教えて!妊婦が食べてはいけないもの

妊娠中はできるだけ体にいいもの、赤ちゃんにいいものを食べたいですよね!でも、普段は体に良くても、妊娠中には良くない食べ物もあるので、注意が必要です。

view228

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • カフェイン

  •  

    妊娠初期に一日コーヒーを8杯以上飲む妊婦は、妊娠の継続に重大な悪影響がある可能性があり、4~7杯飲む妊婦でもその危険が2倍も高まるといわれています。
    しかし、カフェインは気分をリラックスさせる効果があるので、一日1~3杯のコーヒーは、妊婦のリラックスには良いといわれています。また、一日300mgまでのカフェインは妊娠への影響はないと言われています。

  • アルコール

  • 『ちょっとだけなら妊娠中でもお酒を飲んでいいのかな?』という気がしますが、実はこれが生まれてくる赤ちゃんに胎児性 アルコール 症候群という異常をもたらしてしまうことがあるのです。
    出典 :妊娠中の飲酒注意、胎児性アルコール症候群 [飲酒・アルコール] All About
  • 胎児性アルコール症候群とは、妊娠中の飲酒によるアルコールの影響で、生まれてくる赤ちゃんに発達障害や行動障害、学習障害などが現れる障害のことです。特有の顔貌があったり、小奇形を伴うことでも知られています。いままでは、 妊婦 さんの大量飲酒でおこるといわれていましたが、最近、少量でも発生したとの報告もありました。
    出典 :妊娠中の飲酒注意、胎児性アルコール症候群 [飲酒・アルコール] All About
     

    飲まなければ防げる障害は、防いであげたいですね!

  • マグロ

  • まぐろは、昨年厚生労働省が発表した「妊娠初期に胎児に影響する可能性があるメチル水銀濃度が高い魚」に含まれます。食べてよい量はまぐろが刺し身4切れ程度、ツナ缶は80gをそれぞれ週1回以下。ただし影響は未確認なので、必要以上に心配しないで
    出典 :選び方、食べ方でクリアしよう 妊娠中に不安な食べ物 【1】 - gooベビー
  •  

    マグロだけではなく、他にもメチル水銀が多く含まれる魚があるので、チェックしておきましょう!

  • 生肉

  • 生肉やよく火が通っていないお肉を食べる時に注意すべきウイルスは、「O-157」と「トキソプラズマ」です。
    出典 :妊娠中に控えた方がいい食べ物-赤ちゃんの部屋
  • 「O-157」は、家畜の糞便に含まれており、何らかの原因でお肉などの食品に付着し、それを生で食べてしまう事で感染します。症状は、下痢・腹痛・発熱・嘔吐・血便・だるさなどがあり、症状が重い方だと痙攣や脳症を引き起こす事があります。
    出典 :妊娠中に控えた方がいい食べ物-赤ちゃんの部屋
  • 過去にトキソプラズマに感染した事がなく免疫を持っていない妊婦さんが感染すると、胎児に重い障害(先天性トキソプラズマ症)がのこる可能性があると言われています。割合としては、妊娠時期にもよりますが10~70%の割合で胎児に感染し後遺症をのこすと言われています。
    出典 :妊娠中に控えた方がいい食べ物-赤ちゃんの部屋
     

    トキソプラズマはペットとの接触だけかと思われがちですが、生肉でも感染の可能性があるのです。
    盲点なところだと、生ハムも注意が必要だとか…
    妊娠中は、どの食材も加熱してある方が安心して食べれますね。

  • ひじき

  • 以前イギリスで、ひじきには有害な無機ヒ素が含まれていると発表されました。厚生労働省で日本での1日の摂取量や許容量を試算した結果、毎日4.7g以上を摂取しなければ問題はないとされています。偏らず、バランスよく食べることが大切です。
    出典 :選び方、食べ方でクリアしよう 妊娠中に不安な食べ物 【1】 - gooベビー
  •  

    食べてはいけないわけではありませんが、量に注意が必要なようです。
    鉄分を摂るのに、ひじき!ってなりがちですが、偏らずいろんな食材から摂りましょう。

  • レバー

  • 「 妊婦 がビタミンAを7,800μg/日以上摂取すると、胎児に奇形を起こす可能性が高くなると報告されています。ビタミンAを多く含む食品(レバーなど)を1回程度食べたような条件では、この過剰摂取による影響をそれほど心配する必要はありません。」と掲載されています。
    出典 :妊婦さん!レバーは避けましょう [栄養管理] All About
     

    これまた、鉄分摂取のために…と、思い出す食材ですよね。鉄分は無理に食材に頼らず、サプリメントを使用する方が安全かもしれません。

  • 豚レバーは100g当たり13,000μg、鶏レバーは100g当たり14,000μg、牛レバーは100g当たり1,100μgのビタミンAを含みます。100グラムの重さの目安は、一口サイズの角切り肉が5個分くらいです。よって、特に意識せずに食べると、すぐに過剰摂取になるので注意する必要があります。
    出典 :妊婦さん!レバーは避けましょう [栄養管理] All About
  • リン酸

  • ハムやちくわなどの加工品やコーラに含まれる添加物です。

    普通に妊娠していないときに摂取する分には、危険な添加物ではなく、妊娠中も食べてはいけないものではありませんが、リンには、カルシウムの吸収を抑えてしまう作用があるそうです。
    出典 :妊娠中に気をつけたい食品添加物