成長に関わる大事な物質!パントテン酸とは☆

成長にとっても重要な物質のパントテン酸!
普通に食事をしていれば欠乏になる事はないですが・・・

view196

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • パントテン酸

  • パントテン酸はビタミンB5とも呼ばれ、補酵素のコエンザイムAなどを構成する水溶性ビタミンである。エネルギー代謝を支える重要な物質であり、不足すると、頭痛・抜け毛・手足の麻痺など多彩な症状が表れるほか、成長停止やバーニングフィート症候群、副腎疾患を発症することがある。
    出典 :【パントテン酸】エネルギー代謝を支える重要な水溶性ビタミン | ダイエットSlism
  • パントテン酸

     

    パントテン酸はビタミンB5とも呼ばれ、水やエタノールに溶ける水溶性ビタミンの一種なのです!
    補酵素のコエンザイムAやホスホパンテテインを構成している誘導体でもあるそうです
    どこにでもと言えるほど多くの食品に含まれているため、普通に食事をとっていれば摂取不足による欠乏症を引き起こすことはまずないようです!

  • 効果

  • ● ストレスをやわらげる効果
    パントテン酸はホルモンの合成にも関わっており、ストレスをやわらげる副腎皮質ホルモンの働きを促進させて、ストレスへの抵抗力を高める効果があります。
    出典 :パントテン酸 | 成分情報 | わかさの秘密
  • 動脈硬化を予防する効果

     

    パントテン酸は、血中の善玉コレステロールの合成促進に関わり動脈硬化を予防する効果があります!
    コレステロールは脂質のひとつで、食事から摂った後肝臓でつくられて、細胞膜やホルモンの材料となります
    このコレステロールは2種類のたんぱく質によって運ばれます!

  • ● 肌と髪の健康を保つ効果
    パントテン酸はビタミンCの働きを助ける役割をしています。特に、肌の奥にある真皮層の約70%は、コラーゲンというたんぱく質でつくられており、潤いや弾力を保っています。
    出典 :パントテン酸 | 成分情報 | わかさの秘密
  • エネルギー代謝に関わる

  • パントテン酸はコエンザイムA(CoA)と呼ばれる補酵素の構成成分として糖質、脂質、アミノ酸代謝に関わっています。糖質代謝ではピルビン酸とCoAからアセチルCoAが作られ、エネルギーを作り出すクエン酸回路へと入ります
    出典 :パントテン酸の効能
  • エネルギー代謝

     

    糖質、脂質、アミノ酸代謝で補酵素として関わる酵素反応はピルビン酸脱水素酵素、α-ケトグルタール酸脱水素酵素、脂肪酸酸化酵素、脂肪酸合成酵素、HMG-CoAカルボキシラーゼ、アシル・CoA合成酵素など140以上にも及びます
    何だか難しいですね・・・

  • 食品と量

  • どんな食品に多く含まれていますか
    パントテン酸は、広く食品に含まれますが、特に多いのはレバー、納豆、さけやいわしなどの魚介類、肉類、卵などです。
    出典 :パントテン酸 | グリコ 栄養成分百科
  • どれくらいとったらよいですか
    不足すると、成長障害、手足の知覚異常、頭痛や疲れなどがおこることが知られていますが、広く食品に含まれることから、通常の食生活で欠乏症はめったにありません。
    出典 :パントテン酸 | グリコ 栄養成分百科
  • 不足すると

  • パンテトン酸が不足すると多彩な欠乏症状が表れる
    パントテン酸の欠乏症状は、頭痛、めまい、抜け毛、不眠、食欲減退、手足の麻痺や痛み、疲労感など多彩である。成長ホルモンの減少や灼熱脚症候群、副腎疾患を引き起こすこともある。
    出典 :【パントテン酸】エネルギー代謝を支える重要な水溶性ビタミン | ダイエットSlism
  • パントテン酸の大量摂取に関しては、重篤な副作用が表れたなど深刻な健康被害は報告されていない。
    口からの摂取10gまであれば安全性が示唆されている。ただし人によってはお腹を下す場合があり、また妊婦や授乳中にある者も安全保障がされてないため、大量摂取は避けるのが望ましい。
    出典 :【パントテン酸】エネルギー代謝を支える重要な水溶性ビタミン | ダイエットSlism