寒い冬、しっかりと熟睡するために出来ること!夜寝る時の寒さ対策

気温が低く、寒いとどうしても寝付きが悪くなってしまいます。寒い夜に熟睡するために出来ることを紹介しましょう!

view1248

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 寒くてなかなか寝付けない。そんな時は

  • ぬるめのお風呂にゆったりとつかる

  • 健康な人の体温は、1日の中で1度くらい上下します。体温が下がる時間帯には寝つきやすく、体温が上がる時間帯には寝つきにくいことが分かっています。ですから、寝床に入る予定時刻の15~30分前にお風呂に入ると、体温が下がってくるときにスムーズに眠ることができます。

    お湯が熱いと交感神経が刺激されて目が覚めてしまうので、37~40度のぬるめのお湯に20~30分ほど入りましょう。
    出典 :寒くても大丈夫!冬に熟睡する方法あれこれ [睡眠] All About
     

    しっかり体の芯まで温まっておけば、それだけで寝付きが良くなります。

  • お部屋を暖める

  • 冬の寝室では16~19度で、睡眠感がもっとも良くなります。大まかに言うと、ナイトウェアの上に一枚羽織ってちょうど良いくらいが目安です。リビングから寝室に入ったときに寒いと感じると、交感神経が興奮して眠気が覚めてしまいます。
    出典 :寒くても大丈夫!冬に熟睡する方法あれこれ [睡眠] All About
     

    暖め過ぎても寒すぎてもダメなのです。エアコンの設定温度を見なおしてみましょう。

  • 布団の中も防寒対策

  • 寝床の中は、体温に近い32~34度が最適です。眠る1時間前から、電気毛布や湯たんぽで温めておきましょう。電気毛布を一晩中つけておくと、眠っている間に起こる自然な体温の低下を妨げてしまいます。眠るときに一旦スイッチを切り、目覚める予定時刻の1時間前に、スイッチが入るようにタイマーをセットしましょう。
    出典 :寒くても大丈夫!冬に熟睡する方法あれこれ [睡眠] All About
     

    寒いから、とずっと暖房をつけっぱなしでは朝置きられなくなってしまいます。タイマー型の電気毛布や湯たんぽを活用しましょう。

  • 寝室は適度な湿度を保ちましょう

  • 湿度は一年を通して50~60%が睡眠に最適だと言われています。まずは湿度計を用意して、加湿器やエアコンの除湿機能を利用して適切な湿度を調整しましょう。
    出典 :熟睡のための温度と湿度~冬編
     

    乾きすぎも潤いすぎもダメなのです。寝苦しくない環境を作りましょう。

  • いかがでしょうか。寒いからと布団の中で丸くなっているだけでは熟睡は出来ません。心地よい環境を作ってしっかり熟睡しましょう!