高血圧の病気、治療方法。

悪性高血圧(概念・治療)。せん妄(定義・症状・治療)。本態性高血圧症(治療)。

  • S 更新日:2014/05/09

view155

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 「悪性高血圧」の治療について。

  • ↓まずは概念から↓

  • 拡張期血圧が120-130mmHg以上であり、腎機能障害が急進行し、放置すると全身症状が急激に増悪し、心不全、高血圧性脳症、脳出血などを発症する予後不良の病態である。
    出典 :高血圧性脳症 - meddic
     

    「悪性高血圧」の概念です。

  • 長期の高度の高血圧による細動脈の内皮障害、血管壁への血漿成分の浸入に続くフィブリノイド壊死、増殖性内膜炎が病理学的特徴であり、腎の病理所見は悪性腎硬化症と呼ばれる。腎臓の小動脈の狭窄・閉塞に伴い腎血流量が低下し、RAA系の亢進により血圧を生じるなど、この病態では進行性の腎機能障害と昇圧の悪循環を生じる
    出典 :高血圧性脳症 - meddic
     

    「悪性高血圧」の概念です。

  • 眼底では網膜出血、軟性白斑、網膜浮腫や乳頭浮腫を認める。脳においては、血管障害によって血流の自動調節能が破綻し、脳浮腫が生ずれば、高血圧性脳症となりうる。
    出典 :高血圧性脳症 - meddic
     

    「悪性高血圧」の概念です。

  • ↓以下、治療について↓

  • カプトプリルは作用発現が速く,持続も短いので投与量を調整しやすいが,悪性高血圧やRA系が亢進している脱水状態では過度の降圧をきたす可能性があるため,少量(6.25-12.5mg)から投与を始める。
    出典 :Minds医療情報サービス
     

    「悪性高血圧」の治療(投与)について。

  • 血圧測定

     

    年に一度くらいは、測定しておけば安心です♪

  • 「せん妄」の治療について。

  • 「譫妄」とも書きますが、普通は「せん妄」と書くようです。
    まずは、定義と症状から↓

  • 定義:種々の意識混濁があって、時間、空間の見当識障害が見られ、情動不穏、精神運動興奮が見られる状態。
    症状:手術後、感染症等の身体的疾患、薬物中毒、多発性脳梗塞、痴呆など脳機能が低下しているときに発生しやすい。
    出典 :高血圧性脳症 - meddic
     

    定義と症状。

  • 以下、治療方法。

  • ベースにある身体疾患の治療を行い、またせん妄を助長する因子を改善する。
    高齢者においては発熱や下痢などから脱水になりせん妄になることがあります。ですから、発熱や下痢の原因となった疾患の治療を行います。
    出典 :せん妄の治療|きしろメンタルクリニック【心療内科 精神科 物忘れ外来 認知症治療|川崎市多摩区登戸 向ヶ丘遊園駅すぐ】
     

    「せん妄」の治療方法について。

  • 睡眠・覚醒リズムを改善させる。
    せん妄では、夕方から夜間に好発し、日中には消退するという睡眠・覚醒リズムの障害が現れます。したがって、ある種の精神安定薬などにより睡眠・覚醒リズムの障害を是正すると、せん妄の症状も改善されることが多いのです。
    出典 :せん妄の治療|きしろメンタルクリニック【心療内科 精神科 物忘れ外来 認知症治療|川崎市多摩区登戸 向ヶ丘遊園駅すぐ】
     

    「せん妄」の治療方法について。

  • 睡眠リズム

  • 「本態性高血圧症」の治療について。

  • 1. 生活習慣の修正:減塩・減量・節酒・禁煙・運動励行など生活習慣の修正
    2. (1.が不応の時)薬物治療
    出典 :高血圧性脳症 - meddic
     

    「本態性高血圧症」の治療方法について。