目の病気、アレルギー性結膜炎とは?

花粉症のようなアレルギー性の疾患である、アレルギー性結膜炎について解説していきます。

view273

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • アレルギー性結膜炎とは?

  • 花粉症の医学用語の一つとして、アレルギー性結膜炎という言葉があります。

  • 結膜は、上下のまぶたの裏側と、白目の表面をおおっている半透明の膜です。ここに炎症が起こって充血やかゆみ、涙や目やにが出てくるといった症状を起こすのが「結膜炎」です。
    出典 :アレルギー性結膜炎(花粉症など) | 一般の方へ | 日本アルコン株式会社
  • アレルギー性結膜炎が起こる原因は?

  • アレルギー性結膜炎には、アレルギーによって起こるのが原因です。以下にそのアレルギーが原因となる3種類の代表的な種類について解説します。

  • 花粉症

     

    花粉症というと、くしゃみや鼻水などが代表的な症状と考えられていますが、目のかゆみ・充血・異物感・目やになどの症状を起こす結膜炎も多くみられます。毎年、決まった季節に症状が出ます。

  • 通年性アレルギー性結膜炎

     

    人やペットなどのフケ、カビ、ダニ、ハウスダスト(室内のチリ)に対するアレルギーで起こります。症状は花粉症と同じですが、室内のチリなどが原因なので季節に関係なく、1年を通して慢性的に症状が出ます。

  • 春季カタル

     

    10歳くらいまでの男の子に多くみられる慢性のアレルギー性結膜炎で、重症化することが多く、強い目のかゆみをともないます。原因はハウスダストなどとされています。異物が目に入ったような感じが強く、光をまぶしく感じます。アトピー性皮膚炎を合併していると、20歳代でも起こることもあります。

  • アレルギー性結膜炎の治療法は?

  • 抗アレルギー作用をもつ目薬を用いた治療が主に行われます。花粉症の場合、あらかじめ季節が判明しているときは、かゆみなどの自覚症状が出現する前に目薬をつけ始めることで、症状の出現を予防したり、軽くしたりすることができます。
    出典 :アレルギー性結膜炎|慶應義塾大学病院 KOMPAS
  • アレルギー性結膜炎の予防法は?

  • 花粉症の場合は、症状の出現しやすい季節にできるだけ花粉と接しないように工夫することが重要です。ゴーグル型の眼鏡や花粉防止用のマスクの着用が効果的です。
    出典 :アレルギー性結膜炎|慶應義塾大学病院 KOMPAS
  • ハウスダストの場合は、部屋の清潔を心掛けたり、寝具を干したりするのも効果的です。また動物を屋内で飼うことは避けたほうがよいでしょう。
    出典 :アレルギー性結膜炎|慶應義塾大学病院 KOMPAS
  • まとめ

  • アレルギー性結膜炎について、簡単に解説してきました。
    毎年季節になると、症状があらわれる人はなるべく花粉に接しないように工夫し、
    もしも、ひどくなるようであれば眼科に掛かるなど、対処をいたしましょう。