何を使う?「脊髄炎の治療」方法について知ろう!

脊髄炎の治療方法について集めてみました。もちろんリハビリも必要ですよ。

view133

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 脊髄炎とは

  • 脊髄は頸髄(けいずい)、胸髄(きょうずい)、腰髄(ようずい)、仙髄(せんずい)からなりますが、このどこかに炎症が生じた時に脊髄炎といいます。急性に症状が現れた時には脊髄炎、慢性に経過する時には脊髄症と呼ぶことが多いようです。脊髄には狭い場所に神経が集中しているため、小さな障害でも重い後遺症を残すことが懸念されます。
    出典 :脊髄炎とその類似疾患の症状や原因など - goo ヘルスケア
  • できるだけ早く治療を開始する必要があるので、ただちに神経内科、整形外科などの専門医の診察を受けてください。
    出典 :脊髄炎とその類似疾患の症状や原因など - goo ヘルスケア
     

    気付いたらすぐに治療を開始しなければいけません。

  • 経過として

  • 横断性脊髄炎の症状が代表的で、これはおかされるレベル(高さ)から下の下半身の運動まひ、感覚まひを招きます。下肢が両側とも、まひを起こすことが多く、これを「対まひ」ともいいます。
    出典 :脊髄炎 / 病気と症状 病気を知る
     

    場合によっては上肢も下肢も麻痺する事があるので注意しましょう。

  • 感覚は下半身が鈍くなっていて、触感、痛感、冷暖の感覚も失われていることが多く、このために傷を受けやすく、そこから細菌感染や床ずれが起こりやすくなります。また、排尿や排便も困難となり、尿閉、尿失禁をきたします。尿がたまると細菌が入って膀胱炎や、敗血症を起こすことがあります。
    出典 :脊髄炎 / 病気と症状 病気を知る
  • この脊髄炎は

     

    自然に軽快するものもありますが、場合によっては麻痺が下肢から上肢に移り、最終的に呼吸が侵されて死亡してしまう例も報告されています。命に係わるのでしっかりと治していきたいですよね。

  • ステロイド薬を使う

  • 急性脊髄炎はウイルスの直接感染による場合と、ウイルス感染に伴う遅発性アレルギー反応によるものが大部分を占めています。したがってアシクロビル(ゾビラックス)などの抗ウイルス薬や、アレルギー反応を抑えるために副腎皮質ステロイド薬を投与したりします。
    出典 :脊髄炎とその類似疾患の症状や原因など - goo ヘルスケア
     

    脊髄炎の治療にはステロイド薬を使用する場合も多くあります。

  • 急性期(症状の強い時期)には安静を守り、副腎皮質(ふくじんひしつ)ホルモンを使用しますが、十分な効果がみられないこともあります。  寝たきりとなって、とこずれや膀胱炎(ぼうこうえん)などの合併症がおこりやすいので、これを予防するためにエアーマットを使用し体位の変換を頻回に行ないます。
    出典 :脊髄炎 とは - コトバンク
     

    もちろんこの下記してある予防も大切な治療のひとつですね。

  • ウイルスと断定している場合のみ

  • ウイルスが原因と判明したらそれにあった抗ウイルス薬が用いられます。頸髄障害により呼吸不全をおこしている場合は呼吸管理、排尿障害をおこしているときは膀胱カテーテルで排尿します。
    出典 :脊髄炎の症状、原因、検査、診断、治療/病気一覧  -これであなたも医の達人-
  • 脊髄炎は

     

    関節等が固まる事があるので、しっかりとしたリハビリも必要になってきます。また慢性疲労症候群と呼ばれる脊髄炎もリハビリが必要です。そしてこの脊髄炎についてはもっと理解者が増えてほしいとの声も多くあるのですよ。

  • その他にも治療に管理する事が

  • 排尿障害に対しては、膀胱カテーテルの留置が必要になる時も多く、慢性期になっても自己導尿を行う場合もあります。薬物療法は1カ月程度で終了し、早期から積極的にリハビリテーションを行います。 HTLV‐1関連脊髄症は自己免疫学的機序(仕組み)の関与が推定されており、ステロイド療法やインターフェロン療法を行います。
    出典 :脊髄炎とその類似疾患の症状や原因など - goo ヘルスケア
  • それと同時にリハビリをすることがとても重要で、少しでも動くことができるなら、立ったり、歩いたりという訓練をおこたらないようにしなくてはいけません。
    出典 :脊髄炎の症状と治療