イクメンブーム!日本初ファザーリング・スクールやイクメン宣言した芸能人まとめ

イクメンブームが到来して久しいですね。2006年には、日本では初めてとなる父親学校「ファザーリング・スクール」が開校しました。イクメン宣言している芸能人もたくさんいますので、ご紹介します。
イクメンって本当に格好いいですよね!

view56

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 育児がどれだけ大変かってこと、この10年くらいでやっと世間は気づいてくれるようになりましたね。

    それまでは育児は母親の仕事!
    母親は結婚したら家庭に入って子育てに専念して、家事と育児をこなすのが当たり前。
    子どもを保育園に預けて仕事に出るなんて、育児放棄だ!なんて言われていた時代もありました。

    しかし、子育ては、他のどんな仕事よりも大変なんです。
    だって、何もできない人間を世の中の役に立つ人間に育て上げなければならないんですから!
    母親って言ったって、出産しただけで育児のプロじゃないんです。初めての赤ちゃんに対して
    何をすれば良いのかなんて、産んだだけじゃ分かりませんよ。
    赤ちゃんにとって親は二人いるんです。だったら二人で子育てするのは自然です。

    作る時には二人なのに育てるのは一人って、特別な事情が無い限り、やはりおかしいですよね?
    男の人が積極的に育児に参加するのは、とても素晴らしいことですよ!

  • ファザーリング・スクール

     

    2006年に日本で初めてNPO法人により設立された父親学校「ファザーリング・スクール」
    画像左に写っているのが、校長の安藤哲也さんです。

    長らく少子化の時代が続いていますが、出産・子育て世代の女性にインタビューすると
    子どもは2人生みたいと希望している人がほとんどなんだそう。
    しかし、実際には一人しか産めない現状に、経済不安や環境不備といった背景があるようです。

    2人以上出産している女性の場合には、夫の協力があったから、という意見が多かったそうで
    少子化を止めるには、男性の育児協力が不可欠であるということが分かります。

  • 育児を楽しむパパを養成する、日本初の本格的な父親学校です。これまでファザーリング・ジャパン(略称:FJ)で培ってきた「父親の育児」に関するノウハウを活かし、充実したプログラムラインナップを揃えたスクールを開始します。講師は各分野のエキスパート。現役パパ・ママ講師による同じ親目線の内容で、専門性の高い、様々なテーマの講座を盛り込みました。
    出典 :ファザーリング・スクール -日本初の、父親学校誕生-
     

    実際に受講したパパの感想を見てみましょう。

  • 市の両親教室でもお風呂の入れ方くらいだったので、こうやって父親業を学ぶ場があって良かったなと。逗子でも何かこういう場を作りたいなと話してたら、「男性は知識の提供も大事だけど、子どもを良く見るというスタンスも学ばないと。泣いたらすぐママにパスする人多いけど、ママだから泣き止むわけでなく、ママはちゃんと見て泣く理由に応えてるから泣き止むのよ」と
    出典 :ファザーリングスクール修了。 : 逗子父日記 〜ずしっとにっき〜
     

    これは参加したパパが自分の奥さんから言われた言葉だったそうです。なんだかズシっときますね。

    確かに、おむつ替えも調乳も、やり方を覚えてしまえばそんなに難しくはありません。何もすることが無い時に子どもとどう向き合うかの方が、特に赤ちゃんの時はそれが大変なのです。

    おむつもぬれてないし、お腹もすいていないのに泣き止まない赤ちゃんはいます。
    眠いわけでもありません。理由はないのに泣いている時もあります。
    でも抱っこでゆらゆらしたら泣き止むことがあります。
    これは甘えたかったのですね。
    泣き止んだから下ろしたら、また泣き出しました。
    お母さんはまた抱っこするでしょう。そうやって1時間、2時間・・・
    お母さんは手がふさがっていて、その間、自分のことが何もできません。

