日本人に増えている大腸がん。そのステージ分類、大腸がんの進行速度はどのくらい?

食生活の西洋化が加速したことにより増えているといわれる「大腸がん」。いったい大腸がんにかかるとその進行速度はどのくらいで、どんなステージ・過程をたどるのでしょうか?

view7753

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 大腸がんは進行速度が遅いとも言われているけど本当?

  • 年齢や性別、がんの種類によって、その進行速度には違いがあるのでしょうか?

    一般的には、大腸がんの進行速度は遅い目だと解釈されているようです。

  • 大腸がんというのは、その他のがんに比べても進行速度は遅いといわれています。その進行速度は胃がんと比べると1/10程度であると言われており、非常に進行の遅いがんであるということが分かると思います。
    出典 :大腸がんの進行速度 - 黒川本舗
     

    早期発見で治癒する率が高くなりますね

  • 一般的に、「乳がん・前立腺がん・胃がん・大腸がん」は進行が遅いがんと言われています。その中でも特に乳がんは緩やかに進行していきます。

    こういったように、がんができた臓器によって進行の早い遅いという事はありますが、年齢が直接的に影響してくることはありません。性別についても、女性は比較的若い年齢でがんに罹りやすく、全体で見れば男性よりもがんの罹患率が低いですが、男女でがんの進行速度に違いがあるわけではありません。
    出典 :高齢者よりも若い人の方がガンの進行が早い? | はじめてガン保険
     

    部位としては大腸がんは進行速度が遅いようです

  •  

    発生部位によっても進行速度が異なります

  • ●年齢によって進行速度に違いがあるというのは本当か嘘か?

  • たとえば胃がんでは30歳以下場合発生頻度は少ないですがで、がん細胞がばらばらのもの(低分化腺がん)がほとんどでありこれらは進行が早く、80歳以上の高齢者の場合では腺管の形をとるもの(高分化腺がん)が多くこれらは進行が比較的遅いので、まとめてみるとそのような傾向があるように見えますが、がんの進行速度はどのような組織であるかが重要です。
    出典 :【がん治療センター】 市民公開講座 順天堂医院
     

    癌の発生組織、部位が影響。

  • 「高齢者のがんは進行が遅く、若い人のがんは進行が早い」という話を聞いたことがある人も多いと思います。私も医療やがんの勉強をするまではそう信じていました。

    若い年齢でがんになると症状が出ないうちに進行し、がんが見つかった時には手遅れだったというような事も聞きます。

    しかし、結論から先に述べると「がんを発症した年齢によって、進行具合に違いが出るという事はありません。」
    出典 :高齢者よりも若い人の方がガンの進行が早い? | はじめてガン保険
     

    年齢は関係ない?

  • ●大腸がんの進行速度はなぜゆっくりなの?

  • 大腸がんの進行速度が遅い理由としては、大腸がんを発症する過程が関係しています。全体の大腸がんの9割以上は、もともとはポリープだったものが癌に変化をしてしまったものです。ポリープが癌へと変化した場合には進行が非常に遅いのです。そのため大腸がんのほとんどは進行が遅いといわれているのです。
    出典 :大腸がんの進行速度 - 黒川本舗
     

    100%遅いとは限らないのでご注意を

  • 大腸がんは早期発見が大事!検診をうまく利用しよう!

  • 40台以上になったら受けたいのが、「大腸ガンドック」。検査を定期的に行い、大腸がんが進行する前に発見しましょう。

  •  

    検査を受けて、安心しよう

  • 大腸がんは40歳以上の人に多く見つかります。40代の方は早期発見・早期治療のためには毎年定期的に検査を受けることが大切です。とても簡単な方法なので、手軽に検診が受けられます。(専用容器で便を少量採るだけなので簡単で清潔な検査です)ほとんどの大腸がんは、早期発見・早期治療で治るのです。
    出典 :大腸がん・ポリープとは|新日本橋石井クリニック
     

    気付かないうちに進行・・・は回避したいですね