自律神経失調症の克服

ウォーキング。克服するのに良い食材。たまねぎの意外な役割。体験談。

  • S 更新日:2014/04/14

view228

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 玉ねぎには、鎮静剤や神経安定剤の役割がある!?

  • たまねぎ

  • 玉ねぎは鎮静剤や神経安定剤の役割もします。 生の玉ねぎの苦い味と匂いが神経を刺激し精神を安定させます。 玉ねぎは虚弱体質や神経衰弱にもよく、元気回復が必要な患者食に適しています。
    出典 :自律神経失調症を克服するにはどうしたらよいのでしょうか? - Yahoo!知恵袋
     

    たまねぎの役割について。

  • 普通の玉ねぎを刃物を使わずに手でむきます食べごろの大きさにちぎります、それを味噌に砂糖を混ぜます割合は好みで混ぜて下さい、ちぎった玉ねぎに味噌と砂糖を混ぜたものをつけてポリ容器などに入れて冷蔵庫に入れて置きます、 夕食後に作って置きます。
    出典 :自律神経失調症を克服するにはどうしたらよいのでしょうか? - Yahoo!知恵袋
     

    たまなねぎの食べ方について。

  • それを四分の一づつ朝と夕食に食べます、この方法を半年は続けて下さい、必ず良くなります。この方法は昔からある民間療法です。
    出典 :自律神経失調症を克服するにはどうしたらよいのでしょうか? - Yahoo!知恵袋
     

    なんと!昔からある民間療法とのことでした!

  • その他の行動や、克服するのに良い食材など

  • ウォーキング

     

    お散歩程度でも良いので、毎日体を動かしましょう。

  • 効果のある食材
    ビタミンB1、マグネシウム、ギャバ、タウリン、イチョウ葉エキス、アセロラ、牡蠣(カキ)、エゾウコギ、ノニ、ローズヒップ、カモミール、緑茶、黒酢などです。
    出典 :自律神経失調症を克服するにはどうしたらよいのでしょうか? - Yahoo!知恵袋
     

    効果のある食材の数々です。

  • 病気(自律神経失調症)克服後の体験談

  • 病気を克服して以後の治療なんですが、病院は全く通っていません。って言うより、通う必要がない位に快復した為です。 そして、薬も全く飲んでいません。といってもたまに鼻水が出るので風邪薬程度は飲む事はあります。 そして、病院以外の治療ですが、鍼灸治療と、整体には通っています。
    出典 :重度の自律神経失調症・不定愁訴克服までの道のり
     

    彼女は半年経過していますが、なんと全く病院へ通わなくなったらしいです!素晴らしいですね!

  • 鍼灸治療は1、2ヶ月に一度程度なので、メンテナンスがてら通っています。そして整体は気が向いたときマッサージを受ける感覚で月に二回程、安いので通わせて頂いています。一時間半してもらって2000円なんですよ。安くてビックリしませんか??その整体の先生はボランティア感覚でされている方なので、とても信頼しています。
    出典 :重度の自律神経失調症・不定愁訴克服までの道のり
     

    上記の続きです。鍼灸治療や整体のみ、メンテナンス的なものも兼ねて通っているようです。

  • っと言うことで、以前の私からは想像もつかないほど病院とは疎遠になってます。キャーッ嬉しい!!夢みたいに思っています。体調が快復した事で、今まで諦めていた事や出来なかったことをこれからは沢山したいって思っています。最近ではパソコンの本を買ってきて勉強したり、習い事を始めようと良いところを探しています。
    出典 :重度の自律神経失調症・不定愁訴克服までの道のり
  • 医療には西洋医学から代替医療までさまざまある

  • 代替医療には東洋医学やインド医学などのように体系づけられたものから胡散臭いものまでさまざまあります。このような医療の中からどれが自分にあった医療なのかを選ぶということです。このなかでは、どうしても保険がきく西洋医学に選択肢がいきがちなのは仕方がありません。
    出典 :��l�̊w�Z ���q���T���� �L�^
  • 自分自身の経験上決して西洋医学だけが唯一最良の医学であるとは思っていません。西洋医学を受けながら併用して代替医療を受けてみる、という考え方もあります。自分を治すのは医者でもなければ薬でもない。自分に備わっている自然治癒力だけが病気を治せるのです。
    出典 :��l�̊w�Z ���q���T���� �L�^
  • いい薬が自分を治すと信じている人が世の中に結構いますが、世の中に病気を治せる薬はゼロなんです。症状を軽減する薬はありますが病気を治せる薬はありません。また病気を治せる医者もいません。病院のジプシーをしている人は意外と一生病気から抜け出せないものです。肝心なことは、自分の病気は自分でしか治せないということ。
    出典 :��l�̊w�Z ���q���T���� �L�^