肺炎球菌ワクチンを接種しましょう!!

肺炎球菌は免疫のはたらきが十分でない、乳幼児や高齢者に様々な病気を引き起こします。肺炎球菌によって起こる主な病気には、肺炎、気管支炎等の呼吸器感染症や副鼻腔炎、中耳炎、髄膜炎、菌血症などがあります。本来であれば菌が検出されない場所(血液や脳脊髄液など)から菌が検出される病態(髄膜炎、菌血症など)を特

  • pocca 更新日:2013/11/29

view290

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 肺炎を予防できる、肺炎球菌ワクチンとは?

  • このワクチンは1回の接種で肺炎球菌の23種類の型に対して免疫をつけることができます。現在90種類以上の肺炎球菌の型が報告されていますが、この23種類の型で成人の肺炎球菌による感染症の80%以上がカバーできます。

  •  

    肺炎球菌ワクチンは接種することで肺炎を予防できます。また、インフルエンザの予防接種も接種することでさらなる予防が期待されるそうです。

  •  

    肺炎の症状

    発熱、咳、痰、呼吸困難、全身倦怠感、胸痛など。初期はのどの痛みはあまりないが、痰を排出しようと咳を繰り返すことで炎症を起こす場合がある。

  • 肺炎の治療


  • 細菌性肺炎が疑われる場合は細菌にあった抗生物質の投与を行うが、原因菌特定には、喀痰培養同定・感受性検査など、時間のかかる事が多く菌の種類を推定して抗生剤の選択を行うことが多い。肺真菌症では抗真菌薬、ウイルス性肺炎では対応した抗ウイルス薬を用いる。

  • 西田敏行、肺炎予防のCMに登場 - YouTube

  • 75歳以上の方には助成があります。

  • 肺炎球菌ワクチン接種にも助成があります。

    接種金額は約8000円ですが、助成により5000円ほどで接種可能です。

  • インフルエンザの感染拡大を防ぐために~高齢者介護施設編~ - YouTube

  • 元気なうちに予防しましょう!!

  • まだ大丈夫だと言っている今こそ、接種のチャンスです。インフルエンザも怖い病気ですので、予防接種にて予防することも一つの方法です。

  • インフルエンザ予防接種は65歳以上は助成があり1000円で接種できます。

  • 冬は体調管理も難しいですね。自分の体は自分で守るためにも、正しい情報、必要な情報を得て、健康維持に努めましょう!