代謝アップでダイエット効果が得られる!代謝を上げるためには?

代謝アップでダイエット効果が得られることは、ダイエットに励む女性ならば誰もが知っていることかと思います。
では、この代謝とは具体的にどのようなものなのでしょうか?
また、代謝を上げるために効果的な方法もまとめました。

view65

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 代謝アップでダイエット!

  •  

    多くの人はダイエット目的で運動や食生活の見直しを行います。
    これらには、代謝が大きく関係しているのです。
    具体的に、代謝には基礎代謝・生活活動代謝・食事誘導性熱代謝の3つがあります。
    これら3つの中でも、ダイエットに大きく影響するのが基礎代謝です。
    基礎代謝は、生活の中で何もしていなくても消費されるエネルギーのことを指します。
    もちろん寝ている時もエネルギーが消費されています。
    このような基礎代謝を上げれば、日常生活の中でエネルギー消費量が多くなります。
    摂取カロリーよりも消費カロリーが増えれば、必然的にダイエットに繋がりますよね。
    基礎代謝アップでダイエット効果が得られるということを覚えておきましょう。

  • •肝臓:27% •脳:19% •筋肉:18%
    •腎臓:10% •心臓:7% •その他:19%
    出典 :ダイエットの基礎知識(3)基礎代謝を上げるには? | スキンケア大学
     

    体内で主に基礎代謝が消費されるのはこれらの部位です。
    中でも、肝臓が最も大きくなっています。
    次いで脳、筋肉でもエネルギーがたくさん消費されていることが分かりますね。
    このうち、ダイエットをするうえで重要なポイントとなるのが肝臓と筋肉です。
    肝臓は食生活の見直しで、筋肉は運動によってそれぞれ基礎代謝をアップすることができます。
    一般的にダイエットには食生活の改善と運動が必要と言われているのは、このためです。

  • 代謝アップに効果的なこととは?

  • 運動する
    運動によって得られる効果は、1日おきだと90%、2日おきだと70%、週に1度だと20%にまで下がってしまうといわれています。
    出典 :基礎代謝量アップ特集〜No.1 - ダイエットピンキー
     

    代謝アップでダイエット効果を得るためには、運動が欠かせません。
    ただし、運動をするならば毎日続けて行うことがとても重要なのです。
    キツイ運動を週に2回から3回行うよりも、軽い運動を毎日行った方がダイエット効果は得られます。
    そのため、ダイエット目的で運動をするならば継続することを心がけましょう。
    継続するためには、続けやすい運動を選ぶことが重要です。
    ツライ運動だと、たとえカロリー消費量が多くても途中でやる気が無くなってしまい継続することができません。
    多くの人に選ばれている運動と言えば、ウォーキングが挙げられるのではないでしょうか。
    通勤や通学、お買い物の際は車や電車、自転車ではなく歩いてみませんか?
    これなら毎日の日課として続けることができそうですね。

  • 姿勢を正す
    筋肉をつける、普段あまり使っていない筋肉を呼び起こすには、姿勢を正すことがとっても効果的です。
    出典 :基礎代謝量アップ特集〜No.1 - ダイエットピンキー
     

    筋肉を付ける=運動と考えがちですが、姿勢を良くするだけでも代謝はアップします。
    しかし、これは実際にやってみると決して簡単なことではありません。
    そのため、徐々に姿勢を治す努力を行いましょう。
    良い姿勢が身に付けばそれだけで代謝がアップし、ダイエット効果が得られるなんてとってもお得ですよね。

  •  

    代謝アップでダイエットをするためには食生活の見直しをしましょう。
    食生活の中でも、特に重要なのが朝ごはんです。
    あなたは毎日しっかりと朝ごはんを食べていますか?
    朝ごはんを食べていない人は代謝が低く、太りやすいと言われています。
    そのため、ダイエットをするならば必ず朝ごはんは食べなければなりません。
    このように朝ごはんは基礎代謝に大きく影響しますが、だからと言って昼ごはんや夜ご飯なら抜いても良い訳ではありません。
    毎日3食バランスの良い食事を心がけることで、自然と代謝が上がっていくでしょう。

  • •新鮮な野菜や海藻を積極的摂る
    •アルコールはなるべく避ける
    •ジュースやお菓子などを摂りすぎないようにする
    出典 :ダイエットの基礎知識(3)基礎代謝を上げるには? | スキンケア大学
     

    これらの注意点はダイエットを行うにおいて当たり前とも言えます。
    毎食前にサラダを食べることで脂肪の吸収が抑えられ、同じ食事でも太りにくくなります。
    アルコールには食欲を促進する効果があります。
    そのため、ついつい食べ過ぎてしまう原因となってしまうのです。
    このようなことから、なるべくアルコールは控えることが望ましいでしょう。
    また、お菓子にはたくさんの糖分が含まれていますが栄養素は含まれていません。
    お菓子を食べるのであれば栄養がたっぷりのフルーツを、ジュースを飲むのであれば牛乳を選びましょう。