健康といえる体重のための健康管理

痩せすぎても太りすぎても、健康とは言えません。健康な体重を維持するための健康管理法を調べました。

view421

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 健康な体重とは?

  • 自分の適正体重を知って、それを維持していくことが健康づくりにはたいせつです。
    身長(m)×身長(m)×22=標準体重
    たとえば、1m70cmの方なら 1.7 ×1.7×22 = 63.58
    63.58kg が適正体重となります。

    出典 :日本医師会
     

    健康的な体重のことを「適正体重」と言います。

  • 肥満(オーバーウエイト)の度合い

  • オーバーウエイトの度合を計算する。体重(kg)÷(身長(m)×身長(m))=BMI値
    BMI(Body Mass Index)というのが、適正体重の計算式の22にあたるものです。たとえば、1m70cmで体重が75kgの方なら 75÷(1.7×1.7)=25.95BMI値は25.95になります。 一般的にはBMI値が25を超えると危険信号といわれています。
    出典 :日本医師会
     

    BMI値25という数値を忘れずに。

  • 「肥満」が原因の病気

  • 肥満が引き起こす病気としては、「高血圧(こうけつあつ)」、「糖尿病(とうにょうびょう)」、「高脂血症(こうしけっしょう)」、「動脈硬化(どうみゃくこうか)」などの生活習慣病などです。
    出典 :肥満と病気とは?肥満が引き起こす病気について解説~高齢者の生活習慣病
     

    「肥満」は万病の元です。

  • 連鎖反応

     

    高血圧は、動脈硬化を誘発します。糖尿病も同じです。その動脈硬化は、「脳梗塞」「脳出血」「くも膜下出血」など「脳卒中」の誘因になります。また、動脈硬化が心臓に起こると、「狭心症」「心筋梗塞」が起こってしまう危険性があります。
    肥満は様々な病気を引き起こす怖いものなのです。

  • やせすぎ

  • 「やせすぎ」「肥満」同じく危険

     

    「やせすぎ」は、骨粗鬆症を発症するリスクや死亡するリスクの上昇だけでなく、生活習慣病のリスクも高くなります。「やせすぎ」の母親から、体重の低い子どもの出産(2500グラム未満)が増加しています。

  • 「やせすぎ」の基準

  • BMI値の判定基準は一般的には、18.5未満で「やせ」、18.5以上25未満で「標準」、 25以上30未満で「肥満」、30以上で「高度肥満」と判定されます。
    出典 :日本医師会
     

    BMI値18.5未満は、「やせすぎ」です。

  • 自分のBMI値を計算してみよう

  • 適正体重は、BMI18.5以上25未満

     

    1835年にベルギーのアドルフ・ケトレーが、人の身長に対して適正体重と実際体重を比較するボディマス指数(BMI)を提案しました。BMIと体脂肪率がよく相関することが明らかになった1987年頃より、肥満度を表わす指数として広く利用されてるようになりました。

  • 適正体重を維持するには!

  • 体重は摂取エネルギー(食べる量)と消費エネルギー(動く量)のバランスがちょうど良いと維持されます。食べる量が動く量より多いと体重は増え、少ないと減ります。つまり、体重をはかることで、ちょうど良い食事量かどうかを知ることができます。
    出典 :農林水産省/適正体重の維持
  • 肥満を防ぐ日常生活

  • 肥満の2大要素

     

    肥満の要因は、食べすぎ(エネルギーのとりすぎ)と運動不足です。ここ10年ほど、平均するとエネルギー摂取量はほとんど横ばい状態という報告があります。それなのに肥満が増えているのは、運動不足の影響が大きいと考えられています。減量というと、食事制限が重視されがちですが、肥満の予防や解消には、運動も大切です。