脚が”むずむず”それって病気かも! 女性に多いむずむず脚症候群の真相

脚に不快感や違和感を感じている人は多いのでは?
特に女性に多いいむずむず脚症候群の真相を調べてみた。

view787

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • むずむず脚症候群とは何か?

  • 身体末端の不快感や痛みによって特徴づけられた慢性的な病態である。レストレスレッグス症候群(レストレスレッグスしょうこうぐん)、下肢静止不能症候群(かしせいしふのうしょうこうぐん)ともいう。現在は周期性四肢運動障害と表裏一体の関係にあるとされている。
    出典 :むずむず脚症候群 - Wikipedia
  • 症状と特徴

  • 自覚症状として、じっとした姿勢や横になったりしていると主に下肢の部分に(患者によっては、脚のみならず腰から背中やまた腕や手など全身にまで現れる)「むずむずする」・「じっとしていられない」・「痒い」だけでなく、「ピンでなぞられているような」・「針で刺すような」・「火照るような」・「蟻やミミズなどの虫が這っているような」などの異様な感覚が現われ時には「振動」のような感覚まで感じたりする場合もある。また「激しい痛み」を感じるなどさまざま。この苦しさは「脚の中に手を突っ込んでかき回したいぐらい苦しい」と表現する患者もいて、この症状の辛さを表している。
    出典 :むずむず脚症候群 - Wikipedia
  • 原因

  • 正確な原因はまだ解明されていない

    1.神経伝達物質であるドーパミンの機能低下
    2.中枢神経における鉄分の不足による代謝の異常
    3.脊髄や末梢神経の異常
    4.遺伝的な要素

    などが考えられている。脳内での鉄分の欠乏や、ドーパミンの合成異常がかかわっているという仮説が有力である。つまり、人間の神経で情報の受け渡しを行うドーパミンという神経伝達物質は鉄分が不足すると分泌量が減り、情報を正しく伝えることができなくなってしまいすべて脳への情報が誤って伝えられる為、身体の感覚に異常を感じるとされている。 周期性四肢運動障害とRLSは密接な関係があることが昔から議論されており、現在は同じ原因、同じ疾患カテゴリーに属すると考えられている。
    出典 :むずむず脚症候群 - Wikipedia
  • 患者はどのくらいいるのか?

  • 治療が必要だと考えられる患者さんは約200万人。

    欧米人に比べると日本人には比較的少ないと言われていますが、それでも人口の2~5%(※1)の潜在患者が存在すると言われています。その中でも日常生活に支障をきたし治療が必要だと考えられる患者さんは約200万人(※2)いると推定されます。むずむず脚症候群はまれに小児にもみられますが、主に40歳以上の中高年の方に多く、男性に比べて女性の患者さんの割合が多いと報告されています。さらに不眠症患者の10人に1人の割合でむずむず脚症候群の患者さんがいるとも言われています。
    出典 :患者はどのくらいいるの?|「むずむず脚症候群」って何?
  • 女性に多い傾向がある!!

     









    ※3 井上雄一ほか(編). レストレスレッグス症候群(RLS)だからどうしても脚を動かしたい. アルタ出版, 2008.より転載,一部改変

  • 何科へ行けばいいのか?

  • まずは、睡眠専門医、神経内科医に相談!!

     

    むずむず脚症候群は、筋肉や皮膚の病気ではありません。中枢神経に関係する病気ですから、睡眠専門医あるいは神経内科医に相談しましょう。







    http://www.muzmuz.jp/examine/examine01.html

  • 睡眠専門医とは

     

    睡眠障害を専門とする医師を指しますが、睡眠障害とひとことで言っても、不眠症、睡眠時無呼吸症候群、むずむず脚症候群、過眠症など様々な病気があります。むずむず脚症候群を疑った場合、「睡眠外来」を行っている病院や、「睡眠センター」、「睡眠クリニック」などの医療機関を受診してみましょう。





    http://www.muzmuz.jp/examine/examine01.html

  • 神経内科とは

     

    神経内科は脳や脊髄、神経、筋肉の病気をみる内科です。症状としては、しびれやめまい、うまく力が入らない、ふらつく、頭痛、物忘れなどを専門としています。精神科、精神神経科、神経科、心療内科などと間違われやすいですが、これらの科はうつ病や不安など心の病気を扱う科です。また、脳神経外科は外科ですので基本的に手術などが必要な病気を扱います。




    http://www.muzmuz.jp/examine/examine01.html

  • むずむず脚症候群の診察とは何をするのか?

  • 基本は問診になります。
    まずは問診で、現在の症状やこれまでにかかった病気などについて聞かれます。症状については次の項目に該当するかどうかが診断のポイントとなります。
    出典 :何科へ行けばいいの?|さあ、お医者さんへ行こう!
  • 4つの診断基準

  • 1.脚に不快感や違和感がありじっとしていられず脚を動かしたくなる。
    2.その不快感や脚を動かしたい欲求は座ったり横になったりするなど
     安静にしている時に起こる。
    3.その不快感や脚を動かしたい欲求は歩いたり脚を動かしたりすることで改善する。
    4.その不快感や脚を動かしたい欲求は、日中より夕方や夜間に強くなる。
    出典 :何科へ行けばいいの?|さあ、お医者さんへ行こう!
  • 治療

  • 日常のケア治療

     

    カフェイン・アルコール・過度の喫煙など嗜好品を避ける。
    日常生活で誘発因子になるカフェインやアルコール、過度の喫煙を避けることが第一。
    睡眠を浅くする可能性があるカフェインを含む飲料を控える事。飲酒は入眠を誘導するがアルコールが分解される過程で喉が渇き交感神経が刺激され、却って睡眠が浅くなるので、飲酒を控えることも効果があるとされている。



    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%80%E3%81%9A%E3%82%80%E3%81%9A%E8%84%9A%E7%97%87%E5%80%99%E7%BE%A4

  • 脚のマッサージ

     

    就寝前に脚をストレッチやマッサージを行い、筋肉のこわばりを取ると改善されることもある。

    股関節のストレッチを意識しながらラジオ体操を行うと改善されることもある。

    立っている時、足の小指の先が地面につくようにする。



    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%80%E3%81%9A%E3%82%80%E3%81%9A%E8%84%9A%E7%97%87%E5%80%99%E7%BE%A4

  • 日常のケアで改善されない場合どうすれば良いか?

  • 基本的にドーパミン機能の促進剤、あるいは抗てんかん薬の一種のクロナゼパムをごく少量使用(治療薬の節参照)。
    針灸・漢方薬による治療にて新陳代謝を促し、ドーパミン等の脳内ホルモンの分泌を正常化しRLSの症状が軽減され改善していくこともある。信頼のおける漢方医・鍼灸師に相談してみること。
    一部のサプリメントや一部のハーブも効果がある可能性があるが、まだ確証は得られていない。
    出典 :むずむず脚症候群 - Wikipedia