食中毒を避けるためには何をするべきか?

食中毒は年がら年中多発します。今回は食中毒を避けるにはどうすれば良いのかまとめてみました。

view354

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 車でお買いものに行っても、食品をトランクには入れないで下さい。

    車のトランクの中は温度がとっても高くなります。座席に置く余裕がなければ、足元に置きましょう。
    トランクに入れなければならない場合には、必ずクーラーボックスを使いましょう。
    出典 :農林水産省/これで解決!食中毒予防のポイント
     

    中途半端な温度が一番よくないのですね。

  •  

    トランクは温度が上がりやすいので、夏場は注意が必要です。

  • 洗う!

    手にはさまざまな雑菌が付着しています。食中毒の原因菌が食べ物に付かないように、次のようなときは、必ず手を洗いましょう。

    ・ 調理を始める前
    ・ 生の肉や魚、卵などを取り扱う前後
    ・ 調理の途中で、トイレに行ったり、鼻をかんだりした後
    ・ おむつを交換したり、動物に触れたりした後
    ・食卓につく前
    ・ 残った食品を扱う前

    また、生の肉や魚などを調理したまな板などの器具から、野菜などへ菌が付着しないように、使用の都度、きれいに洗いましょう。 焼肉などの場合には、生の肉をつかむ箸と焼けた肉をつかむ箸は別のものにしましょう。 食品の保管の際にも、他の食品に付いた細菌が食べ物に付着しないよう、食べ物は密封容器に入れたり、ラップをかけたりすることが大事です。
    出典 :食中毒を防ぐ3つの原則・6つのポイント|食中毒予防の3原則:政府広報オンライン
     

    菌が付かないように洗うのは基本ですね。

  •  

    手洗いは基本です。だからこそ疎かにしないようにしましょう。

  • 迅速

    食べ物は時間の経過とともに劣化してきます。食べ物を取り扱う人はテキパキと仕事をすることが大切です。食べ物についた菌は時間とともに倍々と増えていきます。そして、食中毒を起こす菌量にまで増えるのは5~6時間あれば十分です。増殖の時間を与えないために「迅速」が必要なのです。
    出典 :食品衛生の3原則|食中毒を予防しよう|食中毒予防教室|sanitation|サラヤ株式会社 企業法人向け
     

    さっさと使うのが良いのですね。

  • 低温で保存する!

    細菌の多くは高温多湿な環境で増殖が活発になりますが、10℃以下では増殖がゆっくりとなり、マイナス15℃以下では増殖が停止します。食べ物に付着した菌を増やさないためには、低温で保存することが重要です。肉や魚などの生鮮食品やお総菜などは、購入後、できるだけ早く冷蔵庫に入れましょう。なお、冷蔵庫に入れても、細菌はゆっくりと増殖しますので、冷蔵庫を過信せず、早めに食べることが大事です。
    出典 :食中毒を防ぐ3つの原則・6つのポイント|食中毒予防の3原則:政府広報オンライン
     

    菌が増殖しないようにするのも大事ですね。

  •  

    チルドなどに入れると増殖のスピードは落ちますが、完全に止まる訳ではありません。できるだけすぐに使うようにしてください。

  • 二次汚染を防ぐため、包丁やまな板などの調理器具は、食材ごとに使い分けましょう。
    ・種類は?
    1.生肉
    2.生魚
    3.野菜や果物
    4.調理の終わった食品   など
    ・どのように?
    食材ごとに専用の器具を用意するか、生肉や生魚に使用した後には、
    熱湯をかける等で消毒してから次の食材に使用する
    ・二次汚染とは?
    元々汚染されていない食材に食中毒菌等をつけて汚染すること
    出典 :家庭の食中毒予防 | 宇都宮市
     

    調理器具にも注意が必要なのですね。

  • 加熱処理!

    ほとんどの細菌やウイルスは加熱によって死滅しますので、肉や魚はもちろん、野菜なども加熱して食べれば安全です。特に肉料理は中心までよく加熱することが大事です。目安は中心部の温度が75℃で1分以上加熱することです。

    ふきんやまな板、包丁などの調理器具にも、細菌やウイルスが付着します。特に肉や魚、卵などを使った後の調理器具は、洗剤でよく洗ってから、熱湯をかけて殺菌しましょう。
    出典 :食中毒を防ぐ3つの原則・6つのポイント|食中毒予防の3原則:政府広報オンライン
     

    よく火を通すのも基本です。

  •  

    火を通せる料理はできるだけ火を通しましょう。

  • 残ったものを保存する場合は、すぐ冷めるように小さめの容器に小分けして、早めに冷蔵庫などに保存しましょう。時間がたちすぎたら思い切って捨てましょう。
    出典 :家庭の食中毒予防 | 宇都宮市
     

    勿体ないとか考えてはいけないのですね。

  • ノロウイルス等ウイルス性食中毒の原因として考えられるウイルスは、いずれも腸管系ウイルスであり、糞口感染により伝搬します。

    食品や水が糞便で汚染されることにより集団発生が起こります。細菌と異なりウイルスの場合、感染者の体内以外、特に食品中で増えることはないので、食品のウイルス(糞便)汚染をなくすことが予防となります。
    出典 :食中毒予防の3原則/千葉県
     

    ようは清潔に保つのが予防になるということですね。

  •  

    衛生管理さえしっかりしていれば、大丈夫です。

  • 大根おろしは、食中毒予防、発がん抑制、血液サラサラ効果で血栓予防、消化促進、抗酸化作用により美肌やアンチエイジングの面でも効果があるとされています。
     

    大根おろしも効果があるのですね。

  • ビフィズス菌には腸内の善玉菌と悪玉菌のバランスをとる、腸内の腐敗を抑える、腸の運動を活発にする、免疫力を高めるなどの働きがあり、下痢、便秘、食中毒、胃腸障害、感染症、抗生物質による副作用などを予防、改善します。
     

    食中毒にも効果があるのですね。