家族が、友人が【くも膜下出血】で後遺症が残ったら

view1047

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 脳出血の一つ「くも膜下出血」は、発症すると死亡率が約50%と非常に高く、とても怖い病気です。
    一命をとりとめたとしても、処置が遅れると再出血の危険性もあり、様々な後遺症が残るリスクがあります。
    日常生活に影響がでてくる後遺症。
    くも膜下出血のリハビリの基礎知識をまとめました。

  • くも膜下出血を患った有名人

  • 料理研究家・小林カツ代さん

     
     

    テレビや婦人雑誌などでお馴染みの小林カツ代さんも、くも膜下出血を患った有名人の一人です。2005年8月に発症し幸い一命は取り留めたものの、現在でも自宅療養中で復帰の目途は立っていない状態です。

  • その他、俳優の田宮五郎さん(リハビリ中)、globeのボーカルのKEIKOさん(復帰)など

  • くも膜下出血とは

  •  
  • 脳をおおう3つの膜

     
     

    頭蓋骨の下で脳の表面を覆う膜は3つあります。外側から硬膜、くも膜、軟膜になります。

  •  くも膜下出血の症状

  • バットでなぐられたような突然の激しい痛み

     
  •  
  • もし家族がくも膜下出血を患っったとして...後遺症が残ったら

     
  • くも膜下出血のリハビリ

  •  
  •  
  • リハビリは「急性期」「回復期」「維持期」の三つの時期に分けて行われる。

     
  •  
  •  
  •