なんだか不眠症みたい・・・。不眠治療って一体どんな事をするの??

何だか不眠症みたい・・・。
気になる不眠治療って一体どんなものがあるの???
不眠治療についての情報をまとめてみました!!!

view118

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 不眠症には4つのタイプがあります!!!自分のタイプをまずは知りましょう!!!

  • 不眠症の4つのタイプ

     

    まずは自分の不眠症のタイプについて知りましょう!!!

  • 不眠症には次の4つの種類があります。

    入眠障害:夜遅くまでなかなか寝つけない
    中途覚醒:夜中に何度も目が覚めてしまって十分な睡眠がとれない
    早朝覚醒:眠たいのに早朝に目が覚めてしまう
    熟睡障害:長時間の睡眠時間にも関わらず寝た気がしない
    出典 :不眠症の治療法を学ぼう!あなたの不眠症を治療するための12の方法 | iGotit
  • 不眠症の治療法には一体どんな方法があるの???

  • 薬を使わない治療法!!!

     

    生活習慣の乱れなどが原因の人は薬を使わない治療法を行うのもおすすめです!!!

  • 眠れない原因が、寝酒や寝る前のたばこなど、間違った睡眠習慣や、眠る場所としてふさわしくない寝室の環境だとしたら? よい睡眠習慣を身につけ、眠りにふさわしい環境を整えることが、よりよい睡眠につながります。睡眠の正しい知識を学び、適切な睡眠習慣を身につけるよう、医師から睡眠衛生の指導を受けるお薬を使わない治療があります。
    出典 :不眠症の治療とは? | 体内時計.jp
  • 薬物による治療法

     

    薬物療法というと、睡眠薬による治療をイメージしますよね。
    以前は、『バルビツール酸』という睡眠薬が使用されていましたが、これは現在、麻酔などの際に主に利用されています。
    現在は主に『ベンゾジアゼピン系・非ベンゾジアゼピン系』が用いられています。

  • ベンゾジアゼピン系には、「大脳辺縁系」に働きかける作用があります。大脳辺縁系は興奮することで活発化し、睡眠の妨げになるとされています。その作用を抑制することが出来るため、結果的に睡眠がとれることになります。
    睡眠薬と聞くと、危険性があるように思えますが、ベンゾジアゼピン系などは睡眠導入剤であり、安全性のあるお薬です。
    睡眠薬の摂取にしついて「死の危険性」を感じたり、「中毒性・依存性」が気になる方も多いと思います。
    しかし、睡眠導入剤は睡眠自体に働くわけではありませんし、強い薬というわけでもありません。
    睡眠導入剤は医師の指導を受けて、正しく服用することで、問題は起こりませんので安心してください
    出典 :不眠症の薬物療法と他の治療法
     

    薬は正しく飲むようにしましょう!!!

  • 不眠症には睡眠薬による薬物療法を用いられますが、使用する薬にいくつかタイプがあります。

    超短時間作用型・・・2~4時間の作用(睡眠導入剤)
    短時間型・・・6~12時間の作用
    中間型・・・12~24時間の作用
    長時間型・・・24時間以上の作用

    不眠症の症状や種類によって、睡眠薬・睡眠導入剤が使い分けられます。
    出典 :不眠症の薬物療法と他の治療法
     

    睡眠薬にも様々なタイプがあるようです!!!

  • 光による治療

     

    高照度光療法といわれる治療法です!!
    医師と相談して行うことが出来ます!!!
    気になる人は相談してみましょう!!!

  • 高照度光(2500ルクス〜)を一定時間照射し、睡眠時間帯を望ましい時間帯に矯正する治療法です。高照度光は生体リズムの周期をずらす作用があるので、睡眠の時間帯がずれている不眠症患者さんの治療などに用いられます。専門の医療機関などで実施されています。
    出典 :不眠症の治療とは? | 体内時計.jp
  • 生活の工夫で行える不眠症治療もあります!!!

  • 就寝前に20分程度の半身浴を行う

     

    就寝前に20分程度の半身浴を行うことで、「体の深部体温を温め、リラックスした状態なること」ができます。

  • 温度は38~40度程度が適温
    時間は20分程度でのぼせないゆにする
    お気に入りの入浴剤を利用して、リラックスできる香りを堪能するとより効果的
    半身浴によって一時的に深部体温が上がり、その後下がっていく時に眠気が生じる

    特に、就寝1時間前に半身浴を行うと、寝たい時に眠気をえることができます。
    出典 :不眠症の治療法を学ぼう!あなたの不眠症を治療するための12の方法 | iGotit
  • 脳に刺激を与える要素を避ける

     

    不眠症を治療するためには、「脳に刺激を与える要素を避け、リラックス状態を保つこと」が大切になります!!!
    当てはまる人は注意しましょう!!!

  • 脳に刺激を与える要素には、次のものがあります。

    カフェイン:コーヒー、紅茶など。カフェインには脳を興奮させる作用があり、その効果が消滅するまでに7時間程度かかります。
    就寝直前までの勉強や仕事:勉強や仕事は脳を強く働かせるため、興奮させてしまいます。そのため、夜遅くまで仕事や勉強をすると、なかなか寝つくことができず、また浅い睡眠になってしまいます。
    強い光の刺激:スマートフォンやPC、TVの光は脳に強い刺激を与え、覚醒させてしまいます。特に就寝1時間前からは、電源を切るか遠い場所に置くように工夫をしましょう。
    寝酒:アルコールはあなたの脳を麻痺させます。寝つくことはできますが、浅く質の低い睡眠になるため、長い睡眠時間をとったとしても、疲労が回復されず、不眠症の状態になります。
    出典 :不眠症の治療法を学ぼう!あなたの不眠症を治療するための12の方法 | iGotit