女性だけじゃない!男性の更年期!【LOH(ロー)症候群】

男性にも更年期症状があるのです
そんなロー症候群についてまとめてみました

view208

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • LOH症候群 (男性更年期)とは

  •  

    更年期は、50歳前後の女性がかかるものと思っていませんか?
    実は、男性にも更年期があるのです。テストステロン(男性ホルモン)の減少によって引き起こされる男性の更年期、LOH症候群(加齢男性性腺機能低下症候群)は、体と心の病です。

  • 最近、女性のみならず、男性にも更年期障害があることがわかってきました。更年期障害のなかで、男性ホルモン(テストステロン)の低下によっておこる症状を総称してLOH(ロー)症候群と呼んでいます。
    出典 :LOH症候群(男性更年期障害)_いぐち腎泌尿器クリニック
  • テストステロンの分泌は20代にピークを迎えた後、徐々に減少していきますが、その量は年に1~2%と緩やかです。また、その減少率は個人差が大きいといわれています。
    しかし、まれに加齢やストレス、環境の変化によって急激な減少を起こすことがあり、LOH症候群の発症原因となります。
    さらに、テストステロンの減少によって引き起こされるのはLOH症候群だけではありません。男性らしい身体を維持するテストステロンの働きが弱くなることで身体機能や筋力が低下し、糖尿病や高血圧などの生活習慣病、メタボリック症候群になりやすいとされており、注意が必要です。
    出典 :女性だけじゃない!男性の更年期、LOH(ロー)症候群 |ヘルスケア情報|eo健康
  • こんな人は要注意

  • 第1に性格が几帳面でまじめ、責任感が強い人(いわゆるタイプAの性格と言われる人です)。

    このような人は知らず知らずのうちにストレスを自分の中にため込みやすく、結果的に更年期障害を悪化させてしまうことが多いのです。
    出典 :男性の更年期障害はこんな人に起こりやすい
  • 第2に、もともと男性らしい男性であった人。

    このような人は男性ホルモン(テストステロン)が青年期には大量に放出されていた状態であったはずです。それだけに、更年期に入り、男性ホルモン(テストステロン)の分泌が減ってしまうと、その落差が大きく激しい更年期障害の症状が出てしまうのです。
    出典 :男性の更年期障害はこんな人に起こりやすい
  • 第3に、運動不足の人や、ずっと激しい運動をしていたのに運動をやめてしまった人。このような人も、更年期障害の症状が出やすいようです
    出典 :男性の更年期障害はこんな人に起こりやすい
  • どんな症状がありますか?



  • 主な症状


    精神・心理症状
    抑うつ(気分がめいるなど)、いらだち、不安、不眠、無気力(やる気がしないなど)、精神的疲労感

    身体症状
    体調不良、腰・背部痛、関節痛、筋力低下、発汗・ほてり、睡眠障害、ひげの伸びが遅い、肉体的疲労感

    性機能症状
    性欲低下、勃起障害(ED)、射精障害、オーガズム障害

    検査所見
    骨密度の低下、体脂肪率の増加


    出典 :LOH症候群(男性更年期障害)_いぐち腎泌尿器クリニック
  • LOH症候群とストレスの関係性

    主な発症時期とされる40代半ば~50代半ばの男性は、家庭や職場などさまざまなシチュエーションでストレスを感じがち。そのため、だるさやほてりなどの身体的症状だけでなく、精神面での症状が出ることが多いようです。テストステロンは精神安定の作用もあるため、LOH症候群を発症しテストステロンが減少した状態だと、ストレス耐性が低下してしまい、さらにストレスに弱くなるという悪循環に陥ります。
    出典 :女性だけじゃない!男性の更年期、LOH(ロー)症候群 |ヘルスケア情報|eo健康
  • チェックリスト




