煙草を吸うとなる肺がんを知ろう

煙草をすると肺がんになるとよくいわれますが
どのような状態になるのでしょうか☆

view161

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 肺がんとは

  • 肺は人間の胸の大部分を占める臓器で、左右に1つずつあります。右肺と左肺の間、つまり胸の真ん中は縦隔(じゅうかく)と呼ばれる空間であり、そこには心臓や大血管、気管、食道などがあります。右肺は上葉・中葉・下葉の3つに、左肺は上葉と下葉の2つに分かれています。
    出典 :肺がん 基礎知識:[がん情報サービス]
  • 気管支は肺の中で細気管支と呼ばれるより細い管に分かれ、木の枝のように肺内に広がり、最終的には肺胞(はいほう)と呼ばれる小さな部屋につながって、そこで酸素が血液にとり入れられ、二酸化炭素が排出されます。
    出典 :肺がん 基礎知識:[がん情報サービス]
  • 肺がんは、肺の気管、気管支、肺胞の一部の細胞がなんらかの原因でがん化したものです。進行するにつれてまわりの組織を破壊しながら増殖し、血液やリンパの流れにのって広がっていきます。
    出典 :肺がんとは | 肺がんの基礎知識 | 肺がんを学ぶ | がんを学ぶ
  • 遺伝子の変化

  • わたしたちの身体はたくさんの「細胞」で構成されています。正常な細胞は、必要なときに増殖し、不要なときには増殖しないという一定のルールに従うことで、増えすぎないように、「遺伝子」によりコントロールされています。
    出典 :肺がんとは | 肺がんの基礎知識 | 肺がんを学ぶ | がんを学ぶ
  •  

    しかし、この仕組みをコントロールしている遺伝子に異常(変異)が起こると、細胞が限りなく増殖するようになってしまいます。こうして限りなく増殖する性質をもった細胞を「がん細胞」といい、「がん細胞」が集まったものを「がん」といいます

  • がんの分るい

  • 非小細胞肺がん 扁平上皮がん
    腺がん
    大細胞がん
    小細胞肺がん 小細胞肺がん
    出典 :肺がんの基礎知識|東京慈恵会医科大学附属柏病院
  • 原因は

  • 3.肺がんの原因

     

    肺がんのリスク要因を考える上で、喫煙習慣を切り離して考えることはできません。 欧米では、喫煙者の肺がんリスクは、非喫煙者の20倍以上とされていますが、日本人を対象とした研究(2008年)では、喫煙者の肺がんリスクは男性で4.8倍、女性で3.9倍という結果でした

  • 症状

  • 肺がんの一般的な症状としては、なかなか治りにくい咳(せき)、血痰(けったん)、胸痛、呼吸時のぜーぜー音(喘鳴:ぜいめい)、息切れ、声のかれ(嗄声:させい)などがありますが、これらは必ずしも肺がんに特有のものではありません。
    出典 :肺がん 基礎知識:[がん情報サービス]
     

    痰などは良く効く話ですが
    喘鳴が伴う事もあります!

  • 肺がんの一般症状はほかの呼吸器疾患の症状と区別がつかないことが多いため、なかなか治りにくい咳、血痰、胸痛、喘鳴、息切れ、嗄声、発熱などを認める場合には医療機関の受診をお勧めします。喫煙歴のある40歳以上の人は、特に注意が必要です。
    出典 :肺がん 基礎知識:[がん情報サービス]
     

    年齢も考慮に入れてくださいね

  • もっと詳しく知りたい人は