寝不足を解消する秘訣

寝不足を解消するにはカフェインを控えることや、お風呂でリラックスするなどの効果を解説しました。

view412

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 寝不足になると問題が発生します

  • 十分な深さと長さのある睡眠がとれず、質の低い睡眠を続けていると、寝不足の状態になり、心身に疲労が蓄積されていきます。心身に疲労が蓄積されることで、あなたの日常生活に様々な悪影響が生じます。

    寝不足によって生じる問題には、次のものがあります。

    起床時の寝たりなさ
    疲労感
    高血圧のリスク増加
    集中力低下
    鬱病のリスク増加
    日中の異常な眠気
    ストレス感度の上昇
    肌質の悪化
    食欲のバランスの崩れ
    記憶力・思考力の低下

    睡眠は、あなたが健康的な毎日を過ごすために欠かすことのできないものです。そのため、寝不足になってしまうと、上記のような問題が生じ、毎日を元気に健康的に過ごすことが難しくなってしまいます。

    あなたが現在寝不足気味であれば、あなたが人生を謳歌するためには、寝不足を解消することが欠かせません。
    出典 :寝不足を解消しよう!寝不足を解消して3倍能率を上げる4ステップ | iGotit
  • まずは就寝前にコレを控えよう!



  • カフェイン:コーヒーや紅茶等。効果が切れるまで7時間程度かかるため、晩ご飯以降はカフェインを含む飲料を飲まない
    騒音:リラックスして眠るためには、図書館なみの静けさが必要です。厚手のカーテンや耳栓等で大きな音が耳に入らないようにしましょう。
    強い光:TV、PC、スマートフォンなど、強い光の刺激があるものは、就寝1時間前からは利用しないようにしましょう。
    アルコール:寝酒は睡眠の質を低下させます。アルコールによって脳が麻痺し、寝つくことはできますが、浅い睡眠が続くため、疲労が十分に回復されません。
    夜食:就寝前は食べ物を摂取することで、消化器官が働き、脳に刺激を与えてしまいます。
    頭を使う活動:勉強や仕事、考え事は就寝1時間前からはしないようにしましょう。

    出典 :寝不足を解消しよう!寝不足を解消して3倍能率を上げる4ステップ | iGotit
  • お風呂の効果!

  • お風呂に入って気分爽快

     

    シャワーで簡単に済ませるよりも、お風呂に入ること体に良いことが幾つもあるみたいですよ。

  • もし、眠れなくて睡眠不足になっている場合には、寝る前にお風呂に入るのが効果があるようです。
    お風呂の温度を38度から40度くらいのぬるめにして、時間をかけてゆっくりと入浴します。
    うっすらと汗をかくことで眠気に作用する副交感神経に働きかけ、快適な睡眠をとれるようになります。
    また、より効果を高めるためには、お風呂の中に入浴剤を入れたり、ゆず湯にするとさらにほどよく眠れるようになるでしょう。
    寝る前にお風呂に入れない場合は、足湯に浸かるのも効果的です。
    血行が良くなり、副交感神経の働きがよくなるので、快適な眠りが期待できます。
    そして、これらを毎日習慣づけることで、自然と寝不足が解消され、快適な朝を迎えられます。
    出典 :寝不足のときのお風呂の効果について
  • お昼寝は大切です。

  • 昼寝は身体にいい!

     

    食後の15分は違うそうです。



  • お昼寝の与える効果は、大きく分けて2つあります。

    1つ目は、体力回復効果です。風邪をひいたら寝るのが一番と言われるほど、私たちの体は寝ている間に体力を回復させているので、お昼寝をすることで午前中の疲労を取ることが出来ると言われており、その回復力は通常睡眠の3倍とも言われています。

    午前中からハードな作業をした時こそ、お昼寝の時間を設けて体力を回復させた方が午後の作業効率を上げることが出来るでしょう。

    2つ目は、情報整理効果です。寝ている間も脳は活動を続けており、日々の情報を整理することで記憶力を高めると言われています。

    夜の睡眠だけではなくお昼寝の時間も情報整理にあてることで、仕事や勉強に必要な情報をよりスムーズに頭から引き出せるようになるので、覚える情報が多い時や受験生などは特にお昼寝したほうが良いかもしれません。
    出典 :お昼寝のススメ!短時間睡眠が与える効果とは? | 美容ブログ [女性の美学]
  • お昼寝しましょ。 Let's sleep in daytime - YouTube

     

    お昼寝すると、午後も仕事が捗ります!!

  • 睡眠不足解消の秘訣にもっと迫ってみた

  • 睡眠は我々の人生の大部分を占めるものですが、量より質であると最近わかってきました。

    いくらたくさん寝るほうがいいと言われても、疲労を感じていないときや、リラックスできないなら寝ることに価値はそれほどないことを意味します。

    現在まで少なくともアメリカでは長めに寝れば健康であるかのような情報が流れていましたが、最近の調査では眠らなきゃいけないような強迫観念が実は死をより近づける結果になることが、わかってきました。

    医薬品業界の宣伝もあることで、世界中でとにかく眠らなくてはいけないと「がんばって寝ようとする」人が多く、睡眠薬を服用して寝不足を解消しようとする人がこの数年で増加の傾向にあるようです。
    出典 :睡眠不足でも頑張らなきゃいけない人の解消法:らばQ