足の裏が痺れてる…それはモートン病かもしれません。

足の裏のしびれ感や痛みの中で、
多く見られるのが「モートン病」です。

靴が原因であることが多く、足の裏の前のあたりに繰り返される衝撃があると、そこで炎症が起こって、神経が圧迫されて、症状が出てきます。

  • pocca 更新日:2014/09/26

view59

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • モートン病は現代病?足を窮屈に締め付けたり、ヒールの高いパンプスを履くことで、その症状はひどくなる場合があります。

  •  

    モートン病は靴が原因で起こります。

    ですから、症状を改善させるためには、靴を履かないことです。

  • モートン病が治療できる病院は?

  • モートン病はマイナーな病気ですので、専門家でなければ、きちんと診断できない場合があるようです。

    一般に整形外科で見てもらうこともできますが、「日本足の外科学会」に所属している病院を選べば、

    専門家としてきちんとした判断をしてもらえるでしょう。

  • モートン病をきちんと診断してもらうメリットとして、適切な治療をしてもらえます。

    適切な手術をしてもらうことで、症状も改善されることでしょう。

  • モートン病の症状を和らげるインソールがあります。これを使うことで痛みやしびれを和らげることができるのです。

  • モートン病の専門医なら、そのインソールも専門に作ってくれるようです。

  • オーダーメイドインソール

     

    人それぞれ足の形も足の裏の形状も違います。

    自分の足に合わせたインソールを使うことで、快適に歩くことができるのです。

  • 健康は…足から…。

  • 歩くことで健康になれますね。ということは歩くことがとても重要なのです。

  •  

    合わない靴で歩いていたら、足に良くありません。モートン病になってしまっては大変ですので、

    デザインだけで靴選びするよりも、足の形状に合った靴選びをすることが大切です。

  • 足が痛いと、歩けません。歩けないと体に悪い…そう悪循環なのです。

  • 「 E 」で表されている靴の幅の表示を知っていますか?

  • 足幅の広い人はEEEを選びましょう。

  • ある程度細い靴でも、EEEという表示がついていたら、それは幅広の靴だということです((^^)