男性側に原因のある不妊について

不妊に悩む夫婦は多いです。その原因が女性の側にある場合、男性の側にある場合で対処の方法は違いますが、ここでは男性側の場合について、いろいろまとめてみます。

view305

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • なんと衝撃的なデータが!

  • 知識不足の一例は、不妊原因に対する理解だ。日本では、「不妊は女性だけに原因がある」との偏見がいまだに強い。WHO(世界保健機関)によると、不妊原因のうち、「男性のみ」が24%。男女双方に原因がある場合を加えると、約半分のケースで男性が関係している。

    「日本の不妊治療は女性側に偏っており、男性側の対策はほとんどなされていない。米国でも豪州でも不妊治療では必ず夫婦で受診する」と男性不妊を専門とする石川病院の石川智基副理事長は言う。
    出典 :不妊の原因、その半分は男性です | みんな不妊に悩んでる | 東洋経済オンライン | 新世代リーダーのためのビジネスサイト
  • なんと男性に原因がある場合は、半数に達するとは知っていましたか?不妊というと、どちらかというと女性のイメージが強いですが、これは目から鱗です。男性不妊についての情報が足りていない証拠です。

  • では男性不妊の場合の原因とは???

  • いったいどんなことが原因で男性の不妊が起こるのでしょうか?

  • 原因1:乏精子症

  • 男性不妊の9割以上を占めるのが、精子をつくる機能に問題のある造精機能障害ですが、その大半は原因がわからない特発性造精機能障害になります。乏精子症とは、この造精機能障害によって、射出された精液中の精子濃度が低い状態で、夫婦生活による自然妊娠が難しいと考えられます。

    WHOが2010年に改訂した精液所見の基準値では、精子濃度は1mLあたり1500万個以上とされています。精液所見は変動が激しいので、間隔をあけながら精液検査を数回行い、常に基準値を下回ると乏精子症と診断されるわけですが、自然妊娠しやすい精子濃度とされるのは1mLあたり4000万個以上、総運動率は50%以上ともいわれており、不妊治療を行う施設独自の基準値を設定しているところも少なくありません。また、逆に下限という意味では数100万個/mLの精子濃度で自然妊娠されるケースも、ごくまれにありますので、奥さまの年齢やそのほかの不妊原因の有無を考慮しながら治療法を選択していかれるのがいいでしょう。
    出典 :乏精子症 | 男性不妊.info
  • 原因2:無精子症

  • 無精子症とは、精液中に精子が全く存在しない症状を言います。
    無精子症は列記とした不妊の原因であり、深刻な問題として認識しなければなりません。



    無精子症でも「閉塞性無精子症」と「非閉塞性無精子症」の2つに分類され、
    このうち「閉塞性無精子症」は、
    精巣内で精子は作られているが、精子の通路がふさがっていることで、無精子症と診断されるのです。



    無精子症の原因と対策
    また「非閉塞性無精子症」は、
    精巣内で精子が作られていない状態になります。
    無精子症の中の8割を占めていると言われています。



    どちらにしても専門の医療機関での治療が必要です。
    漢方薬や治療薬を利用し改善する方法をとります。



    無精子症だからと諦めることはありません。
    無精子症と診断されても妊娠するご夫婦はたくさんいます。
    出典 :無精子症の原因と対策
  • なんと100人に一人ぐらいの割合でいるそうです。

  • 原因3:精子無力症

  • 射出精液内の精子の運動率が低い状態を、精子無力症といいます。精子は、鞭毛を動かし卵子を目指して泳いでいきますので、運動率の低さ、とくにまっすぐ高速で泳ぐ精子の割合が低いことは、妊娠しづらさにつながります。

    先天的な原因が大半ですが、前立腺炎やおたふく風邪による精巣炎、高熱、精索静脈瘤、などが原因になっているケースもあります。ごくまれに慢性呼吸器疾患の方が、重度の精子無力症を合併されることも(カルタゲナー症候群)。なお、長期間の禁欲も運動率を低下させます。
    出典 :精子無力症 | 男性不妊.info
  • 原因4:勃起障害(ED)

  • 勃起不全(ぼっきふぜん、英: Erectile Dysfunction; ED)は、男性の性機能障害(Sexual Dysfunction; SD)の一種であり、陰茎の勃起の発現あるいは維持のできないために満足に性交の行えない状態、または性交時に有効な勃起が得られないため満足な性交が得られない状態、通常性交のチャンスの75%以上で性交が行えない状態]である。勃起機能障害、勃起障害、より一般的には陰萎、(性的)不能などとも呼ばれる。
    出典 :勃起不全 - Wikipedia