妊婦体操で万全な体調管理をしよう!

妊娠中はゆったり過ごすだけじゃない!体操をしてしっかり体調を管理しましょう!
元気な赤ちゃんを産むために健康な体を維持する方法をご紹介します。

view392

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊娠中は心と体のケアが必要です!

  •  

    栄養管理と適度な運動をすることが
    妊娠期間中はとっても必要です。

    安産にも有効な妊婦体操はぜひおススメ!

  • 妊婦体操って?

  • 妊娠中は、お腹が大きくなるにつれて、その重みで背中や腰に負担がかかり、背中の痛みや肩こり、腰痛になることが多いです。その痛みを和らげるためのストレッチや、妊娠中の運動不足解消などにと「妊婦体操」という体操があります。
    出典 :【妊婦体操】- 妊娠to安産.com
     

    どんどん体も重くなりますからね~

  • どんなメリットがあるの?

  • ■お産に必要な体力をつける。
    ■筋肉や関節を柔軟にし、強化する。
    ■便秘や腰痛、足の疲れを防ぐ。
    ■心身のリフレッシュとリラックス。
    出典 :Exercise
     

    妊娠中は腰痛になりやすいですよね。
    お産には体力も必要ですからしっかりケアしておきたいものです。

  •  



    赤ちゃんのために元気で健康なママになりましょう!

  • 妊婦体操で注意すること

  • ■お腹が張ったり、痛みや出血など流産・早産の兆候があるときは、体操を一時中止してください。
    ■体操をする前に衣服や腹帯をゆるめましょう。
    ■ 少しずつでも毎日続けることが大切です。
    出典 :Exercise
     

    赤ちゃんもいる大事な体です。
    無理は禁物ですよ!

  • 妊娠初期からできる運動

  • 椅子に座って、または仰向けに寝て、足指・足首を上向きにそらして一呼吸、反対に足首・足指を伸ばして一呼吸を繰り返します。(片足ずつでも両足同時にでもOK)



    足の血行を良くし、足の疲れや足のむくみの解消、足のつり(こむらがえり)、静脈瘤を予防します。
    出典 :【妊婦体操】- 妊娠to安産.com
     

    こむらがえりは妊婦さんは特になりやすいです。
    毎日気がついたらやってみましょう。

  •  




    このくらいなら体に負担はかかりませんね

  • 妊娠中期からの運動

  • 床に、ひざを立てて仰向けに寝ます。
    そのままひざを、左右に倒します。
    息を吐きながら・・ゆっくり1・2・3・4で右に倒し、息を吸いながら1・2・3・4でひざが上を向いた元の姿勢にに戻します。左も同様に。

    出典 :【妊婦体操】- 妊娠to安産.com
     

    骨盤まわりの筋肉がほぐれ腰痛予防にもなるそうです。

  •  



    骨盤まわりも大切です。

  •  





    ステキなママになりましょう!!