塩分のとり過ぎは身体に悪いのか検証しました!

塩分とり過ぎると高血圧や腎臓病なる恐れがあります。
塩分のとり過ぎに注意したいです。



view374

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • 塩分を取り過ぎるとどうなるの?

  • 塩分のとり過ぎには気をつけましょう。

     

    塩分を取り過ぎると高血圧や腎臓病にもなりやすいので危険です。

  • 腎臓疾患

    過剰な塩分摂取が続くと、ナトリウムを排出するために、腎臓は一生懸命濾過作業を続けます。これが腎臓に負担をかけ、徐々に濾過機能が衰えてくるため、腎臓疾患の原因になる可能性があります。
    出典 :塩分を摂り過ぎると/塩と体の話 -減塩ネット-
  • 塩分の過剰摂取が続くと、ナトリウムを排出するために血液内の大量の体液交換が行われ、血圧の高い状態が続くため、高血圧になると考えられています。 また、ナトリウムの排出は主に腎臓の濾過機能によって行われますが、大量のナトリウム排出によって、腎臓に負担がかかり濾過機能が衰えてきます。 このとき濾過機能を十分に働かせるため、自律神経が腎臓を通る血液量を増やし血圧が高くなります。 塩分の過剰摂取が続くと常に血圧が高い状態になるため、高血圧になるとかんがえられます。
    出典 :塩分を摂り過ぎると/塩と体の話 -減塩ネット-
  • どうやって減塩するかのポイント!

  • 減塩するポイントです。

    味覚は慣れますので、少しずつ段階的に食塩量を減らしていくのがポイントです。
    しょうゆやソースは料理にかけず、小皿にとって少しだけつけて食べましょう。
    唐辛子やこしょうなどの香辛料は、味覚を敏感にするので減塩の味方です。
    少量の油を使うことで、口の中に塩味が長くとどまります。
    食べる量が多ければ塩分量も増えます。食べ過ぎないことも減塩のポイントです。

  • フルーツがお進め!


    カリウムには塩を排出する作用があります。カリウムを多く含む野菜や海藻類、果物を積極的に摂りましょう。※
    ※腎臓に持病がある方は、カリウムの摂取量を医師に相談する必要があります。

  • 梅干し

     

    塩分が一番多いが体にはいいらしい
    しかし塩分はトップクラス

  • 過度な塩分の取り方に注意

     

    美味しそうな場面だが、塩分は控えめに!

  • バナナが塩分過多に活躍

     

    カリウムをたくさん含んでるのたくさん食べましょう。