  • なし  1
    軽い  2
    中等度 3
    重い  4
    非常に 5
    重い  6

    総合的に調子が思わしくない 1 2 3 4 5
    関節や筋肉の痛み 1 2 3 4 5
    ひどい発汗 1 2 3 4 5
    睡眠の悩み 1 2 3 4 5
    よく眠くなる、しばしば疲れを感じる 1 2 3 4 5
    いらいらする 1 2 3 4 5
    神経質になった 1 2 3 4 5
    不安感 1 2 3 4 5
    身体の疲労や行動力の減退 1 2 3 4 5
    筋力の低下 1 2 3 4 5
    憂うつな気分 1 2 3 4 5
    ”人生の山は通り過ぎた”と感じる 1 2 3 4 5
    力尽きた、どん底にいると感じる 1 2 3 4 5
    ひげの伸びが遅くなった 1 2 3 4 5
    性的能力の衰え 1 2 3 4 5
    早期勃起(朝立ち)の回数の減少 1 2 3 4 5
    性欲の低下 1 2 3 4 5
    合計 点
    出典 :女性だけじゃない!男性の更年期、LOH(ロー)症候群 |ヘルスケア情報|eo健康
  • <AMSスコア判定>
    50点以上 ⇒ 重度のLOH症候群の可能性があります。
    37~49点 ⇒ 中等度のLOH症候群の可能性があります。
    27~36点 ⇒ 軽度のLOH症候群の可能性があります。
    17~26点 ⇒ LOH症候群の心配は低いですが、不安な場合は医療機関へ相談しましょう。
    出典 :女性だけじゃない!男性の更年期、LOH(ロー)症候群 |ヘルスケア情報|eo健康
     

    セルフチェックしておきましょうね

  • 原因はこれ

  • テストステロンは、年齢とともに少なくなります。これは、精巣(睾丸)でテストステロンを分泌する細胞が減少することや、テストステロン分泌を促すホルモンの分泌量が減少することによるとされます。この根本的な原因はわかっていません。ただ、単にテストステロンが少なくなるだけではなく、ストレスなどもLOH症候群の発症に関係があるとされています。
    出典 :LOH症候群(男性更年期障害)_いぐち腎泌尿器クリニック
     

    年齢に関する原因です


  • また、他の薬剤(精神科領域の薬・胃薬など)が原因でテストステロンを下げるホルモンが増え、結果としてテストステロンが下がることもあります。 この場合、薬剤の変更・中止により改善が見られます。


    出典 :LOH症候群(男性更年期障害)_いぐち腎泌尿器クリニック
     

    薬剤も原因のひとつとされています

  • LOH症候群にならないために

  • 1)バランスのとれた食事をする

    テストステロンを増加させるには、肉や魚、豆類などの良質なたんぱく質が必要ですが、体内に溜まった脂肪は肥満、筋肉量の低下を招くことから、食べすぎは禁物。野菜や果物、海藻も合わせてバランスの良い食事をしましょう。

    2)運動を取り入れ、筋肉を鍛える

    筋肉を鍛えることで、テストステロンの維持が期待できます。運動でストレス解消効果も!

    3)ストレスの少ない生活を心がける

    ストレスがかかるとテストステロンが低下するため、ストレスのない生活を心がけましょう。くよくよしているとストレスが溜まりやすいので楽観的に過ごすことも大切です。

    4)自分の時間を楽しみ、リラックスする

    ストレスを感じて収縮した心身を、日常的にリラックスしてほぐし、ストレスを溜め込まないようにしましょう。

    出典 :女性だけじゃない!男性の更年期、LOH(ロー)症候群 |ヘルスケア情報|eo健康
  • 治療法

  • テストステロンを増加させる治療

    テストステロンを増加させるために、直接テストステロンを注射する治療(テストステロン補充療法)を行います。一般的には2~4週間おきに筋肉注射を行います。ひとまず2~3回注射を行い、症状の改善があるかどうかをみます。改善するようであれば、しばらく継続します。改善しないようであれば、他の病気の可能性を考え、他の検査や他科の受診をおすすめします。このほか、内服(副作用である肝機能障害が非常に多い。)、軟膏(効果が不安定なことがあり、保険診療で認可されたものがない。)などの方法もありますが、あまり一般的ではないようです。
    出典 :LOH症候群(男性更年期障害)_いぐち腎泌尿器クリニック
  • テストステロン補充療法による副作用

     

    ・多血症(赤血球が増える)
    ・肝機能の異常・脂質代謝異常
    ・前立腺肥大症・前立腺がん、乳がんの悪化
    ・睡眠時無呼吸症候群の悪化
    ・女性化乳房、ざ瘡(にきび)、皮膚(頬など)が赤くなる
    ・行動・気分の変化
    http://iguchi-jinhinyouki.jp/loh.html(引用)