妊娠の超初期症状を見逃さないため体調変化

妊娠の超初期症状はあまり気がつかないものです。
避妊をしっかりしていたのに、妊娠!? ということが起きるやも知れません。
めでたく感じる人も最悪だと感じる人いますが、パートナーとこれからの家族計画を話し合うのもいいでしょう。
最悪だと感じる人は一刻も早く堕ろす準備をしなければいけません。

view204

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊娠の初期にみられる体調の変化

  • 妊娠の初期症状はどのようなものがあるのでしょうか?

     

    妊娠の初期症状といえば、真っ先に思い浮かぶのが生理がこないということですね。
    生理がこない、もしかして? というような流れで妊娠発覚というのがなんといいますか、世間一般が考える妊娠の初期症状ですが、他にはどのような症状があるにでしょうか?

  • 妊娠している場合、2,3週目を迎えると、基礎体温が下がらなくなりますなど、下記のような「妊娠超初期症状」がみられることがあります。

    吐き気・匂いに敏感になる
    頭痛・腹痛・腰痛
    チクチクとする下腹部の痛み
    おりものの変化
    出典 :生理前の吐き気を感じるのって、妊娠超初期症状!? | ママリ mamari
     

    妊娠の超初期症状としては吐き気や、匂いに敏感になることが多いようですね。
    今まで大丈夫だったタバコの臭いをかいだら、気分が急に悪くなったという方もいるようです。
    また、基礎体温が下がらなくなるなでも有名な妊娠の超初期症状ですね。
    生理がこないというのは不摂生が原因の場合がありますし、ストレスによっても生理がこなくなることもありますから、生理がこない妊娠かしら!? と思うのは早計かもしれません。
    想像妊娠の場合でも、生理がこなくなることがありますので、生理がこない=妊娠というのは古い考えかもしれません。

  • まだ生理日前なのに出血があって驚いた!という例もちらほら見られました。その時すぐにした妊娠検査では”陰性”だったけど、後から”陽性”になり振り返れば「あれが着床出血だったんだな」という声もありました。
    出典 :9つの妊娠超初期症状を、体験談つきで紹介!(4ページ目) | ママリ mamari
     

    生理前に出血があり驚いたという声です。
    出血があったからといって、すぐに妊娠検査をしても陰性の結果しか出ないようなので、時間を置いてから再び妊娠検査をしてみるのがいいでしょう。

  • いつもなら日常の家事程度はこなせるのに、ずっと寝ていたい、少しでも横になりたいなど、いつも以上に身体のだるさや眠気を感じたら、妊娠の可能性があります。
    出典 :「もしかして妊娠!?」妊娠超初期に現れる6つの症状 - こそだてハック
     

    普段では考えられない程の眠気があるばあいも、妊娠をしている可能性があります。
    何故眠くなるのかはわかりませんが、とにかく少しでも横になっていたいと考えるようですね。
    また、腰痛になったと思うようなこともあるみたいですね。
    普段から重たいものを持って作業している方は、なかなか問題のある症状ですね。
    風邪をひいたときの症状に似ていますから、風邪かなと思ったら妊娠、妊娠かなと思ったら風邪だったということもあるかもしれませんね。
    どちらにせよ、体調が悪いときには無理は禁物ということです。

  • 妊娠中は体調の変化や出産への不安など、黄体ホルモンの影響を大きく受けることが重なり、情緒が不安定になりがちです。
    出典 :「もしかして妊娠!?」妊娠超初期に現れる6つの症状 - こそだてハック
     

    妊娠をした場合、情緒不安定になることもあるようですね。
    歳のせいで涙もろくなるというのはよく聞きます。
    妊娠を自覚していないときに急に涙もろくなったり、感情がうまく制御できなくなったりする場合は、パートナーとしても突然の変化にびっくりしてしまいますから、信頼のできる人にきちんと相談をするということも必要ですね。

  • このように、妊娠をしますと初期症状で今までなら全く問題のなかった匂いが駄目になったり、眠くなったりするということが起きるようですね。
    突然の出血はびっくりすると思いますが、妊娠の初期症状だとしっていれば、あまり慌てる必要もなくなります。
    情緒不安定になるというのは、妊娠の初期症状としては妊娠していることと全く関係がありませんから、中々、妊娠しているのではという発想には結びつかないかもしれませんね。
    生理がこないというのは、一般的に妊娠発覚のテンプレートのようなものですが、不摂生がたたり生理がこないということも現在は多々ありますから、生理がこないから妊娠だ! と考えるのは早計ですね。
    もっと多角的な視点で、妊娠の初期症状を分析していくのが合理的です。

  • 妊娠をしたら気をつけること

  • タバコを吸うとニコチンが血管が収縮させ、血液の流れが悪くなります。すると、子宮の収縮が起こりやすくなり、胎盤の機能が低下して、流産や早産などのトラブルが起きやすくなります。
    出典 :妊娠したら注意したいこと - gooベビー
     

    タバコはNGのようですね。
    ヘビースモーカーの方には、これは大きな試練ですが、赤ちゃんが流産してしまったら、悔やんでも悔やみきれない一生もののトラウマになりますから、控えるのが良いと思います。
    もちろん、パートナーの方にも禁煙をさせましょう。
    副流煙はとても有害ですし、自分だけ吸えないのに横で吸われていたら腹が立ちますからね。

  • 好きな人は好きなタバコですが、赤ちゃんには有害です

     

    好きな人は本当に好きなタバコですが、たばこ税も高くなっていますし、赤ちゃんが授かったらそれを契機に禁煙をしてみるのもいいかもしれません。
    赤ちゃんが誤ってタバコを口に入れてしまったら大変ですし、これから赤ちゃんのためにとてもお金がかかりますから、少しでもタバコをやめて、節約してみるというのも良いかもしれません。
    ちりも積もれば山となると言いますから、タバコをやめて貯金をすると山のようなお金を節約することができますよ!

  • 飲酒による影響は特に妊娠初期に起こりやすく、ビールなら大びん2本、日本酒なら2合のお酒を毎日飲みつづけていると、脳の発育が遅れたり、体や知能に障害がある胎児性アルコール症候群の子が生まれる可能性があります。
    出典 :妊娠したら注意したいこと - gooベビー
     

    お酒を嗜む方には厳しいことですが、授乳が終わるまでは禁酒をしましょう。
    すべては赤ちゃんのためです。

  • 最後に

  • 中絶を考える時、一番気になるのは、いつまで可能なのだろうか? という時期だと思います。
    手術は、妊娠5週目から21週目まで受けることができます。
    出典 :中絶可能な時期と週数のかぞえ方
     

    中絶手術は早ければ早い程、母体に及ぼす影響は少ないと言われています。
    もしも不幸にも新しい命を授かってしまた場合、早く手を打たなければ、永遠に子供を産めない身体になるなる可能性もあります。
    そのようなことはあまり起きてほしくないことですが、不幸というのは往々にして起きてほしくない方に起きるものです。
    妊娠の初期症状を見逃さず、手早く処置しましょう。