急性肝硬変 、肝硬変が急に悪化してしまうと   

急性肝硬変 、肝硬変が急に悪化してしまうと・・
肝硬変の急な病状悪化についてまとめました。

view229

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 肝硬変

  • 肝炎やアルコールが原因で肝臓の細胞が破壊されつづけると、再生能力の高い肝臓といえども限界が訪れます。肝臓の中に線維が増えて固くなり、見た目にもゴツゴツとしたこぶだらけの臓器になります。この状態を肝硬変といいます
    出典 :肝臓病(肝硬変) | e治験.com
  • 何らかの原因で肝臓に炎症が起きるのが肝炎、慢性化して肝臓の状態が悪くなったのが肝硬変です。そして、肝がんの多くは肝硬変まで進んだ肝臓から発生するとされます。
    出典 :「肝炎→肝硬変→肝がん」と進むのを阻止する|肝臓(2/6)|ニッスイ企業情報サイト
  •  

    肝炎やアルコールなどが原因で肝硬変になるといいます。

  • 急性肝硬変

  • 病態が急性増悪して、自覚症状と肝機能障害が強くなったり、あるいは黄疸、浮腫・腹水、意識障害などが現れているような時期には入院管理が必要になります。
    出典 :肝硬変<肝臓・胆嚢・膵臓の病気> - goo ヘルスケア
  • 肝硬変が急に悪化してしまうと

  • 食道静脈瘤(しょくどうじょうみゃくりゅう)
    わかりやすくいうと、肝臓の中の門脈という血管が、肝硬変などの理由で肝臓に消化管から吸収された栄養分を運ぶ門脈という血管の圧が上がり、脇道である食道静脈にたくさんの血が流れ込み、食道粘膜の下に瘤ができるの症状です。悪化すると、血管が破裂して大量出血することもあります
    出典 :難病ドットコム > 消化器系疾患 > 自己免疫性肝炎 > 基本用語集
  • 黄疸(おうだん)
    血液中にビリルビンという物質が増えることによって、皮膚や白目が黄色になってくる症状です。皮膚が痒くなることもあります。自己免疫性肝炎の場合、肝機能が急に悪化した場合や、肝硬変になっているときに出ることがあります。
    出典 :難病ドットコム > 消化器系疾患 > 自己免疫性肝炎 > 基本用語集
  • 肝硬変の病状が急に悪化してしまうと、食道静脈瘤や黄疸の症状が・・

  • 入院・治療

  • 肝臓という臓器は再生力がとても優れているため、適切な治療さえすれば、医療界で難病と言われている肝硬変と腹水の症状を抑えることが可能です。特に、慢性肝炎から発展した肝繊維化肝硬変は、もっと治療できる可能性が高いです。
    出典 :肝硬変の治療
  •  

    希望を持って治療を行いたいですね!

  • 肝硬変から正常の肝臓に戻ることはないので、現在の肝機能をいかに保つかが治療の要点です。肝硬変の治療は、進行状態、時期により異なってきます。
    出典 :肝硬変(かんこうへん)
  • 腹水、黄疸、静脈瘤破裂などの症状が出現した非代償期の肝硬変は、入院加療が必要になってきます。腹水には利尿薬を投与し、静脈瘤の破裂には止血チューブでいったん止血した後、内視鏡により硬化療法(硬化剤を注入し止血する)を行ないます。
    出典 :肝硬変(かんこうへん)
  • 虎ノ門病院

     

    〒105-8470 東京都港区虎ノ門2丁目2番2号
    TEL:03-3588-1111(代)

  • 東海大学医学部付属病院

     

    〒259-1193
    神奈川県伊勢原市下糟屋143
    TEL 0463-93-1121(代表)

  • 京都大学医学部附属病院

     

    京都大学医学部附属病院 〒606-8507 京都市左京区聖護院川原町54 TEL.075-751-3111(代表