普通のパックだけじゃ物足りないなら!【オロナイン法】を使おう

鼻の黒ずみが気になる人はパックをしている
という人もすくなくはないはずですが
そんなときに役に立つのがオロナインなのです

view567

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 口コミで広がったのがオロナインパック

  • 「オロナインパック」をご存知ですか? これは今、インターネットで話題になっている毛穴パック利用術のこと。鼻用毛穴パックを使う前に、パックをする箇所に「オロナインH軟膏(以下、オロナインと略)」を塗布すると、角栓がとても良く取れるというものだ
    出典 :【独女通信】クチコミで広がる「オロナインパック」とは? - ライブドアニュース
     

    オロナインは万能ですね

  • 美容ライターのSさんによれば、「2005年あたりからクチコミで広がり始め、女子アナや女性タレントが美容雑誌およびブログでオロナインパックという言葉を使ったのをきっかけに、一気にブレイクした」のだとか。ちなみにGoogleで「オロナイン パック」とキーワード検索をするとなんと約26,800 件がヒットする。
    出典 :【独女通信】クチコミで広がる「オロナインパック」とは? - ライブドアニュース
     

    今ではもっと多くなってきています

  • とりあえず知っておく毛穴パックの正しい方法

  • 1.蒸しタオルをあてて毛穴を開かせる。
    2.シートを貼る部分に水をまんべんなく付ける。
    霧吹きがベスト。
    3.水分が乾かないうちに素早くパックを貼る。
    出典 :毛穴パックをするまえに知っておくべきこと | 毛穴ケアnavi
  • 4.鼻をなるべく動かさないよう時間を置く。
    5.一定時間の後、静かにパックを剥がす。
    パック剤が残らないようにキレイに洗い流します。
    6.化粧水でケアをする。
    出典 :毛穴パックをするまえに知っておくべきこと | 毛穴ケアnavi
  • オロナインパックの正しい方法

  • 1、ぬるま湯でしっかり洗顔します。この時にメイクはしっかり落としておいて下さいね。2、オロナイン軟膏をたっぷり塗布します。1㎜以上の厚さで塗布することをお勧めします。3、そのまま10~20分放置します。より効果を実感したい方は、その状態でお風呂に浸かることをお勧めします。この時放置時間は20分程度が目安です。
    出典 :毛穴の黒ずみがゴッソリ取れる「オロナインパック」5ステップ
  • 4、オロナイン軟膏を洗い流します。この時、ぬるま湯を使うようにしてください。冷水だと毛穴が引き締まってしまうので効果が出にくくなります。5、鼻を湿らせたまま、市販の毛穴パックを行います。このとき、お風呂からは上がってくださいね。汗をかいた状態でパックをしても効果は期待できません。
    出典 :毛穴の黒ずみがゴッソリ取れる「オロナインパック」5ステップ
  • 6、剥がした後は冷水や収れん化粧水で毛穴をしっかりと引き締めます。7、たっぷりと保湿してください。以上の工程をすることによって、毛穴がしっかりと開き、市販の毛穴パックの効果がより実感でいるのです。また、オロナイン軟膏には殺菌作用や消炎作用もあるので、ニキビにもその効果を発揮してくれます
    出典 :毛穴の黒ずみがゴッソリ取れる「オロナインパック」5ステップ
  • 噂のオロナイン法で角栓は取れるのか?

     

    【オロナイン法】
    あらかじめパックをしたい部位に
    オロナイン軟膏を少量塗って
    毛穴パックを行うという民間療法的なもの

  • なぜオロナインなのか

  • 何年か前から「オロナイン」を使用した毛穴パックが「効果的だ」という噂があります。 噂というよりも、インターネットの口コミで広がった「美容裏ワザ」といった方が良いでしょう。 美容ブロガー、タレント、女子アナたちに広まり、雑誌などで取り上げられたのが引き金となっているようです
    出典 :毛穴パックをするまえに知っておくべきこと | 毛穴ケアnavi
  • 「オロナイン」は言わずと知れた大塚製薬さんの「皮膚疾患・外傷治療薬」です。オロナイン毛穴パックとは、単純にオロナインを鼻に塗って、5~10分放置してからぬるま湯で洗い流し、その後ふつうに毛穴パックをするという方法で、通常の2倍近い量が取れたという報告もあるようです。
    出典 :毛穴パックをするまえに知っておくべきこと | 毛穴ケアnavi
  • トラブルはもちろん自己責任

     

    なお、毛穴パック後は収れん化粧水などで毛穴を引きしめることが大切。また、オロナインパック法はメーカー側が推奨しているものではないので、トラブルがあっても自己責任。肌にあわないと感じたときは、すぐに使用を中止したほうがよいだろう。