妊娠中歯磨きは気持ち悪い?気持ち悪くない?

妊娠中の歯磨きを気持ち悪く思う人が多いようです。特につわりから関係している場合が多いようです。

  • Forti 更新日:2014/10/27

view61

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 気持ち悪く感じる人が多いのはつわり時

     

    妊娠中のつわりでは、水を飲んでも吐いてしまったり食べ物を受け付けられなくなったり、吐いてばかりいたりと症状によって歯を磨く余裕がない場合もあります。妊娠中に虫歯が進行してしまった場合、産後歯医者に長期通院することが必要だったりと大変になってしまうこともあります。産後は産後で赤ちゃんのお世話が始まりますので、精神的に大変だと思います。歯磨きが気持ち悪く感じる場合は、歯科医の健診を受けるようにして良いアドバイスを受けることも必要です。

  • まず、「歯磨き粉」を使わずに、「ブラッシングだけをする」という方法を試してみました。これがなかなか良いアイデアだったそうです。この知人は、「吐きづわり」に悩んでいたのですが、「1回の食事量を少なくし、1日に何回も食べる」という対処法で克服していました。つまり、「常に口の中が汚れている」ということですね。したがって、たとえ歯磨き粉を使わなかったとしても、ブラッシングするだけでも大きく違うのです。おかげで、妊娠中によくある「虫歯」にもならずに出産を迎えることになりました。
    出典 :「歯磨き」に工夫をする - つわり.com
     

    つわりが辛くても歯磨き粉を使わずにブラッシングするのも一つの方法ですね。歯磨きは気持ち悪いと思わずに、後で大変になる前に歯を磨くように心がけるようにしたらいいかと思います。

  • ちなみに私は5ヶ月位でつわりがなくなり、歯磨きもできるようになりました。水でうがいしかできない日もありましたが虫歯は今のところ大丈夫です。出産後はなんともないです。
    もともとミント系が苦手なのでうがい液もオーラツーの黄色のベルガモット紅茶味を使用してました。
    ちなみにお茶とか殺菌作用がありそれでうがいする人もあるそうですが茶渋で歯が汚れてしまうことがあるそうです。
    出典 :つわり期間の歯磨きについてつわり自体はムカムカ程度で... - Yahoo!知恵袋
     

    つわりの状態も人それぞれです。つわりが一時的に辛くても、つわりがなくなったと同時にしっかり歯磨きができるようになる場合もありますので、諦めずに自分なりの方法で口の中を清潔にするよう心がけることが必要です。

  • 歯磨きが気持ち悪いけれども

  • 電動歯ブラシなら簡単!

     

    電動歯ブラシは簡単に磨けて妊娠中に使っている人は多いようです。普通の歯ブラシで取れない奥歯の歯垢も取りやすいため便利です。電動がお腹の赤ちゃんに影響するのではと心配な方もいるかもしれませんが、歯科医も勧めていますので一般には大丈夫ということです。ただ、簡単に磨けるため、力を入れすぎて磨きすぎると歯茎を傷つけたりする場合があるので要注意です。また、歯を磨くとイオンが発生する電動歯ブラシに関してですが、歯が本当にツルツルになります。イオンが発生する際に微妙でも電流が流れるため、注意書きに妊婦は絶対に使用しないで下さいと書かれている商品もあるので心配な場合は、使用する前に歯科医に確認するようにしましょう。

  • 歯医者に相談したら音波でもイオンでも関係なく、電動歯ブラシは妊婦にも薦めているとの話を聞いたので私は自己判断で使うことにしました。
    妊婦はタダでさえツワリやホルモンバランスで口の環境が悪くなってしまうので、電動歯ブラシはとても快適です。先生も妊婦は虫歯になる環境が揃っているし、音波云々よりも歯周病や虫歯になる方が母体や胎児にとってリスクが高いとおっしゃっていました。
    出典 :価格.com - 『妊婦が使用不可な理由は?』 ナショナル ドルツ・リニア音波ハブラシ イオン EW1045 のクチコミ掲示板
     

    歯医者さんによっては、イオンが発生する際の微妙な電流よりも歯周病や虫歯を心配されている場合もあります。電動歯ブラシを使うののは妊婦さんですので、自分でよく考えて使うかを決めたらいいかと思います。

  • 電動歯ブラシを使う方も手用歯ブラシでどこをきっちり磨く必要があるかを分かっていて使うべきであるということです。患者さんの中には、電動歯ブラシを無意識に使っておられ、お口の状態は一見きれいなのですが、よく見ると細かいところが取れていない方を時々お見受けします。
    出典 :2013年|院長・スタッフのコラム|大阪豊中市のとりい歯科医院(阪急曽根駅)
     

    電動歯ブラシも使い方がありますので、正しい使い方を使用する前にチェックした方がいいですね。

  • 歯が磨けずに歯周病になることも

  • 歯周病

     

    歯周病の原因は、歯に付着しているプラークというものです。プラークは、歯垢(しこう)とも言われていて、歯に付着してしまった細菌や細菌の増殖によって代謝されたもののことを言います。歯垢(しこう)をそのままにしてしまうと、歯肉が炎症を起こして赤くなり、歯と歯肉の隙間がでてきて最終的には歯を抜くことになってしまうのが歯周病です。プラークが唾液に含まれているカルシウムのよって固まって石灰化したものを歯石と言います。歯石は歯ブラシ等で簡単には取ることができません。もし、歯石が溜まってしまったら早いうちに除去することが大切です。歯周病の怖い点は、最初のうちは全然痛みを感じないことです。そのためそのままにしてしまう場合があり、気づいたら末期の症状になっていたということにもなり兼ねません。辛くて歯を磨けない場合が続いた場合は、歯科医に健診に行くなりして歯の状態を確認しておくことも必要です。

  • 妊娠37週未満で生まれた早産の人や、2500g以下の低出生体重児を出産した人たちを調べてみたら、歯周病の進行している人が大勢いたのです。そのリスクは、歯周病でない人の、なんと7.5倍!早産の原因にタバコやアルコール、高齢出産などがよく挙げられますが、それらよりもはるかに高い数字なのです。
    出典 :妊娠中の歯科治療|プレママタウン
     

    歯周病の進行が早産や低出生体重児に影響していることがわかります。そのため、歯周病予防も妊娠中には特に心がけたいものです。

  • 妊娠中は特につわりの人が歯磨きが気持ち悪いと感じるようです。歯磨きをしないと虫歯や早産や低出生体重児を産むなどの原因になる歯周病にもなりかねませんので、自分なりの方法で出来るだけ歯を清潔にするよう心がけることが大切です。