無痛で自覚症状があまりない内痔核と出血の怖さ

痔は座っているのもつらいというイメージがありますが、内痔核と出血の場合これにあてはまりません。ある日突然出血!いったい何の病気かしら?と不安になりますね。今回は内痔核の出血についてまとめました。

view169

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 内痔核ってどんな病気?

  • 痔には、主にいぼ状のはれができる「いぼ痔(痔核)」、肛門の皮膚が切れる「きれ痔(裂肛)」、肛門に膿のトンネルができる「痔ろう」の3種類があります。
    このうち、いぼ痔には、肛門内部にできる「内痔核(ないじかく)」と、肛門の外側にできる「外痔核(がいじかく)」とがあります。
    出典 :痔の基礎知識|ボラギノール
  • 内痔核
    肛門内側にはあまり痛覚がなく、内痔核の場合は大きな痛みがないことが多いです。
    出血で初めて気づくというケースもあります。ひどくなってくると、排便時などにイボが中なら出てくるようになります
    出典 :症状のまとめ|いぼ痔SOS
  • 内痔核と出血とは?

  • 「痔がある感じはしないし、痛くもないのに、(便器が赤くなるなどの)びっくりするくらいの出血をする」というのが、第Ⅰ度の内痔核が気付かれる時の症状なのです。
    出典 :痛くもないのに、出血!「内痔核(いぼ痔)」かも??|痔 肛門病 女性専門・女医 松島ランドマーククリニック
  • 内痔核の症状は4段階に分けられます。
    第1段階 自覚症状がない
    第2段階 排便時など力むと痔核が外に出てくる
    第3段階 外に出てきた痔核がもとに戻らない
    第4段階 脱肛の状態

  • 出血の様子

  • 真っ赤な鮮血で、トイレットペーパーにつくような水っぽい血の場合は、痔の可能性が高いでしょう。
    出典 :血便が出た!大腸がん?それとも痔?~基本的な血便の見極め方
  • 内痔核と出血の時の治療方法は?

  • 注射療法による治療のため、内痔核を切らずに脱出と出血を治療します。
    痔核を切り取る手術と違って痔核の痛みを感じない部分に注射するため、「傷口から出血する」、「傷口が痛む」といった患者さんの身体的・精神的な負担が軽減されます。また、入院期間も短縮でき、社会生活への早期復帰が期待できます。
    出典 :切らずに治す!?痔の治療法==笛吹中央病院==
  • 内痔核の治療

  • 同じいぼ痔でも外痔核はなんと妊婦が痔にかかりやすいそうです。
    妊娠中は胎児の成長と共に子宮が大きくなるため、直腸周囲の血管が圧迫され、血液の循環が悪くなります。特に妊娠後期になると、赤ちゃんの頭も身体も大きくなって重くなるため、肛門はうっ血しやすくなります。このため、妊娠後期~臨月にかけて痔になりやすく、産後も含めて、2人に1人が痔になっているそうです。2人に1人は見逃せない数字ですよね。

  • 痔を再発させないために

  • •便通を整えるために食物繊維や水分を摂る•便意があったら我慢せずトイレに行く•トイレに長居をしない。いきむのは3分以内で無理に出しきろうとしない•下痢を防ぐためにアルコール類、香辛料などは控える•腸の働きをよくするために適度な運動をする•便秘の原因になる無理なダイエットはしない
    出典 :切らずに治す!?痔の治療法==笛吹中央病院==
  • 他、おしりに負担のかかる事はしない。
    長時間同じ姿勢で座らない。ストレスをためないなど..があります。