生理痛、楽にしてあげたい!ひどい人は月経困難症に効く漢方薬がおすすめ。

生理痛がひどくて苦しんでいる人、月経困難症に効く漢方薬を試してみませんか?月経困難症とは、いわゆる生理痛なのですが、生活に支障をきたすくらい、ひどい人のことを言います。漢方薬は、調合を変えれば、その時に合った形で服用できますので、特に重症の人にお勧めなのです。

だって、早く楽になりたいですよね?

view148

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 月経困難症って初めて聞いた

  • いわゆる生理痛のことです。月経時に下腹部痛、腰痛などの疼痛を訴え、仕事や学業などの社会生活が困難になることもあります。器質的な異常を伴わない機能性月経困難症(原発性(げんぱつせい)月経困難症)と器質的疾患を伴う器質性月経困難症(続発性(ぞくはつせい)月経困難症)とに分類されます。
    出典 :生理痛、月経困難症の漢方薬ならお任せ!東京漢方薬局・香港堂/ 漢方実績と症例|
     

    生理痛にも2種類あるのですね。それに良くわからない名称で・・・医学用語って難しいですよね。

  • 子宮筋腫[しきゆうきんしゆ]や子宮内膜症など、骨盤内の病的状態に伴うものは器質性月経困難症、または続発性月経困難症といいます。子宮筋腫では、月経血量が増加し、それに伴って血塊[けつかい]の形成などが月経痛を増強し、ひどい月経困難症を誘発します
    出典 :月経困難症│病気事典│ここカラダ
     

    器質性月経困難症は、病気が原因で痛いのですね。

  • 原発性(機能性)月経困難症:子宮をはじめとする生殖器及びその周りの内臓に痛みを引き起こす原因となる器質的病気がない場合で、冷え性やストレスなどを起因とする血行不良や内分泌のアンバランスが原因で起こる生理痛のことを言います。
    出典 :生理痛、月経困難症の漢方薬ならお任せ!東京漢方薬局・香港堂/ 漢方実績と症例|
     

    身体の調子が整っていなくて痛みになっているものは、原発性または機能性月経困難症と言うのですね。
    言い方もいくつかあって、本当にややこしいです。

  • 原発性(機能性)月経困難症には、主に4つの治療があるそうです。

  • 1.痛みや不快症状はあるが、症状が悪化しないため、何もしないで様子をみる
    2.ピルを服用することで内分泌ホルモンをコントロールし、月経量を減らし痛みや不快症状を軽減させる
    3.月経時の痛みや不快症状が起こってきた時に痛み止めや吐き気止めを服
    出典 :漢方について|月経困難症と漢方(吉村レディースクリニック)[ispot]
     

    まずは、この3つが主な治療法になります。

    様子をみて、何もしないという方法もあるのですね。

  • 上記の3つは、まず最初に行われる治療になることが多いです。

  • 4.漢方薬を服用し、体質改善を行い、痛みや不快症状に対する閾値を上げ、症状を軽減させる
    出典 :漢方について|月経困難症と漢方(吉村レディースクリニック)[ispot]
     

    治療の4つめは、漢方薬の服用です。
    漢方薬なので、体質を改善させることが目的になります。

  • 漢方は種類がたくさんありますので、自分の月経困難症に効く漢方薬はどれなのか、下記を参考に見つけて下さい。

  • 月経困難症によい漢方薬
    3タイプの女性の横に書いてある症状にあてはまる数が一番多かったものが、あなたの証です。実証と中間証が同じ数なら、やや実証。虚証と中間証が同じ数の場合は、やや虚証となります。また、実証と虚証が同数であれば、中間証と考えましょう。
    出典 :月経困難症によい漢方薬 -漢方ナビ
     

    漢方薬は、3つのタイプで分かれます。「実証」「中間症」「虚証」です。
    ↓の図を参考に、当てはまるタイプはどれか、考えてみましょう。

  • 実証タイプ

     

    腹痛や生理痛、頭痛、のどの痛み、肩こり、のぼせ、足の冷えなどの症状のある人は、実証タイプです。
    実証には、桂枝茯苓丸 (けいしぶくりょうがん)という漢方薬が合っています。

  • 中間症タイプ

     

    生理不順や生理痛、頭痛や倦怠感、不眠、イライラや不安感のある人は中間症タイプです。
    中間症には、加味逍遙散 (かみしょうようさん)という漢方薬が処方されます。

  • 虚証タイプ

     

    めまいや貧血、冷え、頭痛、それに生理不順や生理痛、生理前後の不快症状などの人は、虚証タイプです。
    虚証は、当帰芍薬散という漢方薬が合っています。

  • 漢方診断を行うことで月経困難症という同じ病名でも体質にあわせ、また同じ患者さんでもその時々の病態にあわせて、処方する漢方薬は違ってきます。つまり、漢方診断をすることにより、患者さんに合わせたオーダーメイド医療を行うことができるのです。病名で漢方薬を出すのではなく、患者さんに漢方診断を行い処方する
    出典 :漢方について|月経困難症と漢方(吉村レディースクリニック)[ispot]
     

    漢方薬は、その時どきの症状によって、調合を変えられるという長所があるのですね。
    本当に必要な成分だけを取り入れることができるので、複数の症状が同時に起こる月経困難症には、非常に有効ということでしょう。