    赤ちゃんを育てる大変さは、この辺にあるのです。

  • 第一回: 11月27日(水) トップが本気になれば、子育て環境は変わる~元祖イクメン首長が語るパパ育児論(基調講演:成澤廣修氏)第二回: 12月11日(水) 園代表が教える子どもとの関わり方(講師:内山恵介)第三回: 12月25日(水) ポジティブ子育て講座 &子育てソングミニライブ(講師:高祖常子&西村直人)第四回: 1月 8日(水) シュフ男子の家事講座
    出典 :ファザーリング・スクール:[本科]スクールのカリキュラム
     

    こちらは第11回のカリキュラムの内容になります。紹介したのは一部ですが、全部で8回の講座になります。
    子育てだけじゃなく夫婦の問題も取り上げています。きっと家族みんなのためになる講座ですよ!

  • 小渕優子ママが、イクメンを語る
    父親学校「ファザーリング・スクール」の基調講演に、第2子を出産して育休中だった小渕優子議員が登壇。小渕さんの家のパパの子育ての様子もお話し下さいました。
    出典 :2/3 小渕優子ママが、イクメンを語る [出産準備] All About
     

    最近大臣を辞職した小渕優子さんですが、二人のお子さんを育てるママでもあります。
    子育てしながら大臣にまで登りつめるって本当に大変だったでしょうね。
    きっとご主人の支援が大きかったのでしょう。

  • ワーク・ライフ・バランスの3悪と言われているのが、マスコミ、官僚、永田町ですが、夫はそのマスコミの人。仕事はかなり忙しいですが、妻の産後に有給を使って休んでいる人は多いようで、夫もそのようにして休みを取ってくれました。二人目出産の時には、上の子と夫との生活でしたから、夫も育児に目覚めたみたい。これだドラマになるな~と言っていました。
    出典 :3/3 小渕優子ママが、イクメンを語る [出産準備] All About
     

    ご夫婦で保育園までお迎えに行くこともあるそうですよ。
    パパまで来てくれたら、お子さんはさぞ嬉しいでしょうね。

  • イクメン宣言した芸能人

  • スポーツライターの乙武洋匡さん

     

    現在スポーツライターとしてテレビなどでも活躍している「五体不満足」の著者・乙武洋匡さん
    2児のパパですが、イクメン宣言しています。

  • 「おむつ替え」や「抱っこ」に「高い、高い」――手足のない僕には、ほかのお父さんと同じようにできないことが多いけれど、僕は僕なりのやり方で、育児に参加していきたいと思う。ふたりの息子たちが、かわいくて、かわいくて仕方ないから!
    出典 :育てる男が、家族を変える。社会が動く。イクメンプロジェクト
     

    きっとオリジナルの彼らしいユニークな子育てをしているのではないでしょうか?

  • タレント セイン・カミュさん

     

    なんと3児のパパであるタレントのセイン・カミュさん
    日本語ペラペラの明るいキャラクターで、日本で大人気の外国人タレントですよね。

  • 僕はカミさんとのパートナーシップを大切にし、お互いにコミュニケーションを絶やさないよう心がけています。これはいくつかある「イクメン」到達へのコツのひとつかも知れません。きっと大変なこともあると思いますが、あっという間に過ぎてしまいます。一日一日、イクメンを楽しんで過ごしてください。私、セイン カミュは「ザ・イクメン」であることをここに宣言します。
    出典 :育てる男が、家族を変える。社会が動く。イクメンプロジェクト
     

    夫婦で協力することが、子育てには大事なんですよね。

  • ロンドンブーツ1号・2号の田村亮さん

     

    男の子2人のパパである売れっ子芸人ロンドンブーツ1号・2号の田村亮さん

    イクメン宣言は亮さんらしいひと言です。

  • 身の丈にあった子育てでいいんです。
    出典 :育てる男が、家族を変える。社会が動く。イクメンプロジェクト
     

    彼の生き方のスタンスになってそうですよね。