【恋愛心理学】浮気はさせたくない!出来る事をしよう!

永遠の恋の悩みというのが浮気ですよね
そんな浮気は絶対にさせたくないものです
させないように対策をしましょう

view199

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 永遠の恋の話題は・・・

  • 恋人とつきあっていくなかで、恋人の浮気を疑ったり、反対に自分が浮気をしたりということがおこりますよね。一般的には、男性の方が女性よりも浮気をしがちだと考えられています。なぜ、男性の方が浮気をしてしまうのでしょうか。その理由について、恋愛心理学と進化心理学のふたつの側面から考えてみます
    出典 :「男が浮気する理由」恋愛心理学と進化心理学観点で解明
     

    両面からみると楽しいですよ

  • 男女で好きという感情高まり方が違うので浮気される

     

    私達は、一言で好きといいますが、この好きを恋愛心理学では、恋愛と好意の感情とに区別して考えます。恋愛は恋人に対しての、好意は友人に対しての感情であり、一般的にいわれるような、LOVEとLIKEの違いです。

    女性は、この恋愛感情と好意感情を区別するのに対して、男性は混同しやすいといわれています。

  • 男女の浮気心理の違い

  • 男性の浮気の心理とは、積極的で男らしい人が主に種の保存・存続のために一人の女性だけでなく、複数の女性と関係を持つというのが生物的な心理です。男の人は愛情は愛情、性欲は性欲と別れているそうなので浮気したとしても一時的なものということがあるそうです。
    出典 :男性の浮気の心理、女性の浮気の心理
  •  

    一方で女性の浮気の心理は男性に愛想が尽きたというか、愛情を求めて他の人に流れることもありますが、一線を越えてしまうと女性の心はもう別の人のもとに移ってしまいます。男性と違い女性は愛情と性は結びついているためのようでした。日本では浮気自体が悪だとされています

  • 男女で違う原因

  • 男性の場合は性的欲求を満たすためが浮気する理由になります。据え膳くわぬは男の恥というやつでしょうか?恥でも何でもありませんが、ただ単に性的欲求だけを求めてきた見ず知らずの女の人でも引っかかってしまうのが男の人です。
    出典 :男性の浮気の心理、女性の浮気の心理
  •  

    逆に女性は心を満たすために浮気します。ですから女性が性的な関係を持ってしまうと、もう彼のもとへ戻ってこない可能性が高いというのはそのあたりからきているのです。男女で求めるものが違うために、浮気してしまっていることがあるということがわかると、浮気に対する見方が少し変わりそうですね。

  • 生物の本能も関係している

  • 人を好きになることを通じて、繁殖のパートナーを選び、子孫を残していくのです。できるだけ多くの自分の遺伝子をもつ子孫を残したい。そう考えるのは、生物としての本能ともいえます。しかしここで問題になるのが、男女の身体的生理的な違いです。女性は妊娠すると、そのあいだは新たに繁殖することができません。
    出典 :「男が浮気する理由」恋愛心理学と進化心理学観点で解明
  • 繁殖可能な子孫の数は限られています。そのため、繁殖パートナーを吟味する必要があり、そう簡単に浮気をするわけにはいきません。けれども男性は、自分が出産をするわけではないので、つねに繁殖が可能です。できるだけたくさんの子孫を残そうという本能から、繁殖のパートナーを探し求め続け、結果として浮気になってしますのです。
    出典 :「男が浮気する理由」恋愛心理学と進化心理学観点で解明
  • 浮気対策をしよう