【関節リウマチ】診断と細かい治療法

関節リウマチが診断されるときと
細かい治療法を
まとめてみました

view281

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 手のこわばり

  • 起床時や長時間体を動かさずにいた後、関節がこわばり動かせない。手を握ろうとしても関節が曲がらず握りこぶしを作ることができない。
    出典 :関節リウマチ:ドクター's コラム|eo健康
     

    意外とこういうパターンが多いのです

  • 手指第二関節の腫れ

  • 第二関節の周りが腫れて膨らみ、時間差で左右の手指が同じ状態となる。左右の手を比べると判別しやすい
    出典 :関節リウマチ:ドクター's コラム|eo健康
     

    全然違う人もいます

  • 手指第三関節の腫れ

  • 第三関節の周りが腫れて関節の凹凸がなくなり、丸みを帯びた状態となる。左右の手を比べると判別しやすい。
    出典 :関節リウマチ:ドクター's コラム|eo健康
     

    一目瞭然の事がありびっくりしますよ

  • 知識として

  • サイトカイン

    関節リウマチを起こしている関節の滑膜からは、インターロイキン-1、インターロイキン-6、TNF-αなどのサイトカインが異常に多く分泌されていることが分かっています。

    自己免疫疾患

    関節リウマチなど自己免疫疾患の多くは、男性よりも女性に起こりやすいという特徴があります。
    出典 :アステラス製薬|なるほど病気ガイド|関節リウマチ
  • 解熱鎮痛薬と胃の障害

    関節リウマチの痛みや炎症を抑える目的で使われる非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)を飲み続けると、胃炎や胃潰瘍の副作用が起こることがあります。
    出典 :アステラス製薬|なるほど病気ガイド|関節リウマチ
  • 米国リウマチ学会の診断基準

  • この診断基準は、1時間以上持続する朝のこわばり、6週間以上持続する左右対称性の多関節腫脹や皮下結節、リウマトイド因子陽性、X線所見などの7項目で構成されています。4項目は医師の診察所見から得られ、「関節痛」ではなく「関節炎」と記載され、「痛い」では診断に至らず、腫脹や関節液貯留などの炎症所見を医師が把握することが必要です。
     血清リウマトイド因子(リウマチ反応)が陽性だからリウマチであると即決するのは誤解で、一部の健常人や肝臓病患者でも陽性になります。逆に、リウマチ患者の約2割は反応陰性で、陰性だからといって本症を否定はできません。最近では、CCP抗体が精度の高い検査として評価されています。また、疾患の活動性や治療効果の評価には、むしろ赤沈や血清CRPが有用です。
     専門の医師による十分な問診と診察、検査、X線所見から総合的に判断すれば、診断は比較的容易です。たとえば、リウマチ反応陽性でもひとつの関節痛だけではリウマチは否定的です。また、目や口の乾き、乾いた咳などのリウマチ特有の関節外症状は、診断の補助となります。
    出典 :関節リウマチ<膠原病と原因不明の全身疾患> - goo ヘルスケア
  • 治療方法

     


    薬物治療やリハビリテーションなどもあります
    しっかり知っておくことが大切です
    身近な人でなっている人は多いものなのです
    手助けが出来るかも知れません

  • ≪薬物療法≫

    症状に対する効果によって抗炎症薬(NSAIDs)、抗リウマチ薬(DNARDs)、ステロイド、生物学的製剤など数段階の薬が用いられます。抗炎症薬は関節の腫れや痛みを和らげる効果がある即効性の薬ですが、炎症を根底から取り除くことはできません。抗リウマチ薬は原因といわれる免疫異常に作用し、病状の進行を抑える働きがあるもっとも使われる薬です。しかし効果が出るまでに半年ほどかかることもあるのが難点です
    出典 :関節リウマチ:ドクター's コラム|eo健康
     

    強力なものにステロイドがありますが
    再発の危険性や感染症に危険性もあります

  • 治療効果が明確な標準的治療薬は、メトトレキサート(リウマトレックス、メトレート)です。また、レフルノミド(アラバ)、サラゾスルファピリジン(アザルフィジンEN)、タクロリムス(プログラフ)も、国内外で使用されています。
    出典 :関節リウマチ<膠原病と原因不明の全身疾患> - goo ヘルスケア
  • ≪手術療法≫

    外科的な治療法としては、増殖した関節の滑膜を取り除く滑膜切除術や破壊された関節の機能を再建させる人工関節置換術、壊れた関節を固定して痛みをとる関節固定術、変形の進んだ足指の関節を切り取って矯正する関節切除術などがあります。人工膝関節で歩行可能になった例は多数あり、機能保持期間は15~20年くらいといわれています。しかし手術を受ければ一生症状が出ないわけではなく、人工関節の磨耗やゆるみなどのケアも必要となるため、整形外科医とよく相談することが大切です。
    出典 :関節リウマチ:ドクター's コラム|eo健康
  • ≪リハビリテーション≫

    リハビリテーションには、運動によって関節や筋肉の機能を維持する「運動療法」や水や温水、超音波などを使い血液の循環を良くする「物理療法」、関節変形を予防、矯正、保護するための装具を使った「装具療法」などがあります。いずれのリハビリテーションも病状の進行を抑え、自立した日常生活を営むために重要な作業となるため、毎日少しずつでも続けられるようにすることが重要です。
    出典 :関節リウマチ:ドクター's コラム|eo健康
  • 関節リウマチになりにくいようにするには

  • 関節の腫れと痛みは、免疫機能の異常により引き起こされていますので、免疫機能を低下させないように、以下のことが有効だとされています。
    •ストレスを溜めない
    •しっかりと睡眠をとる
    •バランスの取れた食事を心がける
    •出産時のストレスにも注意する
    •喫煙を避ける
    出典 :関節リウマチ:ドクター's コラム|eo健康
  • 飲酒、喫煙は、関節リウマチの症状を悪くしますか?
    回答過度な飲酒は避けましょう。喫煙は関節リウマチを悪化させたり
    、肺の合併症を悪くすることがあるので、禁煙しましょう。
    出典 :アステラス製薬|なるほど病気ガイド|関節リウマチ Q&A詳細
  • 関節に大きな負荷がかからないようにして筋力をつけ、関節の動く範囲を広げるような運動をしましょう。水中歩行がお勧めです。
    関節リウマチの患者さんが、関節を動かさずにいると、関節の動く範囲が狭くなり、腱や筋肉も弱まり、症状が悪くなることにつながります。症状がひどくない時は、リハビリテーションに取り組みましょう。

    出典 :アステラス製薬|なるほど病気ガイド|関節リウマチ Q&A詳細
  •  

    しっかりと治療と
    リハビリをする事が大切です
    リハビリは日ごろの運動不足の解消にも
    役立ちますよ