短時間でスッキリ睡眠が出来ると噂の3時間睡眠法ってどうやるの???安眠したい人必見のまとめです!!!

安眠したい人必見の情報をまとめてみました!!!
3時間睡眠って可能なの???
一体どうやってするの????
気になる安眠にまつわる情報をまとめてみました!!!

view272

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 3時間睡眠って可能なの???

  • 3時間睡眠は効率的???

     

    3時間睡眠を実現することができれば、一日の中の使える時間が増え、毎日を充実させることができます。

  • 健康的に3時間睡眠を行うためには、「質の高い睡眠をとり、健康が損なわれない範囲で、少しずつ睡眠時間を短くしていく」というプロセスを辿ることが大切です。
    出典 :3時間睡眠は可能か?健康を維持して3時間睡眠を実現する4ステップ | iGotit
     

    質の高い睡眠を取らないと3時間睡眠は実現しません!!!

  • 質の良い睡眠を取るためには睡眠の仕組みを知りましょう!!!

  • 睡眠にはレム睡眠とノンレム睡眠があります!!!

     

    睡眠は、レム睡眠とノンレム睡眠という2種類の睡眠が、90分周期で起床するまで繰り返されています。

  • •レム睡眠:浅い睡眠を指し、脳は覚醒しているが、体を支える骨格筋は弛緩状態で力が入っていない状態にある。
    •ノンレム睡眠:深い睡眠を指し、深さに応じて4段階に分けられる。より深い睡眠では、脳の活動が穏やかになり、心身に休息を与えている。
    出典 :3時間睡眠は可能か?健康を維持して3時間睡眠を実現する4ステップ | iGotit
     

    3時間睡眠では深い眠りが重要になってきます!!!

  • ではどうやって3時間睡眠法を実現するの???

  • 短時間睡眠法では、睡眠の効率を良くすることで必要以上にレム睡眠の時間をとらないようにすれば、全体として睡眠時間を短縮することができ、3時間程度で足りるということです。
    睡眠は、長さよりも深さ(質)が大切で、深い眠りができれば、短時間にて脳や体を休息させることが十分可能なのです。
    出典 :短時間睡眠法(短眠法)の原理 | 3時間睡眠法 "短眠法"のすすめ
  • 少食を心がける

    内臓を酷使しちゃダメ、という話。満腹になれば、その分消化活動のために内臓が酷使されます。その結果、睡眠中に内臓が休めなかったり、消化のために血液が消化器官に集中して昼間から眠たくなったり、とにかく短眠にとってはよくないことばかり。1日1食で十分という意見もあります。僕はいまより睡眠時間が短かった頃、確かに1日1食生活でした。ただ、周りから見ると激ヤセしていたらしいですが。これからは、おいしいものを適量食べるようにしようと思います。あともうひとつ大切なのは、よく噛んで食べること。内臓を大切に。
    出典 :3時間睡眠を実現する方法 | 株式会社メッサリバティ
  • ベジタリアンになる

    油ものとか肉類とかは特に消化が大変。様々な観点から見て、野菜や海草類を多く取ることが短眠にもプラスに働きます。でも、ほっといてくれ。肉食いたい。
    出典 :3時間睡眠を実現する方法 | 株式会社メッサリバティ
  • 食後はあまり水分を取らない

    食後にたくさん水分を取ると、消化の妨げになります。その結果内臓を酷使したり、午後からの仕事時間にウトウトしたりしてしまいます。動物もよく見るとそうしてるとか。
    出典 :3時間睡眠を実現する方法 | 株式会社メッサリバティ
  • 就寝2時間前には何も食べない

    これまた内臓様のため。寝る前に何か食べたら内臓が休めないので。
    出典 :3時間睡眠を実現する方法 | 株式会社メッサリバティ
  • 昼間の眠気とはどうやって闘うの???

     

    眠気対策を行って3時間睡眠を続けてみましょう!!

  • •深呼吸をする
    •水をたくさん飲む
    •交感神経を刺激するツボを押す
    •15分以内(10分程度)の仮眠をとる
    出典 :3時間睡眠を実現する方法 | 株式会社メッサリバティ
  • 短時間睡眠にはリスクもあります!!!自分の体と相談して行うようにしましょう!!!

  • 短時間睡眠のデメリット!!!

     

    •毎日の疲れがとれず身体が重い
    •集中力が欠けて色々なミスをする
    •居眠りをしてしまう
    •小さなことでイライラしてしまう
    •肌が荒れる
    •記憶力が著しく低下する
    •思考力が著しく低下する
    •食欲の制御ができず肥満になる
    •気分が落ち込みやすく不安に駆られやすくなる
    •鬱病になるリスクが高い
    •高血圧になるリスクが高い