妊婦はビタミン剤を飲んでも大丈夫?つわりに良いビタミンは?妊娠中の気になる悩み!

妊婦はビタミン剤を飲んでも大丈夫なのでしょうか?胎児に影響は出ないのでしょうか?また、辛いつわりを緩和してくれるビタミン剤はあるのでしょうか?
そんな気になる悩みについてご紹介します!

view202

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊娠中のビタミン剤

  • 害がないとされているビタミン剤を手放せない人がたくさんいます。妊娠中も飲み続けるべきでしょうか?
    出典 :妊娠中のビタミン剤
     

    普段から摂取している方にとって、ビタミン剤は欠かせない存在となっているようです。

  •  

    妊婦はビタミン剤を飲んだ時に何か害が出るといったことはあるのでしょうか?

  • 妊娠中にビタミンA(レチノール)を摂取しすぎるとお腹の赤ちゃんに奇形を生じさせてしまう可能性がある。
    出典 :妊娠中にビタミンAを摂取しすぎるとダメな理由|葉酸サプリ110番|妊娠中もオススメ!安全で人気の葉酸サプリ
  • ビタミンAは脂溶性ビタミンで、視覚、聴覚、生殖等の機能を維持し成長促進、皮膚、粘膜、遺伝子発現にもかかわっています。動物性食品に含まれるビタミンAの過剰摂取が、赤ちゃんの先天性異常をひきおこすことが知られています。
    出典 :公益社団法人 日本栄養士会
  • メチル水銀は特に胎児の中枢神経の発達に影響を及ぼすとされています。
    出典 :魚介類・鯨類の水銀についてのQ&A
  • メチル水銀は胎盤を通して胎児に移行しやすく、胎児は水銀への感受性が高いために、妊婦がメチル水銀を摂取すると胎児の中枢神経系(脳)の発達への影響が懸念されます。
    出典 :魚介類・鯨類の水銀についてのQ&A
  • 過剰摂取が良くないとされているのは
    ・ビタミンA
    ・水銀
    ということです。

  • 妊娠中の食事と赤ちゃんの先天異常の関係が指摘されている栄養素があります。葉酸の不足、ビタミンAや水銀の過剰摂取などですが、特に葉酸は、妊娠中だけではなく、妊娠前からの摂取が勧められています。
    出典 :妊娠初期の栄養について
  •  

    反対に、妊婦にとって葉酸は大事な栄養素です。
    積極的に摂取するようにしましょう!

  • ビタミンB6はつわりを改善する!

  • つわり、または、おそ(どちらも漢字表記は「悪阻」)とは、「妊婦特有の症状」であり妊娠初期に起こる吐き気と嘔吐のこと。
    つわりは母体に対し、筋肉・神経系統を挙上させる(体内に胎児のための領域・スペースを作る)働きがあるため、むやみに嘔吐感を我慢する必要はない。
    出典 :つわり - Wikipedia
     

    妊娠中のつわりは辛いですよね・・・

  • 妊娠の初期症状や後期症状として、つわりがあります。しかし、人によって症状も違うですし、症状の軽さや重さも違います。つわりは赤ちゃんからママへ初めのメッセージなのかもしれません。苦しいですけど、それを乗り越えることで意味があります。

  •  

    気持ち悪いのが、つわりの特徴です。赤ちゃんのためにも、乗り越えましょう。無理は絶対にせずに、出来ることを少しずつしていくことが大切です。

  • ビタミンB6が不足した妊婦は妊娠高血圧症候群に陥りやすかったり、つわりを悪化させる原因になる、ということははっきりしています。
    出典 :妊娠悪阻を緩和する!ビタミンB6の効果と上手な使い方
  • ビタミンB6はつわりを緩和するために点滴などに含まれており、広く使われています。
    出典 :つわりビタミンB6
  • そう、悪阻で重要なのは「ビタミンB6」なのです。妊婦さんがビタミンB6の欠乏に陥ると、悪阻が悪化したり、妊娠中毒症を引き起こすことも…。
    出典 :つわりを楽にする食生活?!ビタミンB6にヒントがあった | 女子力アップCafe Googirl
  •  

    つわりが辛いという時には
    ビタミンB6を積極的に摂取しましょう!

  • つわりを楽にする方法はいろいろ

  • 凍らせたフルーツ類
    バナナやぶどう、パイナップルやいちごなどを凍らせて、口に含んで溶かしながら食べるという方法や、凍らせたフルーツ類をミキサーにかけて、フルーツシャーベットとして食べる方法。さっぱりとしていて冷たく、妊婦さんにとっては食べやすいものの一つです。
    出典 :つわりを楽にする方法-赤ちゃんの部屋
  • 冷やっこ
    上と同様、つるっとした食感で冷たいので食べやすいという方が多いようです。醤油をかけて食べる事が出来ないという方は、ポン酢など、ご自分が食べられそうだと感じる物で食べて見て下さい。
    出典 :つわりを楽にする方法-赤ちゃんの部屋
  • つわりの時は、さっぱりしたものを食べたいと言います。私の姉も妊婦時代にさっぱりしたものばかり食べていました。冷たい果物や冷やっこは食べやすいかもしれません。

  •  

    果物は食べやすいですよね。栄養もあるので、妊婦さんに良いかもしれません。全く食べないよりは、少しは食べた方が絶対に良いと思います。

  •  

    冷やっこは、暑い夏に食べたくなりますよね。暑さで食欲が無い時に良いです。さっぱりしているので、妊婦さんにも良いのです。

  • 仕事を抱える妊婦さんでも乗り越える方法がある!

  • お昼休みの前に空腹状態になってしまうことを防ぐために、一口サイズのおにぎりを持って行き、隙をみて食べておくようにすることをおすすめします。
    温かいご飯は匂いがきつくて食べられない、という人も、冷めたおにぎりなら大丈夫でしょう。
    出典 :妊娠悪阻でも仕事が休めない場合にやっておくべき5つの対策法
  • どうしても体が辛いときには、休憩室でこまめに横になるのが一番です。
    仕事の途中で抜け出すのが無理なら、せめてお昼休みの間だけでも横にならせてもらいましょう。
    出典 :妊娠悪阻でも仕事が休めない場合にやっておくべき5つの対策法
  • 妊婦さんの中には、仕事を頑張る妊婦さんもいるでしょう。そんな頑張り屋さんの妊婦さんでも、つわりを乗り越える方法はあります。それをして、無理をせずに頑張ってください。

  •  

    仕事をしていて、辛くなったら休憩するようにしましょう。周りの人も協力してくれるはずです。赤ちゃんからの「無理しないで」というメッセージなのかもしれません。