ロングスリーパーの原因は何か?ロングスリーパーについて

普通の人より多くの睡眠時間を必要とするロングすりーパーとは何なのか?
その原因と改善法を紹介します。

  • TUH55 更新日:2014/02/27

view148

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • ロングスリーパー

  • ロングスリーパーとは、9時間以上睡眠をとらないと、眠気が取れない人のことで、
    全体の10%から5%いるといわれています。
    今回は、ロングスリーパーについて紹介していきます。

  • 3つの睡眠

  • ロングスリーパー以外にも、バリュアブルスリーパー、ショートスリーパーとあります。
    バリュアブルスリーパーとは、6~9時間の睡眠をとる人のことをさし、全体の8割はこれにあたります。
    次にショートスリーパーについてです。
    ショートスリーパーは、6時間未満の睡眠をとる人を指し、全体の5から10%があたります。

  • ロングスリーパーの原因は?

  • ロングスリーパーは基本は遺伝で決まります。
    しかし、病気が原因の場合もあります。
    主な病気は、睡眠時無呼吸症候群やうつ病などが考えられます。

  • 病気と見分ける

  • もし、自分のロングスリーパーの原因が病気であった場合はすぐに病院に行かなくてはなりません。
    まず、睡眠時無呼吸症候群の場合は、いびきをかいたりするので家族に聞いてみると良いでしょう。
    つぎにうつ病についてです。
    うつの場合は常に気分が落ち込んでいるなどの自覚症状があるので、すぐに病院に行きましょう。

  • ロングスリーパーを改善

  • 病気でないロングスリーパーの場合は、睡眠の質を上げて見ましょう。
    具体的にどうすればあがるのかと言うと、
    まずは今ある睡眠環境を変えてみると良いでしょう。
    布団や枕が自分に合っていないものだと、睡眠の質が下がります。
    なので、お店に行って自分いあうものを探しましょう。
    また、寝る時間を10時より前にしましょう。
    これにより10時から2まで分泌される疲労を回復させるホルモンが多く分泌されます。
    そして、寝る前にストレッチをしましょう。
    血流の流れが良くなり、体中に栄養が行きわたりやすくなります。
    学生のころしていた準備運動ぐらいでよいです。

  • おわりに

  • ロングスリーパーは、睡眠に多くの時間をとられていますが、
    日々がんばって、濃い一日を過ごしましょう。