スキンケアの必需品!石鹸を選ぶときの忘れてはいけないこと

スキンケアにおいて石鹸選びは重要です。ある程度の個人差はありますが、自分の肌質で石鹸を選んで見てください。

view118

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 弱酸性や薬用といった洗顔石鹸も確かに肌に優しいのかもしれないのですが、実際に注目したいのが原材料にあるようです。いくら弱酸性や薬用といえども、原材料によっては、肌に合わなくて、肌トラブルを招いてしまう事の原因になり兼ねないというのです。
    出典 :スキンケアの石鹸の選び方 【おばあちゃんが証人!石鹸でピカピカになるスキンケア】
     

    原材料は確かに大事ですが、こだわり過ぎてもダメなんですよね。あくまで自分の肌との相性が大事です。最悪それだけを考えて選んでもかまいません。

  •  

    石鹸は肌との相性がありますから、ある程度個人差があることを忘れないようにしましょう。

  • まず大前提となるのが「宣伝や世間の評判で判断しないこと」。派手なCMなど露出が多い製品が必ずしも優れているとは限りません。さらに口コミで人気の高い製品も本人の肌質に合わなければ期待した効果は得られないでしょう。
    出典 :洗顔石鹸の選び方
     

    CMや人の意見はとても気になりますが、使うのは自分ですので。

  •  

    人の意見やCMは参考程度にとどめることが重要です。

  • 普通肌・脂性肌・乾燥性脂性肌に向いた石鹸

  • 牛脂やパーム油主体の石鹸がおすすめです。牛脂やパーム油はステアリン酸やパルミチン酸という脂肪酸を多く含みます。これらの脂肪酸から作った石鹸は皮脂の主成分であるスクワレンを洗うのが得意。皮脂分泌が順調な普通肌・脂性肌・乾燥性脂性肌の方にぴったりです。
    出典 :洗顔石鹸の選び方 - 石鹸百科
     

    皮脂が原因のべとつきを取るにはこれらが良いみたいです。

  • 牛脂やパーム油の石鹸は洗顔に適した水温(30℃くらい)では溶けにくいという欠点があるのです。
    出典 :洗顔石鹸の選び方 - 石鹸百科
     

    石鹸としては使いにくいという訳です。

  • そのため、通常はより低温で溶けるヤシ油やパーム核油の石鹸を全体の2~3割混ぜて使いやすくします。いわゆる昔ながらの石鹸にもこの配合比率のものがたくさんあります。
    出典 :洗顔石鹸の選び方 - 石鹸百科
     

    欠点を補うために他のモノを混ぜているという訳です。こうすることで石鹸としても利便性を上げています。

  •  

    専門店には豊富に置いてあります。

  • 乾燥肌に向いた石鹸

  • オレイン酸の多い石鹸がおすすめです。オレイン酸は、オリーブ油や米ぬか油などに多く含まれています。
    出典 :洗顔石鹸の選び方 - 石鹸百科
     

    油に良く含まれている成分みたいですね。

  •  

    自分で似合っているかちゃんと確かめてみましょう。トライアルセットみたいなものがあるのでしたらそれで確認することを忘れずに。

  • オレイン酸主体の石鹸は皮脂の成分であるスクワレンを洗う力が弱めです。そのため、たくさん出た皮脂をさっぱり洗いたいというときには物足りないのですが、少ない皮脂を大事にしなければならない乾燥肌を洗うには適しています。
    出典 :洗顔石鹸の選び方 - 石鹸百科
     

    皮脂を洗い落とすのが主眼ではなく、残り少ない皮脂を肌の感想対策として適度に残すことが主眼となります。

  • 「オレイン酸」の石けんは、低水温に強く、真冬の冷たい水にも優れた洗浄力を発揮し、溶け残りもなくお湯を使う必要はありません。
    出典 :ハイネリーの石鹸には手肌の潤いを保つオレイン酸がたっぷり含まれています
     

    低温でも使えるのがオレイン酸の石鹸の長所です。

  • 皮脂の分泌が少ない人は、クレイやぬか袋など石鹸よりも洗う力がマイルドな洗浄剤を取り入れたり、ぬるま湯だけで洗うなどの方法を試すのもよいでしょう。
    出典 :洗顔石鹸の選び方 - 石鹸百科
     

    乾燥肌がひどい場合は、思い切って石鹸を使わないようにするのも一つの手ですね。

  • このオレイン酸、保湿力がたかいので、ニキビ肌のひとは要注意。
    出典 :石けんの選び方−お風呂のソムリエSHOP
     

    ニキビがさらに酷くなる恐れがありますので、ご注意を。

  •  

    ニキビ肌の方は、ニキビ肌に対応した石鹸を使いましょう。