足首の冷え、その解消法と予防

足先が冷たくなる症状で困っている人、原因を知って、早めに改善しましょう。その解消法と予防法を調べてみました。

view265

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 冷え性の原因

  • 冷えの症状を起こしやすい大きな原因は自律神経のアンバランスです。自律神経には、交感神経と副交感神経があって、それぞれ相反する働きをしています。
    交感神経と副交感神経は、環境に応じて、調和を保って働いています。皮膚の温度は、交感神経によって左右されていますが、交感神経が働くと、皮膚の血流量が少なくなり、体温が下がっていきます。
    出典 :http://shojyo.livedoor.biz/archives/51311668.html
  • 足首の冷え

  • 足に冷えが起こりやすい人は、自律神経の働きがバランスを崩しているケースが多いようです。足の冷えがひどい場合、夜なかなか睡眠がとれないとか、身体全体の調子を崩しやすくなったりなど、様々なトラブルが起こすキッカケになったります。

    出典 :足の冷えの原因と対策法について:病気と症状 治療 原因 予防の辞典
  • 冷え性の解消法

  • 足の冷えがヒドイ人は、ふくらはぎの筋肉を動かすように意識することが大切になります。ふくらはぎの筋肉を動かす為には、早歩きなどを意識すると効果的です。



    出典 :足の冷えの原因と対策法について:病気と症状 治療 原因 予防の辞典
  • ビタミンEには、末端の血行障害を改善するはたらきがあります。からだの隅々にまで血液を行き渡らせる効果にすぐれているため、冷えで悩む人にとって、必須ともいえるビタミンです。また、ビタミンEにはホルモン分泌を調整する作用もあるので、自律神経の乱れを改善するのにも、一役買います。
    出典 :手足の冷え(冷え症)の対策|からだの症状|くすりと健康の情報局
  • 冷え性に効くツボ

  • 三陰交(さんいんこう)

     

    冷え性、生理痛、生理不順、むくみなど女性によく効くツボ。特に冷え性には重要なツボです。
    <ツボの場所> 足の内側にあるツボ。くるぶしの一番上から指4本分上(8~9cm上)、すね骨のすぐ後ろにあります。押すと軽い痛みを感じるところです。
    <押し方> 左右の親指を重ね、少し痛いぐらい押す。

  • 太衝(たいしょう)

     

    血流から冷えを改善し、冷え性(足先の冷え)、 のぼせ、肉体疲労、精神的ストレス、眼精疲労、肝臓の疲れ、耳鳴りなどに効果があります。 また、脚痩せにも効果的と言われています。
    <ツボの場所> 足の甲部分にあるツボです。 親指の骨に沿ってなぞると、指が止まります。 ちょうど、親指と人差し指の骨が合うところ、押すと少し痛みを感じるツボです。
    <押し方> この部分を揉むように親指で、息を吐きならがら3秒押し、息を吸って3秒離します。

  • 冷え性の予防法

  • 冷えは「万病のモト」というくらい、放置しておくと、頭痛、腰痛、肩こり、生理不順、肌荒れなどさまざまなからだの不調を引き起こすといわれていて、東洋医学では特に重要だと考えられています。高血圧の人は冷えから急に血圧が上昇すると危険なことも。日ごろから予防を心がけておくことは、健康維持につながります。
    出典 :手足の冷え(冷え症)の予防|からだの症状|くすりと健康の情報局
  • 冷えを予防するには、からだを内側から温め、血行をよくし、自律神経をきちんと機能させておくことも大切です。
    出典 :手足の冷え(冷え症)の予防|からだの症状|くすりと健康の情報局
  • からだを温め、血行をよくする食事

     

    からだを冷やすような冷菓や、栄養バランスの偏りがちなインスタント食品などの食べ物は控え、ビタミンE、C、B1、パントテン酸、良質のタンパク質などを積極的にとりましょう。
    ●ビタミンE……抹消の血管を拡張させて血行をよくし、女性ホルモンの分泌を調整:ウナギ、アーモンド、落花生、卵黄など。
    ●ビタミンC……貧血予防になる鉄分の吸収を促進し、毛細血管の機能を保持:かんきつ類、緑黄色野菜など。
    ●ビタミンB1……代謝を促進し、からだを動かすエネルギーを産生する:豚肉、大豆、卵など。
    ●パントテン酸…代謝を促進し、自律神経を活性化させる:レバー、大豆など。
    ●良質のタンパク質……熱エネルギーとなり、神経機能を保持する:大豆製品、魚など。