ストレスは、ココロと体で解消! あなたに最適のストレス解消法

ストレス社会に生きるわたしたち・・・。
どっぷりストレスにはまってるあなた、ストレスかどうかも分からないけど、多分ストレスと思っているあなたストレスはココロと体で解消しましょう。
「解消なんてできっこない」というあなた、うまく付きう方法をまとめましたので、ぜひ参考になさってください。

  • LOL 更新日:2013/08/14

view392

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • ストレスって、気付きにくいもの

  • ストレスとうまく付き合うには、どうすればいいの?

  • リラクセーション

     

    心身の緊張を緩めることです。

    最も手軽な方法は、呼吸法(腹式呼吸)で、自宅や職場でも短時間で簡単に行えます。
    ヨガや座禅なども有効です。

  • ストレッチ

     

    筋肉をゆっくり伸ばすストレッチは、心身のリラックスに効果があります。
    長時間おなじ姿勢でいると筋肉が収縮した状態が続き、筋肉の血管を流れる血流が滞ります。
    この状態を「こり」と呼びます。
    ストレッチは、この「こり」をほぐします。

  • 仕事中に押すだけ、腰の疲労回復ストレッチ体操(職場フィットネス)

     

    これ以外にも、たくさん職場で出来るストレッチが紹介されています。

  • 適度な運動

     

    楽しむという感覚で、心身に負担にならない程度の適度な運動をしていきましょう。

    ・自転車や徒歩での通勤(一駅分歩くなど)
    ・散歩がてらにスーパーやコンビニへの買物
    ・犬の散歩

  • 快適な睡眠

     

    ストレス解消法のひとつに、快適な睡眠があります。
    「快適な睡眠」とは起きたときに気持ちがいい睡眠、日中に眠くならない睡眠のことです。快適な睡眠に必要な時間には個人差があります。
    また15分程度の昼寝をすることは、仕事の効率アップにつながるといわれています。

  • 親しい人たちと交流

     

    こころの内をおしゃべりできる友人や知人がいることは幸せなことです。話をすることで、不安やイライラした気持ちが整理されて、自ずと解決策がみえたり、アドバイスがもらえたりします。

  • 笑う

     

    思いっきり笑うことが、免疫力を高めると言われています。
    日常生活に笑いをとりいれましょう。

    ・「自分が一番笑える芸人」を決めておいて、その人が出るテレビ番組を見る
    ・いつも笑っている人と友達になる
    ・人との会話中、一緒に笑ってみる

  • 人間は笑うだけで体に備わっている免疫機能が30%ほどアップします。副交感神経が刺激されて血行促進や緊張をほぐすという効果があります。NK細胞の活性化にもつながり、笑うことで良いこと尽くめです。ストレスが多い人ほど副交感神経に強く働きますので、例え作り笑いだとしても、効果が高くでるのです。無理して笑ってもいいということですね。反対に考えると、笑わない人はストレスが溜まりやすいと言えるかもしれません。最初はうまく笑顔になれないかもしれませんが、徐々に心から笑えるようになるでしょう。
    出典 :笑うことでストレス解消!【ストレス駆け込み寺】
     

    笑うことでココロと体だけでなく、人間関係もよくなります。

  • 仕事から離れた趣味を持つ

     

    自分の好きなことができる時間を大切にしましょう。仕事から解放されているという実感が、仕事への意欲も高めます。
    趣味を介した、仕事とは関係のない人々との交流は、新たな人間関係を生み、生活の幅を広げます。

    ・登山やキャンプなどのスポーツ系
    ・ギターやピアノなどの楽器演奏
    ・英会話やお茶などの習い事

  • 今の自分を受け入れる

     

    自分のこと、知ってますか?
    最近、考えてますか?
    仕事や勉強のことばかり考えてませんでしたか?

    今の自分を知って、今の自分を受け入れる。
    あきらめるのではなく、一度、立ち止まって考えてみるところから始めてみませんか。

  • 「時間がない」あなたに読んでほしいこと・・・

  • リラクゼーションにかける時間の長短による違いですが、簡単に言うと、短時間(3分から5分)では緩んでいく効果が大きく、長い時間になってくると元気が出る効果が加わってくるということになるでしょう。例えば、自己催眠を利用したリラクゼーション法として心療内科で広く活用されている自律訓練法という方法を実習すると、最初の5分くらいは血圧が下がってきますが、10分も経つと逆に血圧は高くなることが多くなります(健康な人の場合)。心理的にも、最初はカッカと頭に血が上った状態が静まり、穏やかで安らかな気持ちになってきますが、さらに実習を続けていきますと、様々な雑念が浮かんでは消え浮かんでは消えした後に、頭の中がすっきりとして色々な物事が整理され、エネルギーがわいてくるような気持ちになってきます。つまり、リラクゼーション反応には、前半の文字通りのリラクゼーションのフェーズと、後半の「アクティベーション」といっていいフェーズの両方が含まれていると考えた方がよいようです。そして、肩こり、頭痛、高血圧、不眠症といった心身の緊張状態が直接関与している病態には短時間の実習でも効果がありますが、うつ状態、慢性疲労といったエネルギーの低下した状態には、アクティベーションのフェーズまで至るように長めの実習をすることが望ましいと考えられます。

     次に、短期的効果と長期的効果の違いについてですが、短期的効果としては上に述べたとおりのリラクゼーション反応がもたらされます。しかしその一方で、リラクゼーションの実習を2、3日行っただけでは大した効果はなく、持続的な効果を得るためには毎日続けることが必要であることが知られています。つまり、リラクゼーションを病気の治療や健康増進に利用するためには、長期的効果が重要になるわけです。そして、長期的効果としては、まさにストレスに対する抵抗力の増大といった変化が起こることが示されています。例えば、一生懸命計算問題を解くといった作業は一種のストレスになり血圧を上昇させますが、数年間リラクゼーションの実習を続けた人は、同じ作業をしても血圧の上昇が小さいことが知られています。こういった「体質を変える」といったことが、リラクゼーションの長期効果によって可能になります。
    出典 :リラクゼーションの方法
  • ストレスから身を守るコツ・気分転換


     ある問題を抱えると、ついその問題にばかり意識が行き、意識し過ぎて逆に解決方法がわからなくなることがあります。そこで、別のことに意識を向けることで心の余裕を作るのが「気分転換」です。
     それにより問題が解決するわけではないのですが、一時的に問題を忘れることで、気持ちに余裕ができたり、視点が変わったりして、問題解決のアイデアが生まれることがあります。
     気分転換で脳を休息させることは、ストレスから身を守る有効な方法なのです。ただし、とても疲れているときなどは、ゆっくり休むなど「休息」をとりましょう。
     またポイントは、気分転換の方法をできるだけ多く持つことです。
     例えばお酒を飲むことだけがストレス解消法の場合は、アルコール依存症になる危険性があります。毎日の暮らしのなかで自分に合った方法を見つけていきましょう。
    出典 :こころの健康とストレスについて 所沢市ホームページ