涙袋が腫れて痛い!目に炎症が起こった時の対処法について!

涙袋が腫れて痛い場合、どんな対処法が効果的なのでしょうか?
調べてみると様々な対処法がありますが、中には間違った対処法もあります。
間違った対処法を行った場合、症状を悪化させる危険性が高くなってしまいます。
正しい対処法を知って、腫れや痛みを早めに鎮めましょう。

view74

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 涙袋が腫れて痛いときの正しい対処法!

  •  

    涙袋が腫れて痛い場合の対処法として、まずは眼科に行くことが大切です。
    涙袋が腫れて痛い場合、ものもらいやはやり目などの病気が考えられます。
    このような病気は、早めに眼科を受診することが大切です。
    放置してしまうと、症状が悪化するだけでなく周囲の人にうつしてしまう恐れもあります。
    眼科で診察を受けると、症状に合わせて点眼薬が処方されるかと思います。
    医師の指示通りに点眼薬を使うことで、症状の悪化を防ぐことができます。
    点眼薬は、たくさんさせば効果が得られるものではありません。
    適切な時間、量を守って使用しましょう。

  • 炎症がひどく、痛みがある場合は冷やすと痛みがやわらぎます。
    出典 :目の腫れを治す方法
     

    涙袋が腫れて痛い場合は、温めるのではなく冷やしましょう。
    冷やすという対処法には、炎症を鎮める効果があります。
    冷やすだけで完全に炎症が治まることはありませんが、腫れや痛みが酷い場合には試してみる価値があるかと思います。
    ただし、冷やすといっても水を目に直接当てて冷やすことは望ましくありません。
    タオルを濡らしてよく絞り、目の上に乗せる方法が効果的です。
    また、氷や保冷材を使う場合は、清潔なタオルなどにくるんで使用しましょう。
    目はデリケートな部位ですので、あまり冷たすぎると刺激が強くなってしまいます。

  •  

    涙袋に腫れや痛みがある場合、極力目を擦らないように心がけましょう。
    炎症が起こっている目は通常よりもデリケートな状態です。
    目を擦ることによって細菌やウイルスが付着してしまうと、より大きな目の病気に発展してしまう危険性もあります。
    また、万が一感染しやすい病気だった場合、目を擦ることによって感染拡大が心配されます。
    手洗いをして手を清潔に保つことはもちろんですが、目も清潔に保つことが大切です。
    ものもらいやはやり目では、目やにが出やすくなってしまいます。
    そのため、清潔なティッシュや綿棒などでこまめに目やにの掃除を行いましょう。
    このような対処を行うことで、涙袋の腫れや痛みの回復を助けることができるのではないでしょうか。

  • 涙袋が腫れて痛いときにやってはいけないこと!

  • できればコンタクトレンズの使用を控える、アイメイクも控える、などといった対策も目の腫れを早く治す方法になります。
    出典 :目の腫れを治す方法
     

    前述したように、目に炎症が起こっている時は目を清潔に保つことが重要なポイントとなります。
    この時にメイクをしてしまうと、化粧品の汚れで炎症が更にひどくなってしまう恐れがあります。
    メイクを落とす際のクレンジングの刺激も炎症には良くないため、控えましょう。
    また、コンタクトレンズには目には見えないゴミや細菌がたくさん付着しています。
    目がデリケートな状態の時にコンタクトレンズを使用してしまうと、細菌感染しやすくなるため使用を控える必要があります。
    仕事上アイメイクやコンタクトレンズをせざるを得ない場合もあるかと思いますが、そのような時はなるべく短時間に抑えることが大切です。

  •  

    目の疲れにはホットタオルが効果的ですが、目に炎症が起きている場合にはホットタオルを目に当ててはいけません。
    前述したように炎症は冷やすことで鎮まり、逆に温めることで炎症が悪化します。
    目が痛いときには冷やした方が良いの?それとも温めた方が良いの?
    このような疑問を抱いている人は少なくありません。
    目の痛みがあくまでも疲れによる場合は温める、炎症によって目が痛い場合には冷やすことが効果的です。
    このような対処法は、覚えておいて損はないかと思います。