ですが、概算として、ヨーロッパの調査では、男性は約3万人に1人、女性は約10万人に1人と、男性は女性より3倍ほど多くなっています。
    出典 :性同一性障害の原因・症状・治療法 [メンタルヘルス] All About
     

    男性の方が多いのですね!

  • 性の不一致は

  • 性の不一致は周囲にネガティブな反応を引き起こしやすいだけでなく、自分自身の性的アイデンティティに深刻な危機を生じさせ、本人の苦悩は周囲の想像をはるかに超えたもので、日常生活にも深刻な支障が生じている、性同一性障害が起こる可能性があります。
    出典 :性同一性障害の原因・症状・治療法 [メンタルヘルス] All About
     

    日常生活に支障が出る程の問題になる場合もあるのですね

  • 身体に異常はない

  • 性同一性障害は

     

    インターセックスではないので身体に異常がないそうです!難しいですが、問題がないですが、心の病としてしられているようですね