「ねむ~い…」だけじゃない!以外と知らない?時差ボケの症状と解消法

時差ボケの症状って・・・どんなものか知ってますか?
年末年始、海外旅行に行きたい!
なんて思っている人、事前に時差ボケについて知っておくと良いかも。
“眠くなる”だけじゃないみたいですから♪

view1012

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 時差ボケとは

  •  

    体内時計が急激な時差により、対応しきれず困ってしまう状態。一般的に 時差ボケ と呼ばれているものは、概日リズム睡眠障害のひとつです。なぜ、時差ボケになるのか?簡単にいうと、時差ボケの原因は、渡航先との時差によって体内時計が狂うからなのです。人は朝起きて、昼間活動して、夜になったら眠くなるというサイクルを繰り返しています。毎日 同じリズムを繰り返すと、身体は眠気などを使って私たちに教えてくれたり、体温やホルモンの分泌を調節したりすることで教えてくれます。この役割を持っているのが体内時計です。体内時計はあなたにいつも同じような時間にスケジュールを知らせ、体の中でいろんな調節をしてくれています。それが、海外旅行などで時差が生じると、対応しきれずに困ってしまうというわけです。

    引用)http://眠り.com/sleep/jetlag/

  • わたしたちは、本来1日より少し長い周期の生体リズムを、太陽の光を浴びることや食事などの要因によって、24時間周期の社会生活に合わせています。そのため、時差によって到着地の生活時間と生体リズムにズレが生じると、睡眠や自律神経のリズムが乱れ、体の機能が一時的に不調和になってしまうのです。時差ボケ症状は、数日間同じ環境で過ごすうちに、生体リズムが到着地の生活時間に同調していくことで解消されます。そこにいたる日数には個人差がありますが、約1週間程度といわれています。
    出典 :【季節とねむり】意外と知らない!「時差ボケ」の仕組み&対策法 | ねむりラボ
     

    体が現地の時間に合うまで、1週間ぐらいかかるそうです。

  • 一般的に 時差ボケ と呼ばれているものは、睡眠医学では 時差障害 と言います。
    国際的な診断基準に従うと、次の3項目に当てはまる場合が、時差障害です。

    •ジェット旅客機に乗って、少なくとも3時間以上の時差がある場所へ旅行したときに、不眠や過眠を自覚する。

    •旅行後1~2日以内に、昼間の心身の機能が落ちたり、全身がだるくなったり、胃腸障害などの体の症状が出る。

    •その睡眠障害の状態が、他の睡眠障害や内科・精神科的な病気、薬物の使用などでは上手く説明できない場合。
    出典 :~時差ボケと睡眠~ | ぐっすり眠れる快眠法のすべて
     

    着いた途端に胃腸障害って・・・旅行が台無しじゃないですか~。

  •  



     「東回り」or「西回り」で症状が変わる!?

  • さらに、フライトで向かう先が、日本から「東回り」なのか、それとも「西回り」なのかによっても時差ボケの症状が若干異なると言われています。その原因は、ずれる時間帯のちがい。西回り=ヨーロッパ方面への移動では、時差により、いつもの生活時間よりも夜が「長く」なるため、夜更かしして生体リズムを調整する必要がでてきます。逆に、アメリカを含む東回りの移動では、夜が「短く」なるため、到着地の生活時間に合わせるためには、身体がまだ眠くなっていないうちに就寝し、朝は早く起きて生体リズムを前にずらさなければなりません。そのため、東回りのフライトの方が、時差ボケ症状が若干重くなる傾向があるようです。
    出典 :【季節とねむり】意外と知らない!「時差ボケ」の仕組み&対策法 | ねむりラボ
     

    どっち回りかによって症状に違いがあるようです。

  • 船や鉄道の時代には無かった症状だそうです。パイロットの人も大変だぁ・・・。

  •  




     “時差ぼけ”による色んな症状

  • ・昼間に眠くなる
    ・夜眠れない
    ・頭痛、めまい、目の疲れがある
    ・頭が重く、ぼんやりする
    ・吐き気がしたり、食欲がなくなる
    ・疲れがたまりやすい
    ・イライラする
    出典 :海外旅行の基本!時差ボケを治す対策と方法は?|知らないと恥をかく一般常識の壁
     

    眠くなるだけじゃなく、色々・・・なんですね~。

  • 時差ボケでツライのは到着2〜3日後?

     

    時差ボケの症状は、目的地に到着した直後が最も強いように思いますが、実際には2~3日目が一番辛いことがあります。外的脱同調(体内時計が狂うこと)は、到着直後がもっともひどく、時間とともに解消するのに対して、内的脱同調(体内時計が狂うことによってあらゆるリズムがバラバラになること)は、到着2~3日後に一番強くなることが原因です。

    引用)http://眠り.com/sleep/jetlag/

  • 「時差ボケ」の解消法

  •  

    ・出発前に時計を現地時間に合わせてみよう
    ・機内でしっかりと寝てみよう
    ・飲み物にも注意してみよう
    ・ときどき体を動かしてみよう
    ・到着した日の翌朝は朝日を浴びてみよう

    引用)http://korobehashire.blog86.fc2.com/blog-entry-367.html

  • 時差ボケ対策:東回り編

    先にお話ししたように、東回りのフライトでの時差ボケ対策は「早寝早起き」が肝心。旅行に出発する前から、少しずつ起床時刻を早めるようにしましょう。起床後などに30分程度明るい太陽の光を浴びておくのもおすすめです。また、昼食や夕食の時刻を早めると、生体リズムを前進させるのに効果的です。
    出典 :【季節とねむり】意外と知らない!「時差ボケ」の仕組み&対策法 | ねむりラボ
  • 時差ボケ対策:西回り編

    西回りのフライトはその反対で、出発前から少しずつ就床・起床時刻を遅くして、生体リズムを後ろにずらすようにしましょう。また、時差ボケを早く解消するには、到着初日の眠気をなるべくこらえ、現地の生活時間に合わせて夜になるまで睡眠を取らないことがポイントです。
    出典 :【季節とねむり】意外と知らない!「時差ボケ」の仕組み&対策法 | ねむりラボ
  • 現地時間に合わせて食事をとる

    先ほども述べたように、体内時計はすでに身体に刻まれています。他の国に移動したことにより体内時計の時間を調節する必要がありますよね。その場合、現在何時であるかを身体に認識させるため、現地の時間に合わせて食事をとることが大切です。
    出典 :一刻も早く治したい!時差ぼけに効果的な5つの解消方法 | iGotit
     

    食欲が無くても頑張る!

  • 現地で太陽の光をしっかり浴びる

    昔から人の身体は、太陽の光を浴びることにより朝だと認識し、活動的になります。そのため、現地で朝起きたらまずは太陽の光をしっかりと浴びましょう。これは「光療法」と呼ばれており、時差ぼけにとても効果的な方法といわれています。
    出典 :一刻も早く治したい!時差ぼけに効果的な5つの解消方法 | iGotit
     

    これが一番効果的?

  • 到着後、どうしても眠くなってしまったら

     

    時差ボケで眠くてたまらなくなってしまった場合は、現地時間の14時前後に20分程度の仮眠をとりましょう。人間は自然と14時前後に眠気の周期がやってくるので、現地のリズムに自分の体を合わせるためにも、このタイミングでの仮眠がおすすめです。帰国してからも、日本時間に再同調するにはやはり数日かかります。出発時と逆のプロセスで、無理せず身体をならしていきましょう。睡眠リズムを上手につかんで、楽しい休暇を過ごしてくださいね。

    引用)http://nemuri-lab.jp/story/point/2691/