高プロラクチン血症の原因(症状・主な原因・その他の原因)

症状チェック。不妊になる可能性。主な原因。その他の原因。薬の副作用。

  • S 更新日:2014/10/05

view36

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • ↓以下の項目に当てはまる方は、高プロラクチン血症の可能性大です!↓

  •  

    4つ以上~全部当てはまる方。
    調べておく必要があります。

  • 不妊の原因になることもあります!恐るべき高プロラクチン血症!

  • 高プロラクチン血症についてですが、このプロラクチンというホルモンが分泌されている間は、妊娠しづらくなっています。ただ、授乳期が過ぎれば、このプロラクチンの分泌量も自然と下がってきます。しかし、何らかの異常で、授乳期を過ぎてもプロラクチンが減少せずに、多く分泌されることがあります。
    出典 :高プロラクチン血症と不妊症
     

    以下に続きます。

  • しかし、何らかの異常で、授乳期を過ぎてもプロラクチンが減少せずに、多く分泌されることがあります。そうなると、受精卵が子宮内膜に着床しづらくなり、妊娠の妨げになります。このプロラクチンが多くなっている症状を、高プロラクチン血症と呼びます。
    出典 :高プロラクチン血症と不妊症
     

    上記の続きです。

  •  

    授乳期が過ぎても過ぎなくても、安心してはいけないという事になりますね。

  • どうして、この高プロラクチン血症が、不妊の原因になるかというと、プロラクチンには、排卵を抑制する働きもあるからです。産後、女性の子宮は、赤ちゃんが授乳の際に、乳首を刺激することで、子宮収縮を起こし、妊娠前の状態に、回復していきます。
    出典 :不妊の原因となる高プロラクチン血症とは?
     

    以下に続きます。

  • まだ、授乳期間中に、次の赤ちゃんを妊娠してしまうと、この子宮収縮作用により、早産してしまう恐れがあります。そのため、プロラクチンは、授乳のための乳汁づくりと同時に、排卵抑制の指示も出しているのですね。
    出典 :不妊の原因となる高プロラクチン血症とは?
     

    上記の続きです。

  • 「高プロラクチン血症」の、主な原因。

  • 「高プロラクチン血症」の原因は大体3パターンと言われています。
    1.脳下垂体の腫瘍によるプロラクチンの異常分泌
    2.精神科用薬・胃潰瘍用薬の服用による副作用
    出典 :排卵障害の原因-2「高プロラクチン血症」とその治療法 | 不妊治療ガイド.jp
     

    以下、補足になります。

  • 特に上記1番目の原因がほとんどとされています。もし、2番目の薬を服用中の方は医師に必ず相談しましょう。他にも甲状腺系の異常等もありますが、多くは1番目の脳下垂体の腫瘍によるプロラクチンの異常分泌とされています。
    出典 :排卵障害の原因-2「高プロラクチン血症」とその治療法 | 不妊治療ガイド.jp
     

    上記の補足です。

  • 脳の腫瘍・ストレスとの関係・甲状腺の機能低下などなど!挙げれば色々あります!

  • 脳に腫瘍が出来ているケース。
    非常に珍しいケースですが、悪性の場合もないとはいえませんので、授乳中でもないのに、乳汁が出たり、視野狭窄、めまいなどがある場合は、すぐに検査が必要でしょう。
    出典 :不妊の原因となる高プロラクチン血症とは?
  • その他のホルモンと同様に、ストレスによる異常です。
    プロラクチンは、同じ日でも、昼と夜とでは、全く違う値が出る場合もありますので、その辺りにも、注意して調べなければなりません。
    出典 :不妊の原因となる高プロラクチン血症とは?
  • 薬の副作用だって考えられるんです!

  • ピルや胃潰瘍、抗うつ剤や降圧剤などを長期間服用していると、ホルモンのバランスが乱れて高プロラクチン血症となる場合があります。これは薬の服用が原因ですので、薬の使用を中止すれば元に戻ることが多いです。ただ、治療上のために中止できない場合は、薬の量を減らしたり、プロラクチンを減らす薬を処方します。
    出典 :高プロラクチン血症と不妊症