美肌のために生活習慣で気をつけるべき事

美肌のために高級な化粧品やサプリを購入する前に日頃の生活習慣を見直してみませんか。ちょっとした生活習慣の見直して、美肌に近づけるかもしれません。

view105

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 「年齢不詳肌をつくる7つの習慣」

     

    1.ビタミンCを積極的に摂る
    2.1日1個のトマト
    3.1日1食は動物性のタンパク質を取る
    4.おやつにも気を抜かない
    5.体を冷やさない
    6.忙しい時は、手軽にジュースで栄養補給
    7.休日こそ、お料理にひと手間かける

  • に思春期を過ぎた大人に多いのが、ストレスや睡眠不足による肌荒れです。甘く見がちではありますが、ストレスと睡眠は肌の調子に密接に関係しています。もしもあなたがこれに当てはまっているようであれば、ひとつずつ改善していくことで、肌の調子にいい影響があるでしょう。
    出典 :美肌のための生活習慣 - 美肌の基礎知識 - 美肌工房
     

    美肌には良質な睡眠あるのみ!

  • 栄養バランスの取れた食事

    お肌にいい食材があるとその食材ばかり食べる人がいますが、おすすめできません。お肌はバランスの取れた食事の栄養素で作られています。タンパク質を取る時は野菜を一緒にとるなど、組み合わせて食べるように心がけましょう。基本は和定食のようにタンパク質、野菜類、炭水化物をまんべんなく食べる事が大事です。1日でバランスよくと考えると大変ですので、数日の食事を考えたときに、バランスよくなるように次の食事を決めると続けやすいでしょう。
    出典 :美肌を作るための4つの生活習慣の基本 | 美肌マニアの美容情報
     

    美肌はバランスで作られます。偏った食事はNG!

  • 正しいスキンケアの基本をおさえておきましょう。お肌に刺激になるようなことは控えて優しくお肌のケアをしましょう。

    •クレンジング
    •洗顔
    •化粧水
    •美容液
    •クリーム・乳液
    出典 :美肌を作るための4つの生活習慣の基本 | 美肌マニアの美容情報
     

    正しいケアを学びましょう。また過剰なケアは逆効果の場合もあります。

  • 定期的な運動で代謝を高めましょう。運動する事により血行が良くなり、栄養が細胞に行き渡りやすく、老廃物も排泄しやすくなります。運動を続けると筋力もつきます。筋肉は普段の生活でもエネルギーを消費しやすく、基礎代謝を高めるには必須です。ジムやスイミング教室に通うとなるとハードルが高い気がしますが、週に1〜2回のウォーキングでも効果がありますし、簡単なストレッチでも大丈夫ですので、手軽に取り入れられる事から始めて見て下さい。
    出典 :美肌を作るための4つの生活習慣の基本 | 美肌マニアの美容情報
     

    適度な運動は、身体にも美肌にも良い効果を与えます。

  • 毎日お肌をチェックしましょう。

     

    お風呂に入った後のスキンケアなどで肌の状態をチェックする人も多いかと思いますが、お肌の調子が一番気になるのは朝の化粧前ではないでしょうか。忙しい朝は、ついつい肌荒れが気になりつつも、仕方なく普段通りのメイクをしてしまいがち。肌荒れを起こしていたら、化粧前にケアすることが大切です。吹き出物が出ていたら、「オロナイン」などの軟膏で炎症が悪化しないようにすること。かさつきが目立つ部分には、化粧水を多めに使ったり、集中ケア用の美容液を使ったり、コットンを使って3分パックするなどします。また、油分が気になる時は、ファンデーションを塗る前におしろいを顔全体に使用してみてください。

  • メイクをした後などは毛穴にどっさり汚れが詰まっているものです。仕事帰りなど疲れているときはついついスキンケアも適当になってしまいがちですが、面倒くさいならずに1日の汚れをその日のうちに取り除く習慣を身につけましょう。
    出典 :美肌を作るための生活習慣とは?~美肌スキンケアの方法~
     

    しっかりクレンジングの習慣をつけましょう。

  • 夏など薄着のシーズンになってくると紫外線ケアを行う人が増えてきます。しかし、真の美白を目指すのであれば、1年を通して紫外線対策を行うべき。というのも、紫外線というのは1年中降り注ぐでいるものであり、季節によって紫外線の量は異なりますが、紫外線が肌に与えるダメージというのはとても大きいものなんです。季節に合わせて紫外線対策のためのアイテムを変えながら、毎日が紫外線との戦いだという意識をしっかりと持ってください。
    出典 :美肌を作るための生活習慣とは?~美肌スキンケアの方法~
     

    紫外線対策は一年中行いましょう。

  • シミ、ソバカスに効く食べ物

     

    シミやソバカスなどができる原因というのはメラニン色素が皮膚に沈着してしまうことによって起こります。つまり、効果的にこれらのメラニン色素を抑制したり、肌に沈着してしまったメラニン色素を肌のターンオーバーによって排出することが解消方法としてとても有効になってきます。そこで摂取したい栄養素がビタミンCとビタミンEです。ビタミンCはシミやソバカスの原因であるメラニン色素の生成を抑制し、透明感のある美肌を作り上げることができます。

  • 糖質や脂肪分の多い食事を控える甘いものや脂っこいものを多く食べると、それはそのまま肌のトラブルに直結します。特ににきびができやすい体質の人は、皮脂の分泌が多くなってしまうので、避けたいところです。
    出典 :美肌のための食事 - 美肌のための生活習慣 - 美肌の基礎知識 - 美肌工房
     

    脂ものの食べ過ぎには注意しましょう。

  • ビタミンA(ベータカロチン)
    ビタミンAは、体を覆っている皮膚や粘膜を作ってくれる栄養素で、これが不足すると乾燥したり、肌荒れを起こしたりします。また抗酸化作用があるので、肌の老化も防いでくれます。

    ビタミンAは主に緑黄色野菜に多く含まれていて、油といっしょにとるようにすると吸収されやすくなるので、油で軽く炒めるなどして食べるようにするといいでしょう。

    ※ビタミンAの多い食品
    ニンジン、赤ピーマン、春菊、パセリ、小松菜、ニラ、ほうれん草、鶏レバー、ウナギ、卵など
    出典 :美肌のための食事 - 美肌のための生活習慣 - 美肌の基礎知識 - 美肌工房
     

    ビタミン類の効果を知って、バランスよく食べましょう。

  • ビタミンB
    ビタミンBには、B1、B2、B6、B12といった種類のものがありますが、特にB2、B6は、皮脂の過剰分泌を抑えて、にきびを予防してくれます。ビタミンB群は納豆、豆腐、豆乳などの大豆系の食品や、魚、豚肉などに多く含まれています。

    ※ビタミンBの多い食品
    豚肉、玄米、納豆、卵、鯖、マグロ、カツオ、イワシ、サンマなど
    出典 :美肌のための食事 - 美肌のための生活習慣 - 美肌の基礎知識 - 美肌工房
     

    動物性たんぱく質も摂りましょう。

  • 美肌といえばビタミンCが有名です。有名なだけあって、やはり美肌とビタミンCは切り離せない関係にあります。抗酸化作用によって、肌の老化を抑えたり、コラーゲンの生成を助けて肌のはりを保ってくれたり、シミの原因となる紫外線対策にも効果があります。

    ※ビタミンCの多い食品
    ブロッコリー、赤ビーマン、ゴーヤ、カリフラワー、かぼちゃ、モロヘイヤ、柿、アセロラ、いちご、オレンジ、グレープフルーツ、じゃがいも、さつまいもなど
    出典 :美肌のための食事 - 美肌のための生活習慣 - 美肌の基礎知識 - 美肌工房
     

    美肌の味方ビタミンC!

  • 美白にはハイビスカスティ-やローズヒップティーがおすすめです。

    ハイビスカスティーは、ビタミンCが豊富で、シミ予防に効果があります。

    ローズヒップティーはハイビスカスティーとブレンドされることもあり、
    ビタミンCが豊富シミ予防だけでなく、ビタミンA、E、鉄分の補給にもいいでしょう。
    出典 :美肌をつくる水分補給-美肌をつくる10の習慣
     

    美白に効く飲料習慣です。

  • ・シワ
    シワには杜仲茶がいいでしょう。
    落葉樹である杜仲の葉を乾燥させたもので、
    副交感神経に作用し血圧を下げます。

    コラーゲンの生成に関わるためシワ予防におすすめです
    出典 :美肌をつくる水分補給-美肌をつくる10の習慣
     

    杜仲茶もいいみたいですね。