桁違いの抗酸化力!ノーベル化学賞受賞のミラクル成分「フラーレン」とは?

お肌の悩み・・・尽きませんよね。
女子は生きている間、お肌のトラブルと戦っていかないといけないのです!
実はそんな肌にダメージを与える「活性酸素」をものすごい力で“吸い取る”物質があるんです!
早速、まとめてみました♪

view458

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 「フラーレン」とは?

  • フラーレンは、ダイヤモンドと同じ炭素同素体で、炭素原子60個が球状に配置されたサッカーボール状の球状物質です。1996年には、クロトー博士等がフラーレン発見に基づく功績によってノーベル化学賞を受賞し、世界的にも注目されています。美容成分としての有用性が極めて高いことが見出され、特にその優れた抗酸化性からラジカルスポンジと呼ばれています。肌の活性酸素をスポンジのように吸い上げて除去します。数あるアンチエイジング成分の中で低刺激な点も注目を集めています。


    出典 :美白で注目の成分フラーレンの効果と選び方 | 美肌マニアの美容情報
     

    スポンジのように吸い上げて除去・・・なんだかスゴイ!

  • 化粧品に含まれる「フラーレン」って?

     



    そんなスゴイ力を持った物質が化粧品に含まれてるって・・・
    本当なの?

  • 「ラジカルスポンジ」と「リポフラーレン」

  • ■ラジカルスポンジのマークが目印

     


    フラーレンは活性酸素をスポンジのように吸い取って消去する、という意味から「ラジカルスポンジ」とも呼ばれ、マーク化もされています。数あるフラーレン配合の化粧品選びもこのマークを目印に探してみると安心と言えます。


    引用)http://lbr-japan.com/2013/06/12/13377/

  • 商品によって、含まれる濃度が違うようです。しっかり配合された化粧品にはこのマークが付けられるんですね!

  • ラジカルスポンジは、“フリーラジカル・活性酸素消去作用 ”、“抗酸化活性 ”、“細胞死防御作用 ”、“スリーレイヤー理論 ”に基づく“メラニン産生抑制作用 ”、“セルライト抑制作用 ”などの機能を有することが学術研究から明らかになっています。

    出典 :L.F.マークとは何ですか?|美容アドバイザーとしての活動と・・・
     

    これを使えば「カンペキ」な感じですね~。

  •  


    リポフラーレンは、フラーレンを植物性スクワランに溶解させた成分です。
    フラーレンは、スクワランのような炭化水素系のオイルには大変溶解しにくいという性質を有しますが、独自のノウハウ、手法により安定的に溶解させることを可能にしました。


    引用)http://bihada-mania.jp/blog/4226

  • リポフラーレンでは、ラジカルスポンジの機能に加え、シワやニキビ、肌水分量にも作用するという臨床試験結果が報告されています。
    出典 :L.F.マークとは何ですか?|美容アドバイザーとしての活動と・・・
     

    「リポフラーレン」は更に効果がアップされてる?

  • 「フラーレン」の効果の数々!

  • ■フラーレンの威力と仕組み
    フラーレンは、ダイヤモンドと同じ炭素の成分で、この炭素電子が活性酸素にふれると化学反応で消去してしまうという仕組み。化粧品にフラーレンが配合されていると、皮膚表面から肌に浸透して活性酸素が原因と言われる、メラニン生成を制御したり、紫外線防御、炎症の緩和、ニキビ予防、アトピー抑制、シワ予防、セルライト予防、毛穴の引き締めなどに効果が期待できます。
    出典 :ビタミンCの125倍もの抗酸化力!ノーベル化学賞を受賞したミラクル成分フラーレン | Life & Beauty Report(LBR)Life & Beauty Report(LBR)
     

    化学反応で消去させる・・・隠したり、治したりとは違う、「根本的」な感じがしてスゴイ!

  • ■凄まじいフラーレンの抗酸化力!
    活性酸素の消去を得意とする成分でその抗酸化力はビタミンCの125倍とも言われています。これからの美肌、美白、アンチエイジング成分として注目を集めています。
    出典 :ビタミンCの125倍もの抗酸化力!ノーベル化学賞を受賞したミラクル成分フラーレン | Life & Beauty Report(LBR)Life & Beauty Report(LBR)
     

    125倍って・・・想像もできないほどのパワーです!

  • ■細胞死の防止効果
    皮膚が紫外線を浴び続けると活性酸素が発生し、肌の潤いやハリを奪い老化させ、ついには細胞が死んでしまいます。ちなみに、実験結果では、フラーレンの100倍以上の濃度のビタミンCでも細胞死亡は抑制できなかったようです。
    ※フラーレンはビタミンCの125倍のパワーがあります。


    出典 :フラーレンの効果効能と安全性を徹底調査
     

    細胞の生死にまで・・・何なのでしょうか・・・この力は・・・ビタミンCがちょっと可哀想な感じです。

  • これからは、化粧品を買うときに、「フラーレン」が含まれているかどうかをチェックしましょう!
    その時は、上の「マーク付き」かどうかも重要。
    気になった人は、早速試してみましょう♪