骨粗鬆症は年配だけのものではないよ

よく聞く骨粗鬆症。
年配だけのものと思っていませんか?
若い方もなる可能性もあるので食生活など意識してみようと思い書きました。

view420

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 骨粗鬆症って?何?

  • 骨粗鬆症とは、骨からカルシウムが溶け出し、骨がもろくなって、簡単に骨折してしまうようになってしまっている症状を言います。

    ひとくちに骨粗鬆症といっても、閉経後骨粗鬆症となる「閉経後骨粗鬆症」と、年齢を重ねるためにおこる「老人性骨粗鬆症」があります。

    閉経後骨粗鬆症は、閉経後5~10年くらいで症状が現れ、もともと骨が丈夫だから大丈夫!といっている人でも症状が出たりします。

    老人性骨粗鬆症は、痩せ型の人、50歳以上の女性に多く見られる骨粗鬆症です。
    出典 :骨粗鬆症とは|骨粗鬆症と食事
     

    二種類あったんだね・・・!

  • 若い方もなるの?

  • すこし若年性について書いてみよう!

  • 骨粗しょう症はまた小児期に発生することができます。 発症の平均年齢は8〜14年ですが、それは急成長中の小児に発生する可能性があります。 ほとんどの場合、小児期の骨粗しょう症は、基本的な医療疾患(病気はその後、続発性骨粗鬆症と呼ばれる)や遺伝性疾患(例えば、骨形成不全症など)によって引き起こされます。
    しかし、時には、全く原因が見つからないと病気は特発性若年性骨粗しょう症(イジョ族)と呼ばれ、骨粗しょう症は極めて稀な形状のように分類されています。
    出典 :若年性骨粗しょう症
     

    小児期からなるんだ・・・!!

  • 若年性骨粗しょう症の原因は?

  • 小児では、以下の原因が骨粗しょう症のさまざまな形態に起因することがあります:
    続発性骨粗鬆症障害(基礎医学の病気によって引き起こされる)
    若年性関節炎
    糖尿病
    骨形成不全症
    ホモシスチン尿症
    甲状腺機能亢進症
    副甲状腺機能亢進症
    クッシング症候群
    吸収不良症候群
    神経性食欲不振症
    腎臓病
    以下を含む薬:
    抗けいれん薬(発作)
    コルチコステロイド
    免疫抑制薬
    出典 :若年性骨粗しょう症
     

    病気から骨粗鬆症になるんだね。

  • もちろん!!

  • ライフスタイル

     

    ●過度の非アクティブ/不動
    ●食事性カルシウムとビタミンD欠乏
    ●無月経に無関心
    なども原因でもあるよ。

  • 若年性骨粗しょう症はどのように診断されるか。

  • 家族歴
    X線骨格 - 膜の上に、内部組織、骨、臓器の画像を生成するために目に見えない電磁エネルギービームを使用する診断テスト。
    骨密度検査 - 骨ミネラル含有量や骨量の減少などの骨格変化を判断するための診断手順。
    血液検査(血清カルシウムとカリウム濃度を測定する)
    出典 :若年性骨粗しょう症
     

    色々な検査を経ていくのだね。

  • 若年性骨粗しょう症の治療:

  • 若年性骨粗しょう症のための具体的な治療がに基づいてあなたの子供の医師により決定されます:
    あなたの子供の年齢、全体的な健康状態、および病歴
    疾患の程度
    特定の薬、手続き、または治療のためのあなたの子供の許容範囲
    病気の経過の期待
    あなたの意見や好み
    この病気の影響は最高の早期診断と治療を使用して管理できます。 続発性骨粗鬆症では、治療は、病気の根本的な原因を治療含んでもよい。 骨粗しょう症を治療するために使用される方法のいくつかは、これまで開発してからそれを防ぐために使用されるメソッドです。 治療には以下が含まれます。
    適切な体重を維持するためにあなたの子供を助ける。
    ウォーキングや他の体重を支える演習を増やしてください。
    あなたの子供の食事中のカフェインの量を最小限にします。
    あなたの子供は、食事とサプリメント(それはカルシウムの吸収を促進するためにビタミンDも必要です)を介してカルシウムの十分な摂取を維持するのを助ける。
    出典 :若年性骨粗しょう症
     

    なるほど・・・!!

  • 特発性若年性骨粗しょう症の場合、治療は必要ないかもしれません。取りあえず医師の方と要相談してからだね。

  • 病気が原因であるけど食生活で予防できるので食生活を意識してみよう!

  • ライフスタイル

     

    骨粗鬆症を予防する、症状を改善するためには、
    「食事」、「運動」、「日光浴」が必要です。
    サプリメントもありますが
    骨を作る材料は、食事から摂取することが一番良い方法です。

  • 食事はカルシウムを!!

     

    カルシウムがたくさん含まれている食材は、牛乳や乳製品、
    大豆や大豆製品、海藻類、緑黄色野菜などです。
    この中でも、乳製品のカルシウムは、とても吸収が良いので、
    積極的に摂取していきましょう。
    朝、牛乳をコップ一杯、おやつにヨーグルトと
    言う感じで乳製品を摂ると、一日の摂取目安を摂取できます。
    脂肪が気になる人は、低脂肪牛乳やスキムミルクを。
    牛乳が苦手な人はヨーグルトやチーズを食べる(豆乳も可)
    ほうれん草や小松菜、豆腐などを積極的に食べるようにするとさらにたくさんのカルシウムが摂取できます。
    ゴマもいい食品です。

  • カルシウムは妊婦期にも指導がありました(^v^)
    美容健康に必要ですね。

  • 散歩などして日光浴をしましょう。

     

    摂取したカルシウムの吸収を促進させるためには、運動や日光浴が必要です。
    太陽の光の下で運動をすると、骨を強化するために必要なビタミンDの体内合成が高まりますし、カルシウムの骨への沈着が促されます。