生理痛の症状をちゃんと知って対処方法をやると効果的!

生理痛の症状は様々ですが、どんなものが起こるかによって原因も異なっていることがあります。症状別対策方法を実践しましょう。

view84

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 生理痛の原因は2つに分けられる

  • 生理痛の原因は2つに分けられます。機能性の問題と病気が隠れているかの違いです。

  • 機能性による生理痛

  • 機能性の生理痛には様々な原因があります。プロスタグランジンというホルモンが過剰に出てしまう場合、子宮口が狭いケース、冷えやストレスによる原因などです。

  • 頭痛

     

    生理痛の症状のひとつとして頭痛があります。原因は良くわかっておらず、ストレスや血流の問題などが関わっている場合もあります。我慢せずに鎮痛剤を飲んだほうがベターです。

  • 腹痛

     

    子宮の収縮を促すホルモンの量が多い人、子宮口が狭い人などは痛みを感じやすくなります。お腹を温めると痛みが緩和することがあります。

  • 腰痛

     

    骨盤の歪みによる血行不良が原因となる場合もあります。温めると症状が軽くなりやすいです。

  • 病気が隠れている場合の生理痛

  • 子宮内膜症や子宮筋腫などが隠れている場合があります。症状が重い場合や我慢できない痛みがあるなら、無理せずに病院を受診しましょう。

  • 生理前になると不快感が出る場合も

  • 生理前に不快感を感じるのは、月経前症候群と呼ばれています。腹痛や頭痛、イライラなどが起こりやすく、生理が始まると症状は軽くなります。

  • バランスの良い食事

     

    月経前症候群の改善にはバランスの良い食事がおすすめです。カフェインや糖分の摂りすぎなどは逆に症状を重くしてしまいます。

  • ストレスを避ける

     

    月経前症候群の原因は良くわかっていない部分も多いのですが、ストレスが大きな原因だと考えられています。

  • まとめ

  • 生理痛の原因が機能性によるものなら、上手く乗り切るのがコツです。しかし、症状が酷いと病気が隠れている場合もあるため、無理せずに病院を受診しましょう。