肝嚢胞の治療法と病気の原因についてまとめ

肝嚢胞の治療法や病気になる原因などについて詳しくまとめてみました。

view229

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 肝嚢胞の治療について

     

    肝嚢胞の治療法について詳しくまとめてみました。
    またこの病気の治療法についてもまとめてみました。

  • 治療が必要になる場合はどういう時なのでしょうか?

  • 治療が必要な場合

  • 先天性の良性疾患のことをいいます(表、図)。大きさ数cm以下のものが多く、無症状で治療の必要はありません。しかし、10cm以上の大きなもので周囲の臓器に対する圧迫症状がある場合、破裂した場合、出血した場合などには治療が必要となります。
    出典 :一般のみなさまへ | 日本消化器病学会
  • 病気の原因は?

  • 先天性の異常によるものがほとんどで、外傷や寄生虫、腫瘍、炎症など後天性によるものもあります。
    また、嚢胞は、肝臓以外にも膵臓、腎臓、脾臓などにもできる場合もあります。
    出典 :肝嚢胞の原因と治療/症状で病気を早期発見!
  • 症状はほとんど起こらない

  • 症状もなく肝機能も正常であることが多く、出血や破裂の危険性も少ないことから、通常は経過観察するだけで特別な処置はおこなわれません。
    出典 :健康診断で肝嚢胞といわれたら/医学小知識
  • 健康診断で病気が見つかることが多い

  • 自分で自覚できる症状が、これと言ってないので会社の健康診断などで、偶然に発見されるパターンが多いようですネ
    出典 :肝臓のう胞!の原因と症状
  • 手術をして治療をすることもある

     

    病気がなかなか治らない場合などには手術をして治療をすることもあります。

  • 通常の場合、嚢胞を超音波で観察しながら、経皮的に細い針を穿刺(せんし)し、内容液を排液します。その後、嚢胞壁の細胞をアルコールやミノサイクリン(ミノマイシン)で死滅させることで治療できます。経皮治療の対象とならない場合は、開腹または内視鏡的に手術を行います。
    出典 :肝嚢胞 治療方法 - goo ヘルスケア
  • 重い病気の場合には手術をして治療を行うこともあります。

  • この病気は50歳以上の女性に多く見られる病気のようですね。

  • 背中の痛みがすごく起こる場合もある病気

  • 中の菌を殺すための処置をと言うことで、アルコールか抗生薬をしなければならないとの事でしので、アルコールを飲めない体質ですので、抗生薬を注入しました。
    出典 :肝臓内の多発性のう胞の治療方法はないのですか? - Yahoo!知恵